ヘッドホンのキシミ音対策

b0168647_23305094.jpg

特別なことをやった訳でもないのですが(汗)





それほど気になっていたわけでもないのですが、
以前買ったヘッドホンの可動部から、キシキシ(擬音です)という音が出ていました。

ABS樹脂を使っている以上、基本的に音をなくすのは不可らしいのですが
音の低減には模型用のグリスが良いというような話が載っていたのを、Webで見たような記憶があります。

今日は特にそれを買いに行ったわけではなかったのですが、
お買い物の待ち時間にたまたま模型屋さんに足を踏み入れました。

そこでそのことを思い出したというわけです・・・

製品名を忘れているような始末ですから、その場で検索を掛けて確認しています(汗)


b0168647_23315079.jpg

結構大きいお店でしたので置いてありました。 たぶんコレでしょう・・・


TAMIYA セラグリスHG

潤滑性に優れた窒化ホウ素(ボロンナイトライド)のハイグレード粒子を配合した高性能グリスです。
電動RCカーやミニ四駆、楽しい工作などの動く模型のギヤや軸受け、ジョイントなどにつけて動きを滑らかにし、
摩耗をおさえます。ノズル付きアルミチューブ入り。

(ITEM 87099)
★アルミチューブ、10g入り



b0168647_2331593.jpg


b0168647_2332687.jpg



能書きを読んでいると、これは効きそうな気がして来ます。
もっとも 世界のTAMIYA ですから、いい加減なモノは出さないでしょう。


b0168647_23321323.jpg

細かいところに塗れるノズルが付いていましたが、少し大きすぎます。

b0168647_23322016.jpg

結局可動部分にツマヨウジで注しました。(絵はありませんが・・・)


まだ使っていないので何とも言えないのですが、とりあえずキシキシ音はしなくなりました。


あとは明日以降使用してみて・・・







せっかくヘッドホンねたが出たので、先日購入した新顔を・・・


b0168647_23323234.jpg

城下工業 SW-HP10 といいます。


•レコーディングスタジオやマスタリングスタジオ用の業務用・プロフェッショナル密閉型ヘッドホン
•従来の業務用モニターヘッドホンに比べて「全く聴き疲れのしない」音質
•声や楽器の定位、音の粒立ちや輪郭、遠近感や広がり感など、演奏者の思いまでをも手にとるように
 聞くことができる、モニターヘッドホン
•極上のフィット感。エルゴノミックデザインによるイヤーパッドでは、耳後方下のくぼみを適度な力で
 押しながら覆うという技にこだわりました。




詳しくは Web で・・・



b0168647_2333220.jpg

電車内のつり革には何度も当たっているので、その跡がついています。

b0168647_23331165.jpg


b0168647_23331988.jpg

なんとこのご時世に国産品です。 (メーカーは長野県です)


なぜかモニター用ばかりを買い続けていますが
音を一言で云うと、業界基準!?の SONY MDR-CD900ST を気持ちマイルドにした感じでしょうか!?

金属部品は極力使わず、ABS樹脂ではなくナイロン素材を使っているそうです。
そうすることにより、スタジオ等で楽器にキズを付ける確率を低く出来
さきほど書いたキシミ音も低減出来るそうです。

耐久性は異常に良いらしい・・・

レコード屋さんの視聴用ヘッドホンはここで作っているものが多いらしいです。


b0168647_23332636.jpg

イヤーパッド形状にもこだわりがありますねぇ。

b0168647_2333344.jpg

耳の下に当たる部分も出っ張っていて、広い面を低圧で支える設計になっています。


やっとナラシが終わろうか!?という段階ですので、またそのうちに登場させたいと思います。
by chage_diary | 2014-02-11 23:31 | 音楽(ヘッドホン) | Comments(0)
<< 勇気ある撤退!? ちょっと感動 >>