クルマの点火系のお話

b0168647_22191711.jpg

これを見て何だかすぐわかる方の「その筋の人」か「変態」ですね(笑)






2016.10.02(日)


日付は10/2としているのですが、この症状がなんとなく気になりはじめたのは初夏の頃でしょうか!?
ドライブシャフトのブーツ破れを直した時のグリス漏れ(完治しなかった上に異音が発生しはじめた)を
保険対応して頂き、なんとシャフト(フロント右)ごと交換して頂きました。(謝)


よしこれでしばらくノントラブルで行けるだろう・・・と思った矢先のことでした。


最初は単純に路面が悪いから車体がブルブル震えているのだろうと思っていたのですが
それが時速40キロ前後での走行時に限られていることがわかりました。
山坂道に行くと、更にその症状が顕著になり・・・

いつも診て頂いている方にも乗って頂きましたが、まだこの程度だと原因究明は大変そう・・・とか
(どうやらシャフトではなさそう)
Dラーの方に「失火しているかも」と伝えた上で、乗って頂いても異常なし・・・とか


まぁ、しょうがないのかな・・・と思っていたところ


ホントに失火し出しました。
(暗いところで診ると火花が飛んだので間違いない上に、今までの震えているどころじゃない症状)

即刻見積をとって頂いたところ
プラグケーブル・コイル・プラグ・カバーのオイル漏れでしめて70,000円弱との金額が算出されました。



たっ、高い・・・



ということで、久々にDIYモード(貧乏性とも云う)になりました。
ひとつづつ更新して行って、直ったところでおしまいにしようと思い、まずはプラグコードを買ってみました。


よせばいいのに社外品です(笑)


b0168647_2231525.jpg


b0168647_22311535.jpg

昔、黄色いケーブルに憧れました。


永井電子 ブルーポイント パワープラグコード 2349-40

変わったのはケーブルカラーだけではなく、その性能

エンジンルームの一部としての存在感はもちろん、性能への飽くなき追求、深いこだわりがこの製品に凝縮。
チューナーが、ドライバーが、点火システムに求める性能をウルトラは形にしたいと考えています。
ウルトラレッド、コバルトブルーなどシリコーンコードの代名詞とも呼ばれ、
独自の巻線式ノイズサプレッサーを各端末に配する手法など、独創的な技術は、まさにそのこだわりへの現れだと言えます。
お求めになったユーザーが「ベストバイ」と誇れる製品、こだわりの製品創りを、ウルトラはこれからも創造し続けます。




ケーブルだけなら、抜いて刺すだけだから簡単だっ・・・と思って交換していくと・・・


b0168647_22312394.jpg

右側は一瞬で終了しましたが

b0168647_22313123.jpg

左側が抜けません・・・2番って書いてあるヤツです。


ちょっと力業で引いてみると・・・なんと端子がもげてしまいました(汗)

これはマズいと思いつつ、とりあえずコイルそのものを外してみました。


b0168647_2231382.jpg

結局ダメで端子の金属部分だけがコイル側に残ってしまった絵です。


この金属が固着してしまっているようで、なにやら腐食も激しく粉末状になったものも出てきました。
でも、この金属を除去しないと不動車になってしまうので必死です。

同じ住まいのメカ好きオヤジ(日頃からお付き合いのあるマニアックな方々です)は
交互に姿を現すは(たぶん偶然です)、ラジオペンチの先は曲がるは
チャリンコで15分掛かるショップまで行って相談してみるは・・・で

結局最後は何とか取れました(ほっ)


b0168647_22315056.jpg

つまんでいるのが残った端子です。周囲部のひび割れは最初から確認出来ました。

b0168647_22315961.jpg

端子側はこんなありさまです。

b0168647_22321684.jpg

とりあえず騙し騙し現状復旧(プラグコードは余分があるので)をして、動ける状態にしました。


その足でショップに行き、コイルを注文しました。


2016.10.07(金)


注文してあったコイルが届いたという連絡を受けて、取りに行って来ました。


コイル アセンブリ,イグニツシヨン Subaru 22433AA580


b0168647_2232565.jpg

こちらです。 16、000円くらいだったかな??

b0168647_22325720.jpg

昔とった何とかで比較写真です。

b0168647_22344273.jpg

キレイですねぇ(違)


b0168647_22345146.jpg

取り外しはそれほど難易度が高くないので、サクっと交換しました。

b0168647_2235274.jpg

青いプラグコードも無事装着っ。


失火の症状は見事に治まりました。
でも40キロ走行時の微震動は・・・??です。



b0168647_22351251.jpg

結局性格的にとことん行っちゃう人なので、プラグも購入してみました。(過去に1~2回しか交換していないエアクリーナーも)


デンソー イリジウムタフ

電極消耗を大幅に抑制することで、燃費の向上にくわえ、さらに長寿命化を実現しました。
寿命が長いということは、メンテナンスにかかる手間や時間も少なくて済むということ。
メカが苦手な方や奥様にも、気軽に安心してお使いいただけます。

自動車を普段使いとして毎日使われる方には、燃費が問題。イリジウムタフなら、そんな悩みにお答えします。

プラグの中心電極は、太ければ太いほど冷却作用が大きくなり、着火性が悪くなります。
それにくらべ、イリジウム合金細径中心電極は、冷却作用が極めて小さく熱がうばわれにくいため失火が減り、
プラグの基本性能ともいえるより確実な着火性を実現します。

接地電極に白金プラグで実績のある白金チップを採用。電極消耗を大幅に抑制することにより、
白金プラグ並みの高耐久性を確保しました。



2016.10.23(日)

日を改めてプラクの交換をします。
ここのところ週末は「芝刈り&紅葉狩りエクスプレス」化しているので、地道に距離は増えています。


b0168647_22361991.jpg

プラグ周囲のオイル漏れはかなり激しい・・・長く乗り続けるなら

b0168647_22362783.jpg

左は純正プラグです。 右が今回交換した イリジウム タフ です。


たしか106,400キロで交換 記録 ありました。

今回が 151,000キロですから まだ全然平気な筈なのですが・・・


b0168647_22363482.jpg


b0168647_22364155.jpg



精神衛生上は良かったのですが、肝心の時速40キロ前後の微震動は治まりません。
今後このクルマとどう付き合うかも含めて考えたいところです。


b0168647_22365050.jpg

以前買い漁った 盆栽 が役に立っています。


プラグコード 14,000円
コイル     16,000円
プラグ     4,000円

の計     34,000~35,000円くらい でとりあえず済んでいます。


完治はしていませんが・・・
by chage_diary | 2016-11-26 22:20 | アウトバック | Comments(0)
<< Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦 清水公園 2016秋 >>