春の北信ツーリング その1

b0168647_9284419.jpg

早朝の6:00過ぎ、志賀高原の熊ノ湯スキー場にて。 リフトに乗っています。






2012.04.28(土)


ここ数年を振り返ってみると、GWの初日は志賀高原の「熊ノ湯スキー場」に滑りに行っているような気がします。
今年も例に漏れず、行ってみることにしました。
一応、雪山シーズンに別れを告げるというのが名目なのですが、近年はそう云えるほど滑っていません。(汗)

残業を終え帰宅をし、速攻で風呂に浸かり、自宅を出発をしたのは22:30過ぎのことでした。
ホントは出掛ける前に1~2時間、仮眠をとりたいものです。


b0168647_1438174.jpg

今回の行程をざっと記してみました。



b0168647_930378.jpg

去年は高速道路が安かったので、信州中野まで高速利用だったのですが・・・


今年は下道利用でR17~R353~R145と繋ぎます。(緊縮財政なので)
ダム建設のおかげか、R145の吾妻渓谷のあたりは道路がまっすぐになりました。
(上の写真はその区間のトンネルです)

長野原から先はR292で草津に登って行き、志賀草津道路の入り口に到着です。


b0168647_9304465.jpg

通行止めじゃなくて良かったです。


ここからはひたすら標高を稼いで行きます。
殺生河原を過ぎ、しばらく登って行くと路肩に雪が見えて来ました。


今年は雪が多いなぁ。


b0168647_9305134.jpg

雪崩防止の為!?なのでしょう。 傾斜部は階段状に除雪がされています。



その後、白根山の駐車場を過ぎ、万座峠も通り過ぎ、渋峠に近づいて行きます。
ここから先、道路の両脇には除雪されたあとに雪が残った「雪の回廊」が見えて来ます。


b0168647_9305828.jpg

こんな感じ。

b0168647_931521.jpg

深夜ですから、ほとんど通行量もないので停まって撮っています。


クルマのライト以外は真っ暗なのですが、それなりに写りました。
横の雪壁の高さはクルマと比べてみると、なんとなくわかりますよね。

そのすぐ先にある「日本国道最高地点」の駐車スペースに停まってみようと思いましたが・・・
カメラの三脚を立てたクルマが何台か停まっていて、すでにスペースがありませんでした。(驚)

b0168647_931135.jpg

なので路上に・・・(汗)


標高2000mを越えているので、気温もだいぶ低かったのですが
外に立ってみると満天の星空が広がっていました。
天の川・・・久しぶりにみました。


b0168647_9312289.jpg

高度計(緑の折れ線グラフ)も2000mを越えています。

b0168647_9312964.jpg

そんな中、3:00前に「熊ノ湯スキー場」に到着っ。


気温は1℃でした。

もっとも去年の同じ日は-5℃でしたから、それに比べれば暖かい!?のでしょうが、
自宅を発った時には17℃ありましたから、かなりの差です。

窓の目張りと二重の寝袋・・・そしてダウンを着ることにより、安眠することが確保出来ました。
せっかく、この時の為に履きっぱなしにしていたスタッドレスタイヤは役に立ちませんでしたが・・・



・・・




去年は目覚ましをかけていなかったので、寝坊をしてしまいましたが
今年は6:00のリフトスタート前に目を覚ますことが出来ました。(2時間半しか寝ていませんが)


b0168647_9313628.jpg

起床直後、5:45の「熊ノ湯スキー場」です。

b0168647_9314295.jpg

まだ、誰も滑っていません。



4月も末になると、この時間はこんなに明るくなっているのですねぇ。
自分は普段朝寝坊な生活なので知りもしませんでした。

寝起きなのでダラダラと準備を開始して・・・


b0168647_931492.jpg

リフトに乗りました。




今シーズンの熊の湯の、残りの早朝営業日程は、
4/28(土)~5/6(日)まで
を予定しております

これから、GW期間に入り、たくさんのポールチームが
早朝のゲレンデを使って、練習を行います

熊の湯の早朝は、ポール練習優先バーンとなっており、
一般のお客様が滑られる場所が限られますので、
予め、ご確認、ご了承頂き、チケットのご購入をお願い致します



b0168647_1934466.jpg

このような感じで滑走が出来ます。(動いているリフトは1本だけですが・・・)



