志賀高原・木島平 その1

b0168647_2322663.jpg

志賀高原は寺小屋スキー場の最上部(標高2000m超)です。






2010.01.30(土)~31(日)


ご近所にお住まいのMさんから「木島平のリゾマン」を押さえられましたがどうでしょうか!?
という有り難いお誘いを受けました。

当然乗らない自分ではありません。
そこのリゾマンは最低でも5~6人は寝ることが出来るので、
更にお仲間のTさんとAさんにも声を掛けました。

Tさんはスキーヤーですので、初日は自分と一緒に志賀高原に行くことにしました。
(Aさんはボーダーですので「ヤマボク」 Mさんは連泊ですので木島平に常駐!?ということです)


2010.01.29(金)


現地に早めに到着して、まとまった睡眠を確保したいという理由で
Tさんに23:00頃を目安に自宅に来て頂くことにしました。
自分は残業となってしまったので、帰宅は21:00過ぎ・・・
スタンドに給油に行って風呂に浸かっていたら、もう時間となってしまいました。

・・・それでも、速攻で用意をしてほぼ予定通りの23:00前には出発です。



関越道は東松山IC(ここのところ毎週通っています)から高速道路の人となりました。
高速道路では休憩もせずに、あっという間の信州中野ICです。

b0168647_2335282.jpg

信州中野ICを降りた有料道路のトンネル(22:00~6:00は無料)にて・・・


あまり雪が無い信州だったのですが、さすがに志賀のお山を登っていくと圧雪路になりました。

b0168647_233591.jpg

もうすぐ到着ですっ。


結局、ジャイアントスキー場そばの河原小屋の駐車場には4時間弱の2:30に到着しました。

b0168647_234640.jpg

表はマイナス10度なんですが・・・


到着を祝い!?麦汁(Tさん寄贈の限定品)で乾杯をし、寝支度を調えての就寝となりました。



2010.01.30(土)


就寝中は、外で圧雪車が駐車場の除雪をしていたようで
その音が気になって目が覚めたりはしたものの、7:30くらいまでは横になっていました。

起床後は買ってきたおにぎりで朝ご飯を済ませます。

その後、なんとなくダラダラとしていたので
着替えやなにやらが済んだのは、リフト運行開始の8:30を過ぎた時間になっています。

b0168647_234134.jpg

8:40過ぎ、やっと日が昇って来ました。



ピーカンの大変良いお天気ですっ。


今日はここ、ジャイアントスキー場からいろいろと巡って奥志賀高原まで行って戻って来る予定!?です。

b0168647_170342.jpg

志賀高原のコースマップです。 赤線が乗ったリフト 緑丸が午前 黄丸が午後の部です。
うろ覚えなので、本数は少々怪しいところがあると思います。



まずはジャイアントスキー場を足慣らしを兼ねて滑りました。

b0168647_2345191.jpg

本日の初リフトですっ。 少し上のネットの下は車道となっています

b0168647_2353599.jpg

左側には東館山のオリンピックコースが見えます。

b0168647_2354299.jpg

地元、山ノ内中学のスキー部の方々でしょうか??


リフトを降りました。
いゃ~っ、良い景色ですねぇ。

ここ数日は雪があまり降っていないようですが、標高が高いので良コンディションを維持出来ています。

b0168647_235494.jpg

ジャイアントスキー場を降りますっ。 途中に建っていた建物が無くなっていますが・・・


足慣らし・・・などと云っていますが、ここの斜面は結構キツいんですよね~。
朝イチなので、まだ日が射していないためバーンも硬かったです。
3本(2本?)滑って、西館山へと移動して行きます。

ココでも数本滑ってみました。

b0168647_2355711.jpg

西館のクワットリフトの右(下から)のコースは無圧雪&急でした。


自分は志賀高原に来た時に関しては、一箇所でじっくりと滑っているより
行かれるところをいろいろ巡ってみる・・・という滑り方が好きなので
気に入ったところは何本か滑って「じゃあ、次」という感じで移動して行くパターンとなります。

西館を3本ほど滑ったあとは、高天ケ原スキー場へと流れて行きます。

それにしても空いていますね~。
1月のハイシーズンの週末に、この客の入りで大丈夫なのかと心配になってしまいます。
リフト待ちなどというものもほとんど存在していません。
まぁ、志賀高原はリフト1日券も4800円ですし、来られるクルマも選びます
(今日も登れなくなってレッカーを呼んでいるレンタカーがいました)から
こんなものなのでしょうか??(謎)


高天ケ原のリフトを登りました。

ここは絶景なんですよ。


ちなみにこ~んな感じです。

b0168647_236437.jpg

見えて来ました。


b0168647_2361097.jpg



おお~っ。


北信五岳を一望することが出来ます。
おまけにこのピーカンの天気。
風もあまり吹いていないので、最高のコンディションでした。 !(^^)!


ここも3本ほど滑って、タンネの森を抜けて一ノ瀬スキー場へと流れました。

b0168647_2361852.jpg

一ノ瀬のトップにていちまい・・・


b0168647_23625100.jpg

リフト乗車中・・・


このあたり(一ノ瀬のトップ)になると標高も2000mに近くなるので、樹氷がとてもキレイです。
出発した河原小屋は1300mちょっとですので、600mほど登ってきたことになります。

b0168647_2363257.jpg


b0168647_2363945.jpg



この非日常的な景観が志賀高原の良いところだと思っています。
おまけに天気が良くて視界も開けていますし・・・
(悪天候ですと、マジメに身の危険を考えます)

一ノ瀬も3本ほど滑り、対面になる焼額山方面へと流れます。
(車道を横断する歩道橋を渡ります)

こちらはゴンドラが掛かっているので、焼額山の第一・第二ゴンドラにそれぞれ乗りました。


b0168647_2364680.jpg

これは第一ゴンドラ乗り場です。


焼額山はキライではないのですが、コースの巾が狭い割には人が多いと思うんですよね~。
ゴンドラは効率的には良いのですが、まとまった滑走感が(自分的には)得られがたいので
いつも移動の過程!?となってしまいます。(要はあまりとどまらない)


ここでTさんが足の疲労を訴えかけて来たので、ちょっとだけペースダウンをしながら
目的地!?の奥志賀スキー場へと向かいました。

b0168647_2365394.jpg

ここ(焼額山~奥志賀間)は歩かないと行かれないんです。

b0168647_237061.jpg

Tさんは標高2000mの高地トレでバテバテでした。


奥志賀の上部でTさんとは一時解散!?をして、自分は奥志賀ゴンドラの下部まで降りてみました。
それなりに足には来ているようです。 (^_^;)
まぁ、いい歳をして3時間滑りっ放しですからね・・・


b0168647_237887.jpg

岩菅山を正面に見ます。


奥志賀の下部でTさんと合流をして、昼食にします・・・

・・・と思ってココ(奥志賀高原ホテル)に入ったのですが

b0168647_2371849.jpg


敷居が高すぎました。(大汗)
空気の違いを察知して引き返します。

どうやらちょっと客層が違うようなので、疲労を溜めたままではありますが一ノ瀬方面に戻ることにしました。

奥志賀スキー場の雰囲気は落ち着いていて好きなのですが、
(自分達が)食事をするところではないようです・・・ね。



b0168647_2372525.jpg

ガンバらっしゃい 日本!! OKUSHIGA と書いてありました。
オリンピックイヤーなんですねぇ。



b0168647_2373251.jpg

たまには本人の写真もっ・・・

b0168647_2373870.jpg



ふたたび歩きでの移動をし、焼額山を一気に下りリフトを1本登って
一ノ瀬ダイヤモンドまで戻って来ました。

やっと昼食です。(13:00過ぎ)

b0168647_2374581.jpg

今日はカツカレーにしてみました。


今日初めての休憩です。
ここでの麦汁は欠かせません。



しばらく休んで体力を回復させて、再度Tさんと解散しました。
Tさんはここから高天ケ原経由で帰還・・・
自分は寺小屋から東館山経由で帰還するつもりです。

なので再度車道を渡り、一ノ瀬スキー場を登ってみました。
ここで何本か滑って、裏山!?にあたる寺小屋スキー場へと流れます。


b0168647_2375273.jpg

一ノ瀬スキー場のトップに戻ってまいりました。


b0168647_2375710.jpg

寺小屋スキー場の全容です。


写真の通り、それほどスケールの大きい場所ではないのですが
標高が高い上に北斜面ですので非常に雪質が良かったです。 !(^^)!


午後になって気温がそれなりに上がり、他の場所の雪質が悪くなったからかここに人が集中していました。


b0168647_238451.jpg


b0168647_2384258.jpg


b0168647_2391052.jpg

モンスター 成長中


あまりにコンディションが良かったので楽しくなってしまい、リフトに6本も乗ってしまいました。
(もしかしたら、もう少し乗ったかも・・・)


b0168647_2391622.jpg

白銀の世界・・・って感じです。

b0168647_2392417.jpg

今日滑った中では、ここが最高所だと思います。

b0168647_2393125.jpg

岩菅山も良く見えています。


いゃ~っ、楽しかった。


寺小屋スキー場には何度か訪れていますが、ここまで天気が良かったのは初めてだったと思います。

集合時間を15:00に決めてあったので、後ろ髪を引かれる思いで下りはじめました。

b0168647_2393897.jpg

未練がましく振り返っています。 良かったなぁ・・・


b0168647_2394517.jpg

そしてここからは河原小屋までの標高差600mを一気に下ります。



次のページ>」につづく
by chage_diary | 2010-02-01 12:30 | お出かけ | Comments(4)
Commented by つっちー at 2010-02-04 19:30 x
やっぱ志賀はええね。
Commented by ちゃげ at 2010-02-05 12:16 x
良かったよ。

今回の経路は以前一緒に行っていた頃のコースが軸です。
Commented by yosshy at 2010-02-06 12:11 x
ニアミス何度もしていたようですね
Commented by chage_diary at 2010-02-06 23:00
yosshyさん。

え゛ぇ~っ、そうだったんですか!?
今度はご一緒しましょう。 !(^^)!
<< 雪が降った 志賀高原・木島平 その2 >>