'10 北海道ツーリング その16 (8月25日 7日目 その1)

b0168647_2217636.jpg

早朝のかんのファームにて。






見出しのページ  などを作成してみました。


2010.08.25(水)


帰宅が1日遅れた道内6日目の朝です。


前の日に、ここは朝焼けもキレイですよ。
ちなみに、この季節は4:00過ぎですよ・・・ という話を聞いていました。

日頃でしたらあり得ない時間なのですが、
昨晩も22:00前には寝てしまっていたようで・・・


起きてしまいました。



ここまで早くないまでも、朝の散歩には行こうと思っていたので
ごそごそと布団を抜け出しました。

そして、昨日夕日を見た新栄の丘へ・・・



b0168647_2219575.jpg

ちょうど月が沈んで行くところでした。

b0168647_22191140.jpg

同時に反対側(旭岳の方)が明るくなって行きます。

b0168647_22191785.jpg


b0168647_22192385.jpg


b0168647_22192838.jpg

だいぶ明るくなって来ました。



・・・そして。


b0168647_22193442.jpg


b0168647_22194183.jpg


b0168647_22194678.jpg



ホントに4:30頃です。
空が赤く染まりました。



b0168647_22195159.jpg


b0168647_22195967.jpg

丘も明るくなって来ました。

b0168647_2220675.jpg

三脚は買ってからあまり使っていません。


今日も朝からいいものを見ることが出来ました。


そのままエンジンを掛けて出動をします。
ここに泊まったならば見てみたいものはたくさんあります。


b0168647_22201275.jpg


b0168647_22201998.jpg

宿の近く、ちょっと走ったところで・・・


なんとなく美馬牛駅に行ってみると、ディーゼル機関車が止まっています。

b0168647_2220255.jpg



たぶんJRの人でしょうか、どうしたのか聞いてみると・・・

昨夜運休となっていた線路を補修して、試験走行をしていたのだそうです。
(ここで、昨日の美瑛駅での疑問が解消しました)
どうもご苦労様です。

b0168647_22203020.jpg



このあとはR237に出て・・・

b0168647_22203686.jpg

ここのお店で以前食べた「じゃがバター」が旨かったので。


ジェットコースターの路へと向かいます。(5:00)


ジェットコースターの路は、上富良野町北部にある。
国道237号線沿いにあるかんのファームと深山峠の中間地点から入る約4kmの区間、
アップダウンがいくつか続く直線道路である。
ジェットコースターのように見える最大のアップダウン道路区間はその最終部分にある。
道路の長さの美しさもすばらしいが、両脇の畑作風景も美しい。




最初は偶然に通りがかったような気がするのですが
その後、この近くに来た時はいつも寄るようになりました。

この高低差がなんといってもいいのですが、写真だとイマイチ伝わりづらいのでしょうね。

b0168647_2220411.jpg

最初はしばらく登ります。 この時間なのに散歩をしている人がいました。


でっ・・・


ここが下って登ってのスタート地点です。
望遠レンズで遠近感を強調してみました。

b0168647_22204752.jpg

反対側には雲が流れています。

b0168647_2220532.jpg

クルマも入れてみました。


横を眺めてみると・・・

b0168647_22205980.jpg

日は高くなったみたいですが、出ては来ません。

b0168647_2221556.jpg

周囲の丘です。


降りて登ってみました。



b0168647_22211229.jpg

以前この先に行ってみたのですが、面白くなかったのでここで折り返しです。

b0168647_22212250.jpg

Uターンして、戻りはじめます。

b0168647_2221291.jpg

・・・でまたまた、降りて登って戻って来ました。

b0168647_22213586.jpg

こ~んな紹介文、前はなかったよなぁ。


ジェットコースターの路・・・ 30分くらいうろうろしていたような気がします。



R237に戻って美瑛の方面に北上しますが、
途中にある 「かんのファーム」 に停まってみました。


美瑛町との境界、国道237号沿いの美馬牛峠に位置するかんのファームは
その立地条件から多くの観光客に認知されています。
美瑛から富良野に向かうと最初に目に飛び込むラベンダー畑です。



ココもキレイなんですよね~。
まぁ、そういうガラじゃないのですが・・・

b0168647_22215315.jpg


b0168647_22214079.jpg


b0168647_22214664.jpg


b0168647_2222135.jpg


さすがにこんな時間ですので、誰も他にはいませんでした。


そのあと、少々寒かったので美瑛のコンビニで暖かい缶コーヒーなどを飲みました。(6:00前くらい)



おあとは美瑛の丘に登ってみます。

こちらは、美瑛を観光地化させた老舗!?の丘だと思っています。



たとえば「マイルドセブンの丘」

b0168647_2222792.jpg



緩やかな曲線を描く緑の丘の上に、カラマツが寄り添うように立つ防風林。
1978(昭和53)年に、この丘で「マイルドセブン」のCMが撮影されたことから、
『マイルドセブンの丘』と呼ばれている。
丘めぐりの定番スポットで、特にカラマツ林が夕陽に包まれる夕景は息をのむほど美しい。



