'10 北海道ツーリング その7 (8月22日 4日目 その1)

b0168647_1041927.jpg

知床にて。





見出しのページ  などを作成してみました。


2010.08.22(日)

やはり今日も早起きしてしまいました。
なんと4:30過ぎです。

じゃあ と思い、出撃!?の支度を始めます。


クルマのキーはフロントに預けてしまっているので、
申し訳がなかったのですが、フロントで呼び出しをしてクルマも出してもらいます。

b0168647_10423059.jpg

ロビーにて、深夜の出口がわからずにあたふたしてしまいました。

路面を見ると、結構濡れています。
昨晩はだいぶ雨が降ったみたいですねぇ。
上がっていたのでラッキーでした。

今朝のお出かけの目標は知床峠と五湖方面です。
もっとも、クルマで行かれるのはその2方面しかありませんが・・・

まずは知床峠へと登って行きます。

b0168647_10423774.jpg

まだ山の上は雲の中です。


ここに来ると、いろいろな野生動物が見られるのですが
ことエゾ鹿に関しては「ここは放牧場かっ」というくらい見た記憶があります。

今日もその記憶の通り、たくさんの鹿がいました。

b0168647_10424762.jpg

路上でもこんな感じです。

b0168647_10425648.jpg

近くに行っても逃げません。


そんな鹿などを見つつ、知床峠に到着しました。(まだ5:00過ぎです)
今年の北海道は暑い印象なのですが、さすがに早朝の峠はいい風が吹いていました。
・・・それでも長袖の必要を感じないのです。


斜里町ウトロと羅臼町を結ぶ知床横断道路の頂上、知床連山の尾根筋にあたる標高738mの峠です。
ドライブコースとしても人気が高く、7月下旬でも見ることができる残雪の白が印象的。
さらにここから見る羅臼岳の紅葉がまた見事で、天候が良ければ遠く北方領土国後島も望むことができます。
開通期間は4月下旬から11月上旬までですが、その年の気象状況によって変わることがあります。



b0168647_1043343.jpg

雨は上がっていますが、羅臼岳は見えません。 ざんねんっ・・・

b0168647_1043911.jpg

羅臼方面を見下ろすと・・・

b0168647_10431742.jpg

遙か彼方に・・・

b0168647_1043553.jpg

国後島が見えました。


知 床 旅 情

作詩作曲 森繁久弥 
昭和35年 

1 知床の岬に はまなすの咲く頃
  思い出しておくれ 俺達のことを
  飲んで騒いで 丘に登れば
  遥か国後に 白夜は明ける
  

2 旅の情けか 酔うほどにさまよい
  浜に出てみれば 月は照る波の上
  今宵こそ君を 抱きしめんと
  岩影に寄れば ピリカが笑う


3 別れの日は来た 羅臼の村にも
  君は出て行く 峠を越えて
  忘れちゃ嫌だよ 気まぐれ烏さん
  私を泣かすな 白いカモメよ
  白いカモメよ



リアルな世代ではありませんが、

まさに 遥か国後に 白夜は明ける という絵でした。

もっともこの時代には知床峠はなかったと思いますが・・・




b0168647_1044160.jpg

羅臼岳・・・ 過去にかなりの回数ここに来ていますが、見えたことは2回くらいでしょうか!?

b0168647_1044737.jpg

こちらに下れば羅臼ですが、それは後にします・・・

b0168647_10441458.jpg

ここのバス停は阿寒バスなんですねぇ。


ということで、まずは引き返すことにします。

b0168647_10442039.jpg

ウトロ方面を見下ろし・・・

b0168647_10442577.jpg

まだライト点灯は必須


ず~っと下って来ました。
そのままウトロには戻らず、五湖の方面へと右折します。

b0168647_10443259.jpg

自分のクルマでカムイワッカに行かれる日は、ふたたび来るのでしょうか!?

b0168647_10443886.jpg

岩尾別を見下ろします。

b0168647_10444462.jpg

アップにして雲海(というより霧の名残)を・・・


一度谷に降りてから、再度上り始めます。



ここから先が鹿の密度の濃いエリアだと記憶していたのですが・・・

案の定。

b0168647_10445050.jpg

運転席からフツーに撮っています。


どうやら、路肩の刈り込みから伸びている新芽(この時期にあるのか?を好んで食しているようです。
轢かないように気をつけつつ走りましたが・・・
これじゃあ、ホントに放牧場です。


その先は五湖の入り口で通行止めになっていました。


b0168647_10445680.jpg

こちらはカムイワッカ方面への林道です。


朝食前の散歩はここまでとして、ウトロに戻り始めます。
また、後ほど来るので。

b0168647_1045226.jpg

それにしても緊張感のない鹿・・・

b0168647_1045922.jpg

やはり、立派な角があると威厳がありますね。


プユニ岬まで戻って来ました。

b0168647_10451561.jpg


b0168647_10452250.jpg

これが泊まっている 北こぶし です。

b0168647_10452832.jpg

ここの橋の下には、いつも人(クルマ)が溜まっていますが・・・ 釣りでしょうか??


宿の裏手ですが・・・
ウトロの港に行ってみます。

b0168647_10453559.jpg


b0168647_10454046.jpg

ここの通りが、自分的にはウトロの目抜き通りだったのですが・・・


オロンコ岩(後ろに見えているヤツです)に登ろうか悩みましたが・・・ やめました(汗)


b0168647_10454724.jpg

ゴジラも迎えてくれました。(爆)

b0168647_10455311.jpg

雨上がりでも釣り人は多かったです。

b0168647_1046195.jpg

オロンコ岩をくぐって遊覧船の発着場へ・・・ ここの駐車場は有料みたいです。 まだ早朝なので

b0168647_1046847.jpg


b0168647_104615100.jpg

セグロオオカモメ ・・・でいいのかなぁ。

b0168647_10462043.jpg

遊覧船が停泊(2艘)していました。


ということで、7:00前にホテルに帰還しました。
約50kmの朝のお出かけ終了です。

b0168647_1046261.jpg

朝風呂に入って・・・


食事に向かいます。

b0168647_10463320.jpg

場所は昨晩と同じです。

b0168647_10464010.jpg

朝もバイキングなのですが、欲張ってみました。

b0168647_10464899.jpg

実はこれら以外にも・・・(汗)

b0168647_10465595.jpg

そして食後のコーヒー


食堂の窓が全面ガラスとなっているところがあって、
その外で座れる場所がありました。

・・・なので、そこでコーヒーなどを飲んでみましたが。

b0168647_1047254.jpg

暑かったです(汗)


食後、チェックアウトの準備を済ませロビーへ
今日は距離を走る気もないので、9:00過ぎのゆっくりとしたスタートとなりました。

b0168647_10471083.jpg

他にもチェックアウトのクルマがたくさん居ました。(レンタカーが多いです)


知床グランドホテル北こぶし さん

大型ホテルには大型ホテルなりの面白さがありました。
全行程のうち、1~2回くらいはこういう宿もいいなぁ。 と思うようになりました。


食事も美味しかったですし、風呂もなかなかでした。
また知床に泊まることがあった時には選択肢に入りそうですっ。


b0168647_104719100.jpg

では今日も出発~っ。 5時間くらい前に同じことをしていますがっ・・・
by chage_diary | 2010-08-29 21:00 | 北海道ツーリング | Comments(0)
<< '10 北海道ツーリン... '10 北海道ツーリン... >>