2017 秋 奥只見 その1

b0168647_23381843.jpg

小出からR352で枝折峠を登っています。紅葉が良い感じになって来ました。






2017.10.28(土)

10/7(土)~8(日)万座の温泉を絡めて出掛けて来た時以来の紅葉散策パート3です。
その翌週・翌々週と天気が悪かったり、芝刈りがあったりと・・・出掛けること(出掛けています)が出来ませんでした。

この週末の天気予報も少々怪しかったのですが、北側は昼過ぎまでもつだろうということで出掛けることにします。

行き先は・・・ちょっと考えてみたのですが。

・すでに今年は日光には行っている

・志賀草津道路は3週間前がすでに旬

ということで、大外(違?)の奥只見まで久しぶりに出掛けてみることにしました。
関東地方から出ないで、雨に降られたらちょっと後悔しそうでしたので・・・


最近はダラダラの出発で、家を出たのは7:00過ぎ
下道利用の上、途中でGSに寄ったり朝飯などを食べているので全然先に進みません。

たぶん関越道の赤城ICを入るのに3時間ちょっとを掛けています(汗)
11:00くらいには入ったように思いますが・・・

b0168647_22465319.jpg

まだかろうじて天気はもっています。

b0168647_22543574.jpg

谷川岳PAでしばしの休憩を、夏休み初日にはここでちょっとしたトラブルがありました。 11:43

b0168647_22545085.jpg

関越トンネルをくぐります。

b0168647_2255101.jpg

あっという間に越後湯沢に到着ですっ。 11:53

b0168647_22551611.jpg

やっぱり高速道路って早いですねぇ。 12:06


目指すは小出ICだったのですが、手前の大和PAに寄ってみます。
高速を降りてもたいそうな食堂を見つける自信がなかったので、PAで昼食をとることにしました。

b0168647_22552353.jpg

昼食は味噌ラーメン(と小カツ丼のセット)でした。 12:24

b0168647_22552854.jpg

GWの時はここで休憩をとって出発した後、フロントガラスを割っています(泣)


高速道路の本線には戻らず、そのままPAから出てしまいました。
もう小出まではたいした距離でも無かったので・・・

b0168647_22553726.jpg

自分的には懐かしいクルマが走っていました。 12:43

b0168647_22554483.jpg

あっという間にR352に入りました。 12:55


今日の目的は奥只見湖ではなく、R352で紅葉を巡ることでしたので
シルバーラインには左折せずに直進します。
すでに13:00でしたので、檜枝岐に着く頃は暗くなっていることも予想されます。(区間80kmちょっと)


b0168647_2255519.jpg

湯ノ谷温泉を通過して枝折峠にさしかかります。 12:59


枝折峠(しおりとうげ)は、新潟県魚沼市にある峠。国道352号上に位置する。

標高1,065m。奥地の銀山平へ向かう峠として中世から往来があったが、現在の国道352号の前身となる道路の開削が行われたのは明治時代末期、自動車通行が可能となったのは更に下り、旧・湯之谷村道として整備が行われた太平洋戦争中である。新潟県道50号小出奥只見線(奥只見シルバーライン)が工事用道路として1950年代中期に開通するまでの間は、極端な狭隘・屈曲路でありながら、奥只見ダム建設の輸送道路としても使われた。かつては舗装もされていなかったが、現在は全線に渡って舗装されている。

現在でも峠の前後の区間は非常に狭隘で、路線バスおよびマイクロバスを除く大型車は通行止となっている。冬期(概ね12月~5月)は積雪等のため全面通行止となる。

なお、二輪車の終日通行禁止規制および普通車の一方通行規制(午前中は魚沼市大湯方面→銀山平方面、午後はその逆方向への一方通行)は、いずれも2006年に解除された。

大湯から銀山平の区間には奥只見シルバーラインが並行しており、こちらはトンネルを経由してバイパスして銀山平方面へ向かっている。シルバーラインは全線対面通行可能で、シーズン中は終日両方向通行できるため、現在はシルバーラインがメインルートとなっている。但し枝折峠には越後駒ヶ岳などの周辺の山岳へ向かう登山口が点在していることや、シルバーラインは二輪車、軽車両および歩行者の通行を禁止しているため、枝折峠を利用する車やバイクも多い。



