袋田の滝・奥久慈 その2

b0168647_23301417.jpg

福島県 矢祭町 の滝川渓谷にて。






2009.11.15(日)


袋田の滝を後にして、次なる目的地である武生林道へと向かいました。

b0168647_23311726.jpg

再度R461に戻って東へ走ります。


しばらく走って、この十字路を右折しました。

b0168647_23312820.jpg

竜神峡は混んでいると思われるので、今日は行く気がありません。


武生林道はツーリングマップルのお薦め道でもあったので、
去年も走ってみたのですが、なかなかの好印象でした。
・・・なので今年も行ってみることにしていました。

右折をしたあとはR461を南進することになります。
2kmほど走ってから、右に入る道がある交差点を右折しました。


上高倉町の畑中部落から安寺部落までの約7.5kmを走る林道で、400〜500m級の山々の尾根づたいに続いている。
眼前に広がる美しい山々の風景とその間を蛇行して続いていく道は、日光のいろは坂を彷彿させる。
また、山の頂上付近からは、遠く富士山や日光連山などを望むことができる。
水府地区の自然をとことん満喫できるおすすめのドライブルートだ。
春の新緑、秋の紅葉、真っ赤な山々が360°大パノラマ。すばらしい眺めである。
コナラ林、カエデ類など落葉樹が多い。


↑というウリ!?なんです。



b0168647_23313734.jpg

右折してからは、こんな田舎道を走ります。(途中離合が出来ない区間が長いです)


手前から「通行止め!?」という気になる看板が立っていたのですが、構わず走ります。
安寺という集落を過ぎたところで、またこの看板が立っていました。

b0168647_23314585.jpg

結局、通行止めです。(泣)


片道4~5kmくらいで行き止まりだと思っていたので、わかっていながら、ここまで来てしまいました。
行き止まりには立派な現場事務所が建っていて、どう考えても先には行かれません。

ここまでの景色も良いのを知っていたので、確信犯(ダメもと)でここまで入って来たのですが(汗)・・・ 


まぁ、空を飛ぶわけにも行かないのでUターンをして引き返します。


最初から逆側の入り口から行けば??とツッ込まれると、何も言い返せなくなりますのでご勘弁をっ・・・
(去年来た時は、その辺りのR461が竜神峡の影響を受けて混んでいたので近寄りたくなかったんです)

b0168647_233153100.jpg

戻る途中にあった廃屋と柿の木・・・


この間の行き来約30分!?の間に会った動くモノ(ヒト)は
ヤマト(宅急便)のトラックと、そのドライバーさんだけでした。
有名観光地もちょっと離れれば、このような静かな良いところばかりなんですね。


R461に戻って、先程の十字路まで引き返します。
もう、今日の目標!として絶対寄ってみたいところも無かったので、
この後の予定は、なんとなく福島県に触って!?海沿いに向かい、常磐道に乗って帰ろうというアウトラインになりました。


地図で見ると、R349~289・・・などと云うルートが自分的に未踏でいいのかなぁ。


b0168647_2332189.jpg

R349に向かって、県道を走っている途中です

b0168647_2332925.jpg

R349に出ました。

b0168647_2332185.jpg

出たとたんに福島県入りです。 (明神峠というところです)

b0168647_23322619.jpg

R349・・・このあたりはなかなかの快走路でした。


調子に乗って走っていて一度通り過ぎてしまったのですが、
上の写真にある青い標識に、滝川渓谷と書いてあったのが気になって戻ってみました。
なんとなく直感!?的に良さそうだったので道草です。(13:00)


さて、どのようなところなのでしょう??




