2017 夏 北海道 その2 (8/23 (1日目の2))

b0168647_1904099.jpg

船内ではミニコンサート的な催しがっ。






2017.08.23(水)


新日本海フェリーらべんだあ号は11:45の定刻に新潟港を出港しました。
出航時は甲板に出て旅立ちのひとときを楽しみましたが、もうお昼を過ぎているので食事を食べることにします。

これまでフェリーに乗る時は以前から雑魚寝部屋(二等客室)しか利用をしたことが無かったのですが
今回はその大部屋が無くなってしまったので、(一番安い)2段ベッドの相部屋にしました。


b0168647_2243041.jpg

こちらがエントランスから船室に行く廊下です。

b0168647_22435740.jpg

ツーリストAというランク(2段ベッドの相部屋)の船室です。

b0168647_2244412.jpg

この部屋(廊下)の両側がベットになっています。

b0168647_22432360.jpg

こんな感じです。(ロールカーテンが付いています)


いいかげん長い間大部屋に乗っていたので、それに慣れてしまっていたのですが、
これも時代の流れでしょうか!?
知らない人とその場で仲良くなって、酒盛り・・・
なんていうのは、もうこれからの時代には無いのかも知れません。


b0168647_22441479.jpg


らべんだあ号に関しては こちらのサイト が非常に詳しいので
興味のある方は見られてみてください。


ということで、朝新潟駅で買ってきた駅弁を持って彷徨います。

b0168647_22444538.jpg

船首が見えるサロンがありました。 12:10


こちらで食事をとろうかと思ったのですが、あとで飲食禁止だということに気づいてそそくさと移動をしました。


b0168647_22451149.jpg


b0168647_22451739.jpg

かきめしと・・・

b0168647_22452387.jpg


b0168647_22453240.jpg

サーモンいくら弁当


・・・で行ってみました。


美味しかったです。


b0168647_22453923.jpg


食事をとったあとはほろ酔い加減で風呂に入ります。
なんと新造船には露天風呂があったりします(驚)

夏の日本海は揺れもそれほどでは無いので、のんびり浸かってみました。



う~ん、幸せです。




自分、基本的には落ち着きの無い性格で
1か所に留まっていられない性分なのですが、このようにどうしようも無い空間にいると
それはそれで何かの開き直りが生じるのか、その範囲の中で楽しもうと考えるようです。
乗っているのが1日だからなのでしょうが、たまに乗るフェリーは結構快適です。
仮に豪華客船だったとしても、船の上に100日とかはいられないキャラだと思います。

b0168647_22454670.jpg

焼きたてのメロンパンだそうです。買って来ました。 15:25


くしくも今日は高校野球の決勝戦などが催されていて、ロビーのモニターに多くの方々が釘付けになっていたのですが
16:00からミニコンサートが催されるとのことで、ステージのセッティングが始まりました。
キライじゃない自分はどんなのを演るのか興味しんしんです。

b0168647_2246813.jpg

始まりました。ピアノとピアニカとチェロのユニットです。


なんでも地元!?のN大学の音楽専攻の学生さんだそうです。
管楽器しか吹けない人間からすると鍵盤と弦楽器というのは別世界のものに写ります。

b0168647_22463568.jpg

弦楽器・・・それもチェロの生演奏なんて、なかなか接することはないですもんね。

最近オーケストラを聴きに行った記憶がないので久しぶりです。


b0168647_22464186.jpg

ピアニカを吹いて(弾いて)いた方はピアノも・・・


なかなか楽しい演目でした。
やっぱり生演奏は緊張感が伝わってきて良いものです。


b0168647_22464911.jpg

本番終了後も試合を観戦し続けていました。

b0168647_2255487.jpg

16:30過ぎ そんな中、夏の甲子園埼玉県代表が初の優勝!


そこそこ強いと思っていた地元である埼玉県が初優勝だとは思いませんでした。
野球の試合が終わった後はもう一度風呂に・・・
露天風呂の正面が男鹿半島だったからか、近くなった陸地を眺めつつゆっくりしていました。


b0168647_22474230.jpg

うっすらと日が射していました。

b0168647_2248660.jpg

18:00 男鹿半島沖を過ぎ、そろそろ青森県の沖に入りました。


18:30頃が夕日の時刻とのことなので、期待は出来ないと思いつつも甲板に出てみました。
まぁ・・・ご覧の通りなのですが。

b0168647_22494314.jpg


b0168647_22494977.jpg


b0168647_22495543.jpg


b0168647_2250156.jpg


b0168647_2250917.jpg


b0168647_2250151.jpg


b0168647_22502262.jpg

18:30頃

まぁ、残念ですがしょうがないです。


夕日鑑賞!?が終わったので、そのままベッドには戻らず夕食に行きます。
このように書いていて思ったのですが、結局ほとんどの時間は辺りをふらふらしていたようです。
今回は「前日の晩はそれなりに寝た(2+3時間)」ので、意外と大丈夫だったのかも知れません。
事実、昼寝は1~2時間だったでしょうか!?


b0168647_22505088.jpg


b0168647_22512197.jpg

こちらが売店です。寄港地(北海道・秋田・新潟他)の名産品が売られていました。


レストランはバイキング形式でした。
以前よりちょっと狭く・・・そして品数が減ったような気がします。

b0168647_22511444.jpg


b0168647_22505651.jpg

チキンのチーズ焼きと肉じゃががおかずです。 18:48


どうもごちそうさまでした。
お味は結構なものでした。

このフェリーには他にもラウンジがあって、予約でコース料理が食べられるようです。
たまには個室で予約の料理というのも有りと思ったのですが、
交通費は確実に上がるので考えどころですね。 19:15


夕食を食べた後はやっぱり風呂に入って、ふらふらしたり・・・だったと思うのですが

あまり覚えていないということは、ぼちぼち早く寝てしまったようです。(21:00~22:00くらい?)



2017.08.24(木)

さすがに早めのお目覚めです。
基本的には気持ちが盛り上がっているので、寝起きは良好です。


b0168647_22513912.jpg

まだ人もまばらなロビーです。ここのソファで寝ている人もいたりして・・・ 3:55

b0168647_22515857.jpg

窓の外を見ると小樽港に近づいています。 4:00


イェーイ!



しばらくして車両甲板が開放されました。
一番下の階なので、寝起きで階段を下りクルマに戻ります。

b0168647_22521379.jpg

エアコンは内気循環にしないと・・・(汗)


小樽港に到着してから、しばらく経った後下方甲板のクルマも動き始めました。


b0168647_22522050.jpg

出発で~す。 4:47


新日本海フェリーらべんだあ号 11:45~翌朝4:30の船旅が終わりました。
久しぶりで楽しかったです。


そしていよいよ 北海道に上陸です。

by chage_diary | 2017-10-15 18:10 | お出かけ | Comments(2)
Commented by PIAA at 2017-11-12 17:16 x
流石新造船、露天風呂もあるんですね
以前後部デッキに2~3人が入れるジャグジーは見たことあるんですが
露天風呂につかりながら夕日が見れたら最高ですね
あ~ぁ、北海道に行きたい
Commented by chage_diary at 2017-11-13 22:05
そうなんですよ。なんと露天風呂がありました。
恩恵に預かり何度か入らせて頂きました。
露天風呂からは男鹿半島が見えました・・・ということは
残念ながら夕日は逆だったりして(汗)
でも良かったですよ。
<< 2017 夏 北海道 その1 ... 2017 夏 北海道 その3 ... >>