引用させて頂いちゃいました(汗)
まぁ、季節が合えば紅葉を見るのに最適な道なのです。
以前来た時にたまたますごい好天の時があり、その時に見た越後駒ヶ岳の姿は勇壮でした。
今日はそれほどではないにしても、山容を現してくれています。


b0168647_22584984.jpg

こんなところを登って行きます。

b0168647_22585479.jpg

越後駒ヶ岳・・・見えています。

b0168647_225932.jpg

途中の駐車スペースにて 13:08

b0168647_2301570.jpg



天気が天気だからでしょうか。
クルマの通行量もそれほど多くはありません。
たまにすれ違うクルマもいかにも地元の方から、とんでもないところから来られている人で多彩でした。

b0168647_2302392.jpg


b0168647_2302865.jpg


b0168647_2303540.jpg



曇ってはいながらも、紅葉はなかなかのものだと思います。
今日は正直云ってあまり期待して来ていないので、嬉しい誤算です。


b0168647_2304157.jpg


b0168647_2304875.jpg

どんどん高度を上げています。

b0168647_2305451.jpg

クルマを絡めた写真が多いのは・・・買った年なので勘弁してください(汗)

b0168647_2322921.jpg

そして枝折峠到着ですっ 13:51


しばらく休憩を取りましたが、まだまだ先が長いので進むことにします。
どうせ、そこらじゅうに停まって写真を撮るのは見えていますから・・・


b0168647_23118.jpg

彼方の山(燧ヶ岳??)は冠雪していました。

b0168647_233715.jpg


b0168647_2331399.jpg

どんどん下って銀山平に降りて来ました。 14:11

b0168647_15515590.jpg

たいへん久しぶりですが、地図などを貼ってみました。



国道352号(こくどう352ごう)は、新潟県柏崎市から栃木県河内郡上三川町に至る一般国道である。

新潟県中部から福島県南会津地方を横断し、栃木県へと抜けるルートを採るが、新潟・福島県境を除くと相当部分が他の国道との重複区間となっている。新潟県長岡市内には未開通区間が残る。また新潟・福島県境前後は豪雪地帯であるため、冬期交通不能区間である。

新潟県魚沼市から福島県檜枝岐村までは枝折峠や奥只見湖沿い、そして県境付近で急カーブの連続した1 - 1.5車線程度の断崖絶壁に沿った狭隘な道が続き、俗に言う「酷道」の1つに挙げられている。

奥只見湖畔の屈曲区間は、沢の水が橋もなく道路上を流れる洗い越しが多数存在し、雨量が多くなると通行止めになる。極端に狭くなるところはないが、谷を挟んで湖の対岸に続く同じ国道が見えていながらそこにたどり着くためには、谷に架かる橋もないため、同じような風景が延々続く単調な道を大回りしてゆく他にない。




今どこに居るのかというと、奥只見湖の一番左端です。
なんせ小出から県境までが80km近くあったのではないでしょうか。

ここ銀山平からはひたすら奥只見湖の湖岸に沿って走ります。
洗い越しが出てくるのもここからの区間です。
とにかく、走行距離の割には移動距離が伸びません。
自分は結構いろいろなところを走っているクチだと思いますが、ここの蛇行具合はなかなかのものだと思います。


b0168647_2333593.jpg

道が狭いのはすでに折り込み済みです。


奥只見ダムからこの銀山平までの遊覧船が走っているので
この辺はエリアの中では比較的人の多いところだと思いますが・・・
誰にも会いませんでした。


b0168647_2334218.jpg

天気が良かったらなぁ・・・

b0168647_2335071.jpg

ここから遊覧船を撮っている人は結構いらっしゃるようです。今日はちょっと前に行ってしまいました。

b0168647_233567.jpg

絵的に良い場所だったので、ちょっと停車 14:41

b0168647_23420100.jpg

だんだんと色が深まっていっているような・・・

b0168647_2342763.jpg

絵的に良い場所だったので、ちょっと停車 その2 です。 14:52

b0168647_2344482.jpg

・・・で、この橋を渡ると道は標高を上げて行きます。

クルマを停めて、カメラを持って出てみました。

b0168647_2345092.jpg

14:56

b0168647_2345778.jpg

橋の上から上流方面を・・・

b0168647_23551.jpg

ツーリングの一団が通過して行きました。

b0168647_2351444.jpg

・・・そして、下流を。 そのまんま奥只見湖です。

b0168647_2352242.jpg

尾瀬というのは御池のことを指していると思います。あと34kmかぁ・・・ 15:00


すでに小出から2時間経っています。
このペースで走っていると確実に暗くなるなぁ・・・
by chage_diary | 2017-11-06 23:38 | お出かけ | Comments(0)
<< 自己満足 2017 秋 奥只見 その2 >>