2017-18 初滑り

b0168647_13341850.jpg

南会津 木賊温泉にて






2018.01.06(土)


1/5(金)に一日だけ出勤をして、またまた三連休になりました。
挨拶廻りに出掛けたくても、まだ先方がお休みだったりします。
・・・どうせなら休ませてくれればいいのにと思いつつ(略)

ということで、まだ脚力もあるうちに(謎)雪山に行ってみることにしました。
今シーズンの初滑りです。

ここ数シーズンはなぜか芝刈りと重なったことが多くて、
雪山に行く頻度が落ちていましたが、今シーズンは大丈夫なようです。

奇しくも年末に干支ひとまわりぶり!?のスキーブーツ新調と
これもまた約10年ぶりの板の更新(こちらは中古ですが)をしたので
ちょっとだけですがモチベーションが高まっています。

ついでにいえば、クルマの方も変わって新しい冬タイヤを装着したので
周囲の環境は整ったと云うことが出来るでしょう。


朝5:00に出発をして、去年は一度も行くことが出来なかった 会津高原高畑スキー場 を目指します。


b0168647_13354265.jpg

R4を宇都宮まで北上して、あとはR121等で鬼怒川温泉方面を目指します。

b0168647_13355776.jpg

7:00前になって日が昇って来ました。今日は良い天気になりそうです。

b0168647_133643.jpg

どんどん山の中に入って行き、このトンネルをくぐると福島県に入ります。

b0168647_13361080.jpg

中山峠を越え、旧舘岩村のエリアに入ると雪深くなりました。

b0168647_13361483.jpg

上空を見ると晴れてはいるようなのですが・・・

b0168647_13362097.jpg

旧伊南村の恥風というところです。この先に昔定宿にしていたところがあるのですが、近年お世話になっていません。

b0168647_13362781.jpg

・・・で、この突き当たりを左折して。

b0168647_13363262.jpg

たまたま前方が同型車になりました。

b0168647_13364216.jpg

かっちり200km 4時間の行程で会津高原高畑スキー場に到着ですっ。9:00


ふりかえってみると、先シーズンは春スキーを含めても2回しか滑っていません。
2月中旬にこのクルマに乗り換えてしまった上、初年度の冬タイヤ購入を見送ったのと
芝刈りの予定がぼちぼち入っていたのが、主な理由だと思われます。

ただでさえ、歳を重ねているので
これから極端にスキーが上手くなることはないと思われますが、
せめて維持くらいはしたいので、年に数回は雪山に来たいと思っています。


b0168647_1338266.jpg


b0168647_1338728.jpg

ご無沙汰です。10月の末にこの前を通っていますが・・・


ここのゲレンデは平成に入る前後にオープンしたと思いますので、今シーズンで30年目くらいなのだと思います。
当初は「スキーバブル絶好調でも空いているゲレンデ」として通い始めたのですが
スノーボーダーをかたくなに迎え入れず、スキーヤーオンリーの姿勢をいまだに貫いています。

スノーボードはホンのちょっとしか囓ったことのない自分からすると、都合が良いといえば良いのかもしれません。
なので、おのずと入場者の平均年齢は高めだと思います。


b0168647_13381473.jpg

リフトに乗りました。

b0168647_13381891.jpg

相変わらず空いています。


・・・と云いたいところだったのですが、今日は千葉県のスキー連盟!?の指導員講習??か何かをやっていて
いつになく、人が多いのです。
ゲレンデとしては嬉しい悲鳴でしょうが、自分としてはびっくりしてしまいました(汗)


b0168647_13382486.jpg

このリフトでゲレンデ最上部へ・・・ 遅いので結構時間がかかります。

b0168647_1338328.jpg

こちらが最上部です。まだ晴れていました。

b0168647_13383934.jpg

この写真で見るとガラガラですねぇ・・・

b0168647_13384553.jpg


b0168647_13385192.jpg

太陽が出ているのはステキですね。


9:00から滑り始めたのですが、1時間ちょっと滑り続けると膝が痛くなって来ました。
まったく・・・です(汗)