・ 黄色の線が、基本的なポールを張る場所

・ ピンクの矢印が、一般のお客様にお滑り頂く場所

・ 青の点々・・・が、ネットを張る場所

・ 緑の丸が、お滑り頂く際に注意して頂きたい場所



ちなみに、6:00~8:30の2時間半を1500円でリフトに乗ることが出来ます。
たぶん、半日滑る気合いと根性もないので
この2時間半というのは、ちょうどいい時間かと・・・




b0168647_9315643.jpg

ということで、ポールレッスンをしている絵です。 その世界では有名な海和さんもいらっしゃっていると思われます。

b0168647_9321855.jpg

もう少しで山頂・・・

b0168647_9322413.jpg

今年は暖かい!?ので樹氷にはなっていません。

b0168647_9323237.jpg

リフトを降りた正面方向は万座方面

b0168647_932393.jpg

一方、こちらは今登ってきた方角


b0168647_933222.jpg

尾根づたいの狭いコースを下って行きます。

b0168647_9324796.jpg

遠くの盆地には朝霧がっ・・・

b0168647_933982.jpg

目の前には笠ヶ岳が見えています。


時間制限!?があるので、休憩もせずに一生懸命滑ります。(せこい)
登って滑って、1サイクルで10分くらいでしょうか!?
最初のウチは気温が低い為バーンが硬くて、自分のようなシロートには歯が立たなかったのですが
ポールに入っている人達はなんなく滑っています。
やはり目指すものが違います。


だんだん日が高くなるにつれて、バーンが柔らかくなってきて
自分的には滑りやすくなって来ました。


b0168647_9331571.jpg


b0168647_93322100.jpg

日もだいぶ高くなりました。 空には雲ひとつない快適な陽気です。

b0168647_9332980.jpg

山影になっている場所も少なくなりました。


結局、12~13本くらいは滑った!?のでしょうか (良く数えていないので、正直わかっていない)
8:00で終わりかと思っていたら、8:30まで滑ることが出来たので
結構、満足出来ました。

・・・というより、脚には結構きています。


b0168647_9333526.jpg

これはラスト前に降りた時・・・ (他の人、皆さんお上手です)


いい運動になりました。(違)



b0168647_9334286.jpg

上に貼った画像はこのように掲示されていました。

b0168647_934423.jpg

やる気のあまりない、だらけた!?感じの号令で準備体操をしていました。(コレでいいのでしょうか!?)


ということで、滑り終わった後
少し休んで、撤収をしました。


b0168647_9341341.jpg

ここで、今シーズンもおしまい。



今日のコレを含めても、今シーズンは雪山行き5回、延べ7日間で終わってしまいました。
今年は今までと違い、新たに芝刈りなどの予定が加わったので、少々回数が減りましたが、
もう少し数を滑らないと、これ以上は上手くならなさそうです。



b0168647_9342125.jpg

クルマに戻って、荷物を片づけ着替えをし・・・


朝食、その他を兼ねて
再度志賀草津道路を登ることにします。


b0168647_934286.jpg


b0168647_9343427.jpg

今晩からは満員なのでしょうか!?

b0168647_9344219.jpg


b0168647_9344853.jpg

それにしても雪の壁が高いですっ。

b0168647_9345689.jpg

道路の脇を人がスキーで滑っています。

b0168647_935392.jpg

渋峠に戻り、長野から群馬に戻ります。
by chage_diary | 2012-04-30 09:29 | お出かけ | Comments(0)
<< 北陸方面 2012GW (ダイ... 春の北信ツーリング その2 >>