つららを見に行ったのですが・・・

b0168647_20452285.jpg

群馬県上野村にて。 龍神の滝というそうです。






2012.01.29(日)


一年のうち、一番寒いこの時期。
よせば良いのに、わざわざ寒いところまでつららを見に行くことにしました。

当初の目的地は埼玉県は秩父の更に奥にある 三十槌の氷柱 というところだったのですが・・・


b0168647_10455276.jpg

なんか東西に広く廻ってしまいました。


前夜は住んでいるところの会合!?的なものが催されて、帰宅は0:00をまわっていました。
なので出発は8:30過ぎ。

まぁ、慌てるほど遠いところに行くつもりもないので、のんびりしたものです。
どうせ秩父に行くのなら、小鹿野町の「安田屋」さんに寄って久しぶりの「わらじカツ丼」でも
と思い・・・

11:00過ぎに到着したところ、最近テレビに出たようでかなりの人が並んでいました。
結局30分くらい待ったでしょうか??


b0168647_20503966.jpg

「わらじカツ丼」 ご対面ですっ。


おいしゅうございました。

実は前々日の金曜に体調を崩して、少々熱っぽかったのですが
土曜は会合(という名の飲み会)・日曜は大食い!?と反省の色がありません。



食後は三十槌の氷柱に向かう予定だったのですが、
小鹿野町の近くに別に尾の内の氷柱というのがあるらしいということを、
店にポスターが貼ってあったのでを知りました。

じゃあ、先にそっち・・・ということで向かったのですが。



激渋滞でした。


対面2車線より狭いR299に長~い駐車場待ちの行列が出来ています。
とっととUターンをしようかとも考えたのですが、別ルートもあることですので
その列を追い越し(誘導して頂き、反対車線側!?を右側通行で進みます)先に進むことにします。
見た感覚ですと、この列に並んでいるうちに夕方になってしまいそうな台数が繋がっていました。

そしてそのままR299の志賀坂峠まで登りますっ。


b0168647_20505264.jpg

志賀坂峠に到着っ。 今まで登ってきた埼玉県側です。 普通はこんなに雪はないような・・・


ここから分岐する林道で八丁峠経由で向かおうと思っていたのですが・・・

b0168647_2051075.jpg

冬季閉鎖!?中でした。 あ~あ。



こうなると、秩父に行くには元の道を戻るしか方法がありません。
Uターンは心情的にしたくないので、このまま峠のトンネルをくぐって群馬県に入ることにしました。
(ちょっと考えて目的地を別のところにしてみました。)


まぁ、寒い山の中ですから
つららの類は他にも出てくるでしょう・・・(謎)


そんなことを考えつつR299を下り、上野村へ
標識を適当に眺めつつ、滝があったので脇道に入ってみました。


b0168647_2051936.jpg

上野村の龍神の滝というところです。


龍神の滝(りゅうじんのたき)は、群馬県多野郡上野村を流れる野栗沢川にかかる二段の滝である。
落差20m程度(上段15m、下段5m程度)。滝の右岸の崖の上に登ることができ、観瀑台となっている。
大蛇が棲むという伝承がある。



それほどでもなかったのですが凍っていました。
周囲は谷間なので日中でも日陰の時間が長いようで、地面には雪が積もったままでした。
すぐ近くまでクルマで行かれるのですが、歩いて行って立っていると
周囲の林からガサッという音がしました。

たぶん猿か鹿なのでしょうが・・・


R299を長野県側へと走ります。

b0168647_20511741.jpg

途中の橋の上から、崖に成長したつららがっ。


この辺りでは珍しいものではないのでしょう、他には誰もいませんでした。
埼玉はあんなに混んでいたのに・・・




目的地を別のところにしたと書きましたが、それが何処かと云うと・・・
富岡製糸場 なのです。

近くはそれこそしょっちゅう通っているのですが、なかなか寄る機会がなくて・・・

このようなタイミングで行くことになりました。(15:00到着)


b0168647_20512625.jpg



富岡製糸場(とみおかせいしじょう、Tomioka Silk Mill )は、群馬県富岡市にあった日本初の機械製糸工場である。
敷地および主要な建造物は2011年時点で現存している。
官営模範工場の一つであり、明治5年10月4日(1872年11月4日)に操業を開始した。

約1万5千坪の敷地内に開設当時の
東・西繭倉庫(12メートル×104メートル)、繰糸場(12.3メートル×140メートル)、
事務所、外人宿舎など煉瓦建造物がそのままの形で残っており、重要な近代化遺産である。

現在、群馬県・富岡市を中心に富岡製糸場とそれに関連する絹業文化遺産を、
世界遺産に登録する取り組みが進められている。平成19年(2007年)1月30日には
「富岡製糸場と絹産業遺産群」(The Tomioka Silk Mill and Related Industrial Heritage)として、
日本の世界遺産暫定リストに加えられた。



b0168647_20513932.jpg

機械は日産と合併する前?のプリンス製のようです。


どのようなところなのかが良くわからなかったのですが、
丁度15:00からのボランティアガイドによる説明に耳を傾けることが出来ました。
内容は良くわかったのですが、上着を一枚クルマに置いてきたことにより
非常に 寒かった です。

1時間弱の見学を終え、R254を藤岡方面に向かいます。

このまま帰っても良かったのですが、最近のマイブームである
「佐野ラーメン」が食べたくなって、藤岡ICから高速の人になりました。



b0168647_20514822.jpg

途中、波志江PAにて日が暮れます。

b0168647_20515740.jpg

17:30頃、いつもの「おぐら屋」さんに到着っ。


つららを見に行ったはずだったのですが、「B級グルメ探索」になってしまいました。


走行距離 300km ちょっと。
by chage_diary | 2012-01-29 20:46 | お出かけ | Comments(0)
<< 次の演奏会 油脂類交換 >>