もう32年も前のことなんですねぇ。
自分はまだ○学生でした。(汗)

b0168647_22221396.jpg

前はここまで舗装ではなかったよなぁ・・・


ちょっと走ると・・・


b0168647_22223558.jpg

このような景色が・・・

b0168647_22224269.jpg

随所にあります。



ここは「親子の木」

b0168647_22224948.jpg



一面の畑の向こうに立つ3本の木、大きな2本が小さな1本を挟んでいてまるで親子のよう。
自動車道路から直接見える上、広告写真にも数多く使われていて有名ですのでとても混雑します。
駐車場がないのでシーズン中は路上駐車の車があふれています。
以前は「子供」は2人いたらしいのですが、いつの間にか1人旅に出てしまったとか。


b0168647_22225574.jpg


ここで撮影をされている方にお逢いしました。
「今日は(空が)抜けないですね~」などと話しながら撮ってみます。





つづいて「セブンスターの木」に行ってみました。


美瑛の風景で欠かすことができない場所の一つが、このセブンスターの木。
セブンスターの木は、その名の通り昭和51年にたばこの「セブンスター」のパッケージに採用されたことから、
名がつけられた。セブンスターの木は、他の木に比べ比較的広い場所にあることから、
観光バスで下車して観光することもある。



はい、実は以前吸っていました。

旨い(かった)ですよね~。

などと言っていた日から7~8年が経とうとしています。(汗)

b0168647_2223045.jpg

ここは道路の向かいに大きい駐車場が出来てしまったんですよね・・・ 出来た当時はショックでした。


そんなことを考えつつ、走ります。

それにしても、こんな時間ですから空いているのでしょうが
混んでいる時はいろいろと大変なのでしょうね、地元の方の心中を察します。


b0168647_2223661.jpg


b0168647_22231312.jpg


もう少し青空が見えているとうれしい・・・



・・・で、終いは「ケンとメリーの木」


今となっては、何のことだかわからない方もいるのではないでしょうか?


美瑛町で一番有名なポプラの木が、ケンとメリーの木。
ケンとメリーの木は、昭和48年頃に日産自動車のケンとメリーのスカイラインのCMに使用された木から名がつけられた。
ケンとメリーの木の周りには他の木がなく、美瑛の丘とマッチしていて美しい景色を見ることができる。



b0168647_22231818.jpg



今となってはスカイラインそのものの登録台数が少ないですもんね。
でもクルマの名前として35年以上残っているのは、逆に凄いことかもしれません。


その後R237に下り、富良野線の踏切を渡り
反対方向の白金方面へと上り始めました。

b0168647_22232526.jpg

今日は平常運行が出来そうです。(美瑛駅)


十勝岳のふもとまでは行かれないまでも、「青い池」までは行ってみたかったのです。


昭和63年12月に十勝岳が噴火後、北海道開発局は火山災害から美瑛町を守るため、
火山泥流を貯める施設として、早期に工事の完成が可能なコンクリートブロックによる、
えん堤が平成元年6月に着手され、同年の12月に完成、
その結果、ブロックえん堤に水が溜まり、いつの頃からか、「青い池」とよばれるようになりました。

青(碧)い池の中でカラマツなどの木が立ち枯れていている景色が幻想的に見えることから、
カメラマン等から口コミで広がり人気になったスポットです。



3年前にここに来た時は「わけあり」っぽくて、写真とかを公開するのを自粛する雰囲気があったんですよね。
はじめて来た時にわくわくしながら歩いたことを思い出します。


でも今となっては、こんなに立派な標識が出来ました。


b0168647_22233167.jpg

時の流れは変わるものです。


どうどうと!?駐車場にクルマを停めて歩いて2~3分ほど・・・
到着致しました。



b0168647_22233616.jpg


b0168647_22234213.jpg


b0168647_22234814.jpg


b0168647_22235418.jpg


b0168647_2224096.jpg


ちょっと残念でしたが、やはり日差しが良くなかったので水の色はイマイチでした。


まぁ、想い出は美化!?されてしまうのでしょうが
堂々と見学が出来るようになって、失われていったものもあるような気がしました。
当時は「こっそり」行かせて頂いていたという意識もあったので、
知っている人だけが知っていれば良い・・という感じの場所だったのですが。

きっと今では観光バスも入ったりするのでしょうね・・・



そして、7:30の朝食前ギリギリに帰還です。

b0168647_222462.jpg



今日は朝だけで80km走ってしまいました。(汗)


b0168647_939029.jpg

朝食で~す。

b0168647_9391035.jpg

食事をしたリビング

b0168647_9391963.jpg

泊まった部屋から外を見ます。


食事をすませて出かけることとなりました。
予想もしなかった出会いもあり、なかなか楽しく過ごすことが出来ました。

ヘルパーの彼女も今月中で自宅に帰るそうですが、きっとそのうち再会出来るような気がしています。


どうも、お世話になりました。


さて、道内最終日(今日はホントです!?)

いよいよ出発です。
by chage_diary | 2010-08-29 19:30 | 北海道ツーリング | Comments(0)
<< '10 北海道ツーリン... '10 北海道ツーリン... >>