b0168647_13385744.jpg

なので、中腹のレストハウスで休憩をします。ココアなんてめったに飲まないのですが・・・


新しい靴は変に当たるところも無く、ぼちぼち快適です。
(いわゆる中級者用のものなので、尖った性能ですないと思います)
板に関しても同じベクトルにあるモデルが5年分新しくなっただけなので、あまり毛色は変わりません。
(これは新品では高くて買えません)
なので、技術の向上に関してはこちらの問題ですね。


b0168647_1339585.jpg

滑っているうちにだんだん雪模様になって来ました。晴れているとここからの景色は絶景なのですが。


例の指導員講習のスケジュールに合わせると、昼時のレストハウスは激混みになることが予想されたので
ちょっと早めの昼飯にすることにしました。

b0168647_13391528.jpg

今日は唐揚げ定食で行ってみました。美味しいです。11:40


このゲレンデはお客さんが少ない割(だから)には、接客はいい方だと思います。
なんというのでしょうか、チェーン店っぽさが無いのです。
去年行った某ゲレンデはメニューはカレーしか無い上に、値段も高いし(味はそこそこでしたが)
接客は変にトゲトゲしいし・・・で、印象が良くなかったのですが
それを考えると幸せな感じです。

もっとも、自分はあまり来てもいないクセに常連気取りなので
ここのゲレンデの評価に関してはプラス加点だとは思います。


b0168647_13392116.jpg

午後は食事をしてから14:30くらいまで滑ってあがりました。


スキーに飽きたわけでも無いのですが、もう一箇所寄ってみたいところがあるからなんです。

b0168647_133926100.jpg

とっとと片づけてしまいましょう。

b0168647_13393333.jpg

隣に停まっていた同型車はすでに帰られていました。

b0168647_13394142.jpg

高畑スキー場を後にしますっ。14:45頃

b0168647_13394832.jpg

来た道をそのまま戻って・・・

b0168647_1339578.jpg

途中で脇道に入ります。

b0168647_13411840.jpg

到着です。15:15頃

b0168647_13412293.jpg

木賊(とくさ)温泉といいます。


木賊(とくさ)温泉の名は、植物の木賊が群生していたことに由来し、
今から約1000年前に発見され、“会津の隠れ湯”だったと伝えられています。
川床から湧き出る露天岩風呂は、 昔と変わらぬ清流のセセラギを聞きながら、
四季折々の自然とともに心と体を癒してくれます。
木賊温泉には、16軒余りの旅館・民宿が散在し、“秘湯の里”といわれています。



b0168647_13412844.jpg

道路から雪の積もった小道に入って下っていきます。

b0168647_13413624.jpg

風呂は下った川沿いにあります。上屋が新しくなったようです。

b0168647_1341414.jpg

こちらから入ります。

b0168647_1842262.jpg

画像は拝借しました。


夏場は写真のように壁の板がなくなり、開放的になるのですが
冬場は雪が降るので、露天風呂とはいいながら屋内のようになります。
もっとも、壁で完全に塞がっているわけではないのですが・・・

湯船は源泉側!?と下流側!?に分かれています。
源泉側の方がちょっと熱いのですが、下流側は他の方々がいらっしゃったので
源泉側で入ったり出たりをくりかえしつつ、30分くらいは浸かりました。
(今日は気持ち温かったかも・・・)

幸せなひとときを過ごすことが出来ました。


そろそろ帰ることにします。
トラブルが怖いので、圧雪路の世界は明るいうちに抜け出してしまいます。

b0168647_1341487.jpg

などとといいつつ、雪深いところでクルマを停めてみました(笑)

b0168647_13415235.jpg


b0168647_13415843.jpg

なんだかんだで楽しんでいますね。

b0168647_134252.jpg

道路から雪が消えました。もうすぐで栃木県に入ります。

その後、戻ってきてからGSで塩カルを洗いおとして帰宅しました。 20:00頃



歳を取るとともに、ただのスキーだけでは満足が出来なくなっているようです。
やっぱり温泉は外せない・・・ようです。

果たして、2回目の雪山行きはいつになるのでしょうか!?

良い一日となりました。
by chage_diary | 2018-01-06 22:33 | お出かけ | Comments(0)
<< 2018 三十槌の氷柱 ふらり 佐野 >>