2017 夏 北海道 その20 (8/28 (6日目の2))

b0168647_23205126.jpg

羊ヶ丘展望台にて・・・ 「少年よ、大志を抱け」ですね。






2018.08.28(月)

ホテルにて朝食を食べ終えました。
せっかく札幌のド真ん中にいるので、もう少しだけ名残を惜しむことにします。
こんな都会の真ん中で、駐車場をまた探すのも厄介ですし・・・
10:00のチェックアウト前までは辺りをさまようことにしました。


b0168647_22415686.jpg

3度目のテレビ塔です(笑) 9:02

b0168647_2242498.jpg


b0168647_22421198.jpg

そして2度目の北海道庁・・・

b0168647_22421728.jpg


b0168647_22422347.jpg


b0168647_22423056.jpg

9:00を回っていたので中に入ることが出来ました。

b0168647_22423766.jpg

いわゆる手作り品はいい味を出しています。

b0168647_22424563.jpg

現代の庁舎とはまったく違う・・・ような。

b0168647_22425278.jpg

結構な人数の見学者が居ました。

b0168647_2242597.jpg


b0168647_2243639.jpg

滞在出来る時間に限りが見えて来たので、道庁を立ち去ります。 9:22


b0168647_2243559.jpg

時計台の前を通って・・・ 9:31

b0168647_22441190.jpg


ホテルに帰還しました。
もう時間もないので、チェックアウトします。

老舗ホテルはやはり趣きがありました。


b0168647_22442363.jpg


b0168647_22443815.jpg

ロビーにて 9:53

b0168647_22444693.jpg

さて道内最終日のスタートです。 10:07


今日の予定は・・・というと

夕方、苫小牧でフェリーに乗る。 以上 という感じです。

正直云うとモチベーションもダダ下がりなのですが、
こればかりはしょうがありません。

何処に行こうか、何処に寄ろうか、考えつきもしなかったのですが・・・
なんとなく「クラーク博士」と「羊蹄山」というキーワードが出てきたので、ルートが決まりました(笑)

まずは羊ヶ丘展望台に向かいます。


b0168647_22454928.jpg

日ハムファイターズのクラブハウス・・・ということは札幌ドームは近い?? 10:25

b0168647_2246394.jpg

ここを右折すると・・・

b0168647_22461025.jpg

札幌ドームです。 10:26


札幌ドームということは・・・


b0168647_22462796.jpg

羊ヶ丘展望台まではすぐなのです。 10:29

b0168647_22464525.jpg

自分のと同じクルマがレンタカーでありました。ナンバープレート両側の丸いヤツは・・・??


たぶん鹿除けの笛なのだと思います。
貴重な写真でしたので撮っておきました。

ニッポンレンタカー、北海道の全車に「鹿避け笛」を搭載(2016/4/5 11:22)

 ニッポンレンタカーサービスは4月4日、グループ会社のニッポンレンタカー北海道のレンタカーの保有車両全車に「鹿避け笛」を搭載すると発表した。春の大型連休前までの搭載を目指している。

 北海道は自然が多く景色がきれいなため、ドライブ旅行を楽しむ観光客に人気の高い場所。しかし、自然が多いということは野生動物と接触リスクがあり、なかでも鹿と当たると車両の損傷は大きく、場合によっては重大事故になる。ニッポンレンタカーサービスによれば、鹿との接触事故は年間30件程度発生し、過去に鹿出現が多いときには月間10件発生していたときもあるという。

 ニッポンレンタカー北海道では、鹿対策として2015年4月より350台に鹿避け笛を試験導入して接触事故発生件数が減少したことから、春の大型連休前までに保有車両約4400台へ搭載を目指すことになった。また、春以降の新車には納車と同時に搭載する。

 鹿避け笛は、車両の前部に搭載し、走行中の風圧がかかることによって笛が鳴る仕組み。音は人間には聞こえない周波数となるため、人間は騒音として感じることはなく動物だけに効果がある。笛は車両に固定しているため、利用にあたっては申し込みや利用料は必要ない。


このような記事と写真を見つけました。
どうやら正解のようです。
自分も着けようかな・・・



b0168647_22465246.jpg


b0168647_22465897.jpg

ベタですが、羊は飼われているのですね。

b0168647_2247531.jpg



さっぽろ羊ヶ丘展望台(さっぽろひつじがおかてんぼうだい、略称: 「羊ヶ丘展望台」、英: "Hitsujigaoka Observation Hill")は、北海道札幌市豊平区羊ケ丘にある北海道内でも屈指の観光名所である。南東方向から札幌市街を展望でき、それを背景として腕を伸ばしたウィリアム・スミス・クラーク博士の全身像が展望台内に置かれている風景は有名である。

さっぽろ羊ヶ丘展望台は札幌市街地や石狩平野を見渡すことができる札幌市の南東部に位置する緩やかな丘の上にあり、市街地の景色を背景に丘の上で羊が牧草をはむ風景は牧歌的な印象を与える。麓には札幌ドームがあり、その形が展望台から良く見える。

丘の上に立つクラーク像は北海道の開拓者精神の象徴であり、彼の有名な言葉である「Boys, be ambitious (少年よ、大志を抱け)」と併せてよく知られている。



札幌市内のホテルと同様、ここに自腹!?(入場料がかかります 大人 520円)で来たのははじめてです。
今後、札幌の市街に入り込む!?ことが何度あるかはわかりませんが
一度くらいは自分の意志で行っておくのも悪くはないでしょう。

b0168647_22471131.jpg

日ハムファイターズ 2004年からなのですね・・・札幌ホームは。

コンサドーレ札幌も頑張って、更なる市民権を得て欲しいですね。


b0168647_22471831.jpg

ザンネンながら、今日は山々がまったく見えません。あぁ、もう一度行きたい・・・

b0168647_22472549.jpg


b0168647_22473219.jpg

ウィリアム・スミス・クラーク博士 2ショットです。

b0168647_22474395.jpg

この中には雪祭り関連の陳列がされていました。

b0168647_22475290.jpg


b0168647_2248230.jpg

以前造られた雪像のレプリカでした。

b0168647_2248918.jpg


b0168647_22481984.jpg

たぶん北海道に降り立ったばかりの人の「北海道像!?」はこの景色なのだろうな・・・


自分はここにたどり着くのに30年かかってしまいました(笑)


b0168647_22482630.jpg

そして8月の末だというのに紅葉がっ・・・

b0168647_22483585.jpg

そんな羊ヶ丘展望台を後にします。 11:05


これで札幌を離れることにします。

また、きっと、そのうち。 
by chage_diary | 2017-12-26 18:50 | 北海道ツーリング | Comments(0)
<< 2017 夏 北海道 その19... 2017 夏 北海道 その21... >>