志賀高原 2018 夏 その2

b0168647_2352354.jpg

志賀高原の丸池ではニッコウキスゲが満開でした。





2018.06.30(土)


梅雨明けをしたので、志賀高原まで来てみました。
横手山頂ヒュッテで昼食を頂きました。

来る時はリフトを登って来たのですが、帰りは歩いてみます。
片道500円のリフト代を浮かす!?と共に、食後の腹ごなしを兼ねています。

b0168647_23424275.jpg

山頂にあったアンテナ塔!?が解体されてなくなっていました。

b0168647_23424981.jpg

基本的には 渋峠~横手山頂ヒュッテの搬送路ですので、普通に自動車が走ることが出来る道です。(但し一般車両は通行不可)


b0168647_23425566.jpg

ひたすら歩きます。日頃平らなところしか歩いていないので地味に堪えます。


車道とはいってもほとんど通行量もなく、標高2300m近くですので
何種類かの花が路傍に咲いていました。

b0168647_2343092.jpg


b0168647_2343713.jpg


b0168647_23431252.jpg


b0168647_23431955.jpg

約30分弱を費やして渋峠に戻ってまいりました。


長野県側に下り始めます。

b0168647_23432618.jpg

ちょっと下ったのぞきから・・・

b0168647_23433165.jpg

このスカイレーターからも横手山に登ることが出来ます。

見所がたくさんある志賀高原ですが、すでに14:00をまわっていたので先を急ぎます。
当初、この志賀草津道路から奥志賀林道に流れて
野沢温泉に向かうつもりでいたのですが・・・

奥志賀林道 工事で通行止めらしいです(泣)

これで慌てる理由(明るい時間に通り抜けたかった・・・)がなくなってしまいました。
モチベーションを下げつつ、山を下って行きます。

丸池まで下るとニッコウキスゲが満開でした。

b0168647_23433929.jpg

良い時期に来ました。・・・というかこの情報は一応押さえてありました。

b0168647_23434589.jpg


ちょっと辺りを散策しようかと思ったのですが、
なんでも 「子熊が動いているのを見た」 と仰る方がいたので自粛しました。
(でもホントは実物を見てみたかった気も・・・)


b0168647_23435199.jpg

蓮池にも寄ってみました。池を改修!?したようです。水位は下がり、植物は選定して間引かれたような??


今日の空は雲のカタログみたいです。


b0168647_2343596.jpg


b0168647_2344745.jpg

澗満滝には寄ってみました。この辺(標高1000mちょっと)まで下ると暑くなって来ました。

b0168647_23441469.jpg

そして山を下りました。下界は暑いです。


志賀高原を下って来ました。
あとは帰るだけ・・・でも良いのですが、もう少しジタバタして寄り道します。

b0168647_23442194.jpg

こちらは木島平スキー場のど真ん中。夏の雲ですねぇ。

b0168647_23442635.jpg

同じ場所です。


最終的には野沢温泉に到着して宿泊 3湯ほど外湯(温泉)に浸かり、帰途に就きました。

b0168647_23443468.jpg

大湯といいます。

b0168647_23444222.jpg

こちらは河原湯

予想に反して、こちらもお客さんが少なかったので
お湯が熱かった(あまり加水していない)です。


越後湯沢経由で関越に乗りましたが、途中で豪雨に遭遇しました。
まだまだ梅雨明け本番ではないのかも知れません。


本日の走行距離 500km くらい
by chage_diary | 2018-07-03 23:40 | お出かけ | Comments(2)
Commented by PIAA at 2018-07-10 02:08 x
ここ何年も志賀高原にはスキーシーズンでしか行った事無く、たまにはグリーンシーズンに行ってみたいものです
奥志賀経由の秋山郷も久しぶりに行ってみたいですし
てっきり馬曲温泉に寄ったと思いました
Commented by chage_diary at 2018-07-10 22:01
馬曲温泉・・・久しぶりに食指が動いたのですが、時間も時間でしたので野沢温泉に小一時間滞在して終わってしまいました。自分ひとりでしたら、前夜か早朝に出掛けるのですが・・・

ホントはこのコース1泊2日程度で行ってみたいものです。代わりという訳でもないのですが、今週末はちょっと遠乗りして来ます。
<< 志賀高原 2018 夏 その1 横浜楽友協会 第40回記念定期演奏会 >>