2000年8月24~31日 道東三昧っす!!

b0168647_14494158.jpg

総裁っ、こんなアップでいいのでしょうか!? 富良野にて「おやじ倶楽部」のミミミです。





b0168647_14502154.jpg

ナイタイ高原より十勝平野を見下ろした絵です。(もしかして、開陽台よりも・・・)

b0168647_14513517.jpg


1日目 (8月24日) 

自宅-新潟フェリーターミナル (船中泊)

ひたすら良く寝ますっ。 (-_-)


2日目 (8月25日) 

小樽-日高-帯広-釧路-弟子屈(とほ宿「ひとつぶの麦」泊)

ひたすら、東へ向かいます。
(最近のR274 樹海ロードは移動のコースと化してしまいました・・・)
帯広を経由しR38を釧路へ、昼に食べた 道の駅、白糠恋問の豚丼は帯広より旨かった!っす。

そして、とほ宿「ひとつぶの麦」 に到着
とてもいいロケーションです。

ここのお宿はヘルパーの平均年齢が自分より上で驚いてしまいました。
(後で考えると、この年だけだったみたいです)

宿から、入りに出掛けた弟子屈町内の銭湯は天然温泉でした!!
(ちょっと熱め・・・)

b0168647_1451432.jpg

最近、お気に入りのとほ宿「ひとつぶの麦」です、牧草地の真ん中に建ってます。
2年続けて、連泊しました。(釧路川カヌー下りなど、いろいろやってくれます)




3日目
 (8月26日) 

弟子屈-からまつの湯-野付半島-羅臼-ウトロ-清里-川湯温泉-弟子屈 (とほ宿「ひとつぶの麦連泊)


朝から、オプションのカヌーツアーの予定が
雨のため中止になり、早々に連泊を決めてドライブ!?に行って来ました。

からまつの湯は仕切る地元のオヤジ達がいなければ いいところでした・・・

そのまま、野付半島のトドワラに行き、知床半島を反時計回りに廻って来ました。
帰りに寄った川湯温泉の公衆浴場はひなびた、いい風情でした。

b0168647_14515029.jpg

トドワラに咲いていた、ハマナスです。

b0168647_14515781.jpg

麦のオフィシャルサイトに出ていた写真です。

b0168647_1452477.jpg

毎週、土曜は寿司食べ放題です!(たしか日曜はBBQ)自分は大食らいなんですが、本当に寿司で腹いっぱいになります!

b0168647_14521199.jpg

8月26日の宿泊者です、(毎日撮ってるみたいです・・・)


4日目 (8月27日)

麦-釧路川カナディアンカヌー(半日)- (和琴湖畔キャンプ場泊)

カヌーツアー、良かったですぅ。(下の写真によります)

b0168647_14521863.jpg

釧路川源流部です。

b0168647_14522590.jpg

これは後ろから。

b0168647_14523235.jpg

川下りを終えて、ホッとしているシーンです。(いちばん左がオーナーです)


宿に発った後、久々に和琴湖畔キャンプ場にテントをはり
ぼーっと時間が過ぎていくのを楽しんだのでした。
とほ宿「ひとつぶの麦」 また来たくなりました。 (事実、翌年も・・・)

b0168647_14524177.jpg

屈斜路湖畔の池の湯です。(01年は浸かりました・・・)

b0168647_1452517.jpg

和琴湖畔キャンプ場です。 (年々キャンプの装備がシンプルになって行きます>いい傾向だー) でも、七輪は欠かせません!!


5日目 (8月28日) 

弟子屈-オンネトー-足寄-ナイタイ高原-トムラウシ (トムラウシ温泉「東大雪荘」泊)

朝から、西に向かいます。
途中、オンネトーに寄り湖畔を一周してみました。(1時間くらい)

b0168647_145317.jpg

とても 蒼い 澄んだ水です。(魚は住めないらしい・・・)


阿寒湖はトイレ休憩程度に寄り!? 昼食は足寄でとりました。
その後、士幌を経てナイタイ高原へ、しかし天気があまり良くなく、ガスっていました。 (-_-;)
仕方ないので、トムラウシに向けて出発です。 (でも、ソフトクリームは旨かった)


b0168647_14553819.jpg

トムラウシ温泉「大雪山荘」です、かなり奥地にあります。 (最寄駅の新得から50kmくらい・・・)


前々から行ってみたかった、秘湯トムラウシ!!
やっと行くことが出来ました。
場所に似合わない立派な建物ですが、温泉の良さに感激です。

公共の宿には、あまり泊まったことはなかったのですが、 ここは素直にいいと思いました。
(カミさん的にも良かったらしい>自分はシャンプーも使えないような風呂ばっかり行きたがるので・・・)


6日目 (8月29日) 

トムラウシ温泉-ナイタイ高原-新得-狩勝峠- 富良野(森高総裁)-中富良野 (とほ宿「いもやらだいこん」泊)

b0168647_14554933.jpg

トムラウシのお山です。

朝から楽しみにしていた「ヌプン・トムラウシ」に浸かろうと(温泉です) 楽しみにしていたのですが、
林道の崩落のため断念せざるをえませんでした。

昨日のガスったナイタイ高原が悔しかったので、再度チャレンジしてみました。

b0168647_14555848.jpg

ナイタイ高原にぽつんと立っている木です、なぜか気になります。

b0168647_145679.jpg

2日目は「当たりっ」でした。

ナイタイ高原は、ある意味あの開陽台より景色がすばらしいかも・・・
しつこく、今日もソフトクリームを食べました。

目標を達成して、意気揚々と狩勝峠を越え富良野へ、
夕方、仕事中の森高総裁を引っ張り出して初対面となりました。
(ワインどうもありがとうございました・・・)


b0168647_14561659.jpg

狩勝峠です。

b0168647_14562644.jpg

前の年も寄った「幌舞駅」=幾寅駅です。


宿は昨年に続き中富良野のとほ宿「いもやらだいこん」となりました。
ここのオーナー、結構飲むんですよ・・・
(渓流釣りに行くと言うと、喜んでくれそうです・・・)



7日目 (8月30日) 富良野-鵡川-苫小牧-フェリーターミナル(船中泊)

どうしても、初日と最終日の行動は似てしまうんですよね、
ただ、R237を南下するのも面白くないので、 適当に林道に入り、適当に太平洋側に出てきました。

フェリーが苫小牧というのは、実にツマラナイ・・・
(なんとかしてほしい・・・)



8日目 (8月31日) フェリー-新潟港-自宅

15:30に新潟港に到着してからは、おとなしく帰るのみです・・・
by chage_diary | 2018-12-24 16:00 | Comments(0)
<< 1998年8月20~26日 た... 2001年8月23~29日 B... >>