『滝川渓谷』

阿武隈の秘境「滝川渓谷」は、全長3kmの散策路内に見事な四十八滝が連続する
県内でも珍しい秘境の地で、「福島の遊歩道50選」の第10位にも選ばれております。
渓谷には、美しい滝、巨大な奇岩や天然の老木が茂り、
春の桜・カタクリ、夏の新緑、赤や黄色に彩る秋、また冬には滝の凍結など訪れる人を魅了します。



少なくとも、今朝家を出て行く時点では全く知らないところでした。
入っていくと意外に大きい駐車場がありましたが、なんとクルマが満車に近いのです。
自分はちょうど出て行くクルマがあったので、運良く停められることが出来ました。

上にも書いてあるように、福島の遊歩道50選には選ばれているようですので
ちょっと期待感!?が出て来ました。

渓谷の入り口には仮設テントの売店で特産品を売ったりしていました。
素通りして渓谷に向かうと・・・

別の方向から 「ちょっと、ちょっと」 と呼ばれます。


なんでも、環境保護の協力金として200円がかかるらしいです。
・・・それは予想外でした。

まぁ、ここまで来て引き返すのも何なので払いました。
払っただけの景色は見られるのだろうか・・・などと俗なことを考えながら歩き始めました。


b0168647_23332396.jpg

この地図と同じちらしは、協力金を払った時に頂けました。


滝川渓谷・・・なんでも上まで往復すると3時間ほどかかるらしいのです。
今日は予定外の行動で時間がなかったので、2時間以内にはここに戻ることを目処として上り始めました。


スタートですっ。


はじめは杉林のなかをしばらく歩きました。 すると渓流を渡る橋が出て来ます。

b0168647_23333264.jpg

橋の上から上流側をっ・・・


おおっ、なかなか良い感じの景色じゃないですか!?

ここから先は歩くにつれて、たくさんの滝が現れる筈です。

b0168647_23333846.jpg

橋を渡った時点で振り返ってみました。


まずは一丁目(全部で八丁目まであるらしいです)にある「おぼろ滝」です。

b0168647_23334515.jpg


b0168647_23503974.jpg

おぼろ滝です。 一番瀧とも書いてありました。


ここも袋田の滝と同様、雨の翌日でしたので水量が多いようです。
(ちらしの写真との比較ですが・・・)

b0168647_2333531.jpg

同じ場所で下流側を見ます。


あとは登りでツラかったのと、パンフレットといちいち見比べるのが面倒になって来たので
いいなぁ。と思った景色をいつものように撮ってみました。

滝の名前もいちいちチェックは出来ていませんし・・・
写真撮影のスキルはないのですが、これらの絵でイメージが伝わると自分としては嬉しいです。

b0168647_23335974.jpg


b0168647_2334794.jpg

これは二丁目にかかる橋です。


滝と思われるものは、それこそそこらじゅうにありました。
だから四十八滝なのでしょうが、息をつかせぬ景色の変化にモチベーションも高いままです。

二丁目の橋を渡って対岸に行くと、植生が変わったのでしょうか!?
ちょうどいい感じの紅葉のエリアになりました。

b0168647_23341570.jpg


b0168647_2334244.jpg


b0168647_23343234.jpg



ちょうど時間的にも、日差しの入り方も良かったのでしょうね。


更に登っていきます。


結構な急斜面で階段と坂道が交互にあるのですが、
景色の変化の楽しみの方が大きく、あまり!?疲れを感じていないようです。(ホントかっ)

b0168647_23343963.jpg


b0168647_23344846.jpg


b0168647_23345638.jpg

紅い葉が落ちてしまうと、もう冬です・・・


b0168647_2335263.jpg


b0168647_2335949.jpg


b0168647_23351854.jpg


b0168647_23352417.jpg

光の当たり方がとてもステキでした。


結局、どこまで登るか悩んだのですが、
なんとなく絶景のエリアが一段落した、五丁目の先の東屋で引き返すことにしました。

時間があれば、最後まで行ってみたかったのですが・・・


b0168647_2335326.jpg

ここで少し休んで下り出しました。


同じところを下るので、先の予想!?はつくのですが、
やはり目線が逆になりますので、受ける印象も若干異なって映ります。

b0168647_23353963.jpg


b0168647_23354520.jpg


b0168647_23355346.jpg


b0168647_2336085.jpg


b0168647_2336755.jpg


b0168647_23361418.jpg


b0168647_23362012.jpg



戻って来ました。

結局1時間は過ぎて、2時間近くは散策していたのでしょうか!?


