2017 夏 蔵王 その3

b0168647_857109.jpg

蔵王山中のドッコ沼というところです。ちょっと時間があったので登ってみました。






2017.07.15(土)


b0168647_2343559.jpg

山形市街で冷しらーめんを食べて、しばらく散策!?をした後、蔵王温泉へと戻ります。

b0168647_23431210.jpg



