2017 夏 北海道 その22 (8/28 (6日目の4))

b0168647_2325339.jpg

苫小牧周文フェリーターミナルにて。あとは帰るだけとなりました。






2018.08.28(月)


支笏湖を後にして苫小牧に入ってまいりました。

b0168647_2139954.jpg

R276はまっすぐ下っています。 15:58


ここの道では取り締まりが・・・などと書きましたが、案の定。
反対車線では取り締まりをしていたようです。気を付けないと。

今回の北海道ツーリングも先が見えて来ましたが、気を抜かないように走りたいものです。

b0168647_21392514.jpg

市街地に入ってまいりました。


苫小牧周文フェリーターミナルはそれこそ原野を切り開いて造ったような港ですので
近くで食事や買い出しをすることは不可能です。

なので、苫小牧の市街で何かを買っていこうと思い、とりあえず駅に行ってみました。
以前はここのデパートだかスーパーだかでお買い物をした記憶があります。

b0168647_21393355.jpg

苫小牧駅に到着しました。 16:19

・・・でも、何か違和感を感じるのです。
これだけ大きい駅!?なのに、人は居るけど多くは無く商業施設の形跡も無いのです。
その場は「じゃあ、しょうがない」と思ってスルーしましたが、後で調べてみると。


ひとつは

JR北海道はこのほど、苫小牧駅直結の商業施設「苫小牧エスタ」を2016年3月末に閉店すると発表した。
「苫小牧エスタ」は鉄筋コンクリート造り3階建ての駅ビルとして1982年に開業。開業当初の運営者である苫小牧ステーションビルが2000年に撤退したため、同年6月にJR北海道が資産を買い取り、直営となった。開業時には38店舗が入居していたが、現在は3階に100円ショップなど6つのテナントがあるのみで、1・2階は閉鎖されている。

郊外大型店などの影響もあって長期的な売上げ減少傾向に歯止めがかからず、老朽化にともなう設備更新に大幅な経費増加が見込まれることから、営業の継続は困難と判断した。



もうひとつは

苫小牧駅前プラザegao(旧ダイエー)、自己破産正式決定-市が取得へ2016年5月15日

JR苫小牧駅前にある「苫小牧駅前プラザegao」(旧ダイエー苫小牧店サンプラザ)を運営する「サンプラザ」の自己破産が正式に決定した。
破産を受け、苫小牧市は建物の取得に乗り出しており、駅から連絡通路で直結という好立地を生かし、公共施設・商業施設などとしての再生を目指す。



という感じのようです。

やはり北海道は自動車社会でしょうから、郊外型ショッピングモールには叶わなかったのでしょう。
買い物が出来ないことがわかったので・・・


b0168647_2140599.jpg

自分もその郊外型ショッピングモールを探して買い物をしました。 17:16


ぶっちゃけイオンなのですが、何か自宅に戻ってきたような気がしてしまいました。
日本中何処に行っても、この景色は似たようなものなのでしょうね (笑)

あとは帰るだけなので、モチベーションは下がり続けています。
自分にとっての苫小牧は「別れの地」になってしまいました。

・・・で、これも後で知ったのですが、新日本海フェリーの速度が上がったことにより
現在 小樽 17:00 ~ 新潟 9:00 という便が運行しているようです。

もとかしたら、次からはそちらの便になるのでは??と思っています。
そうなったら、苫小牧に来ることは限りなく少なくなりそう・・・です。


b0168647_21402420.jpg

買い物を終えて、苫小牧周文フェリーターミナルに向かいます。 17:31

b0168647_2140422.jpg

日高自動車道に入ります。 17:41

b0168647_21405585.jpg

いちおう無料区間です。

b0168647_2141260.jpg

あと500mですが何か??という感じで 17:49

b0168647_21411939.jpg

高速道路は10分も走らずに終了です。 突き当たりを右に曲がって 17:50

b0168647_21413492.jpg

R235を突っ切って・・・

b0168647_21414353.jpg

苫小牧周文フェリーターミナル(東港)に到着です。 17:52


ホントに何も無い港ですが、この港を使っていることによって
係留費が安くなって、運賃が安く済むという話は現実だそうです。
(新日本海フェリーは他の会社に比べると安いという印象があります)