比較の対象ではないのでしょうが、午前中に行った袋田の滝が非常に混雑していたので
環境が対照的に静かなこちらの良さが引き立ちました。

やはり、どんなに有名な名勝であってもタイミングによって受ける印象は変わるのでしょうね。
ちょっと袋田の滝は混みすぎでした。


滝川渓谷 ズバリ 穴場!  です。 


・・・最初にかかった200円の元!?は、充分にとれたと思いました。


b0168647_23362613.jpg

駐車場から峡谷入り口(正面)を見返します。

b0168647_23364114.jpg

この辺りは米の収穫が遅いのでしょうか?? まだ収穫前の田んぼもありました。


滝川渓谷を後にして、先へと進みます。




『R349~289』


このあたりはいわゆる福島県の中通りと浜通りの間なのですが、
ツーリングのルート的対象としては、以前から考えたことがありませんでした。
阿武隈山地を通り抜けるわけですが、有名な観光地!?は
午前中に寄った(茨城県ですが)袋田の滝しか知りません。

ツーリングマップルを見てもこのページはノーマークでしたので、あえて遠回りをして帰ることにしました。


b0168647_23372731.jpg

ず~っと国道(R349)を走っている筈なのですが、田舎道!?が続きます。(矢祭町にて)

b0168647_23373426.jpg

いかにも里山という感じです。(これも矢祭町にて)

b0168647_23374281.jpg

ここも収穫直後だと思います。

b0168647_23375167.jpg

標高を稼ぐと牧場があるようで、牧草を育てているところがありました。

b0168647_23375840.jpg



この時期のこの場所にしては、自分が思っていた以上の数のツーリング中のバイクとすれ違いました。

過ぎ去りし秋の日を楽しんでいるのでしょう・・・

この辺りは雪はそれほど積もらない地域だとは思いますが、
それなりに内陸部ですので、もう少しすると路面も凍結しそうです。


R349からR289へと入りました。
この道は将来的に、太平洋側から日本海側に繋がる予定らしいのですが
いまだに未開通の区間があり、完成はしていません。

その場所が何処かと云いますと、只見(福島)から新潟に抜けるいわゆる八十里越のあたりです。

つい昨年までは、先日通って来た甲子道路も未開通でしたので、
未開通区間は2つから1つになりました。
あと10年くらいすると全線が繋がる予定らしいということです。

なんとも気の長い話です。(開通したとしても冬季閉鎖になりそうな区間です>八十里越)


b0168647_233868.jpg

古い一車線の道と、新しい道(トンネル等)が混在していました。

b0168647_23381421.jpg

途中で休憩をしました。

b0168647_23383354.jpg

バニラ・抹茶のミックスでした。




『帰途へ』

しばらく走り、常磐道にたどり着きました。 いわき勿来ICを入ります。(15:50頃)

b0168647_23394819.jpg

ここを右折です。

b0168647_23395673.jpg

今日は早め!?の帰宅を目指していたので、まだ明るいです。


途中中郷SAに立ち寄り、休憩をします。
(最近はここで良く停まります)

b0168647_2340252.jpg


b0168647_2340171.jpg

そろそろシーズンオフも近い。

b0168647_2340946.jpg

梨が好きなので買ってきました。 ・・・美味しかったです。


この区間を走る分には常磐道は空いていたのですが・・・


b0168647_23402449.jpg

夕暮れも近くなってきました。


ず~っと空いていれば、そのまま常磐道で帰ろうと思っていたのですが
例によって 谷和原~三郷間が渋滞していました。
(水戸ICの手前でも2~3km、流れが滞りました。)


・・・なので。


b0168647_23403153.jpg

北関東道に流れます。


たとえ1000円とはいっても、そのまま渋滞に突入するのはイヤだったので、
北関東道で宇都宮上三川ICに向かい、そこからR4を南下して帰宅しました。

ちょっと遠回りのように思われるでしょうが、
R4が流れるので、時間的にはこちらの方が早いのです。(と思っています)


・・・結局、19:00頃には地元に戻って来ました。

早めの帰宅をして予定通り「大河ドラマ」などを見つつ、一杯飲って一日が終わりました。
明日はまた会社・・・です。 (^_^;)



本日の走行距離 447km
by chage_diary | 2009-11-15 22:20 | お出かけ | Comments(0)
<< 袋田の滝・奥久慈 その1 野田市 清水公園 >>