例によって、乗船手続きを済ませてしまうと動きが取れないので粘ってみます。

b0168647_2142136.jpg

こっちには誰も来ない・・・という場所で写真を(釣り人はいました) 17:55

b0168647_21422034.jpg

千歳空港も近いですから

b0168647_21422794.jpg


b0168647_21423619.jpg

こんな感じで未練がましく写真を何枚か撮って・・・


乗船の列に並びます。
道内走行 1,347km の旅が終わりました。

今回は最初の2日こそ走ったものの、後の3日はさらりと流した!?感じなので
そんなに運転した感じではありません。
もっとも、クルマも新しくなり快適性も増した(筈な)ので、そういうことも大きな要因なのでしょう。

まだ明日も走りますが、まずは無事故無違反で・・・


b0168647_21424495.jpg

2月に納車されて、10,000kmも見えて来ました。 18:02


出航90分前には到着出来たのでターミナルをふらふらしてみます。
・・・といっても知らない所でもないですし、気持ちが下がっているので (汗)


b0168647_21443155.jpg

ネット予約になったので、カウンターが空いています。

b0168647_2144436.jpg

エスカレーターに乗って、徒歩入場フロアへ(同乗者はクルマに乗っては入れません)

b0168647_21444959.jpg


b0168647_21445644.jpg

まだ空いていますね。

b0168647_21451735.jpg

ちょっとだけお土産を買って、あっさりと戻って来ました。 18:16


b0168647_21453313.jpg

クルマを停めてあるところでぼけっとしています。 18:31

b0168647_2145492.jpg

だいぶ暗くなって来ました。 18:38


ちなみに帰りは寄港便で秋田まで乗ることになっています。
19:30に出航して、翌朝の7:35に着くので宿代わりにもなって効率良く移動が出来ます。
秋田のあと新潟まで乗っていてもいいのですが、新潟着15:30は何かもったいない気がするので
この便を使うようになりました。

前に書いたように 小樽17:00~新潟9:00の便が就航しているようなので
この寄港便を使うのはもしかしたら最後かも知れません。


b0168647_21463435.jpg

搭乗手続きが遅れているのか、誘導開始が遅くなりました。 19:19

b0168647_21464523.jpg


b0168647_21465380.jpg

降りる分には良いポジションをキープ出来ました (笑)

b0168647_21465990.jpg

これにておしまい。 19:23


乗船出来たのが出航7分前でしたので、ここからは慌ただしかったです。
部屋は例によって雑魚寝部屋(残り少なくなりました)だったのですが、場所は指定でした。
更には結構混んでいました。

車両甲板から客室フロアまで上り、寝場所を落ち着けて、晩飯を持って空いているテーブル&椅子を探しました。


b0168647_21471653.jpg

座った時には出航していました (笑) ここまで慌ただしいのもはじめてかも・・・ 19:33

b0168647_2147373.jpg

港内で180度反転して出航しました。 19:39


ある意味、黄昏れることもなく北海道を離れました。
これはこれでいいかも・・・

時間も時間ですので、イオンで買ってきた夕飯を頂きます。

b0168647_21474712.jpg


b0168647_21475469.jpg

基本は寿司にしました。不味くはないのですが、何か自宅で食べている感がっ・・・ 19:42

b0168647_2148989.jpg

まだそれほど遅い時間でもないのに、船内は静かです。 20:35


となりのお客さんの体調がイマイチっぽかったのか、出港時からずっと寝っぱなしです。
あまり会話をすることもなく、風呂に入った後の記憶が無いということは
自分もとっとと寝てしまったのだと思います。


これで起きたら、もう内地なんだよなぁ・・・
by chage_diary | 2017-12-26 18:30 | 北海道ツーリング | Comments(0)
<< 2017 夏 北海道 その21... 2017 夏 北海道 その23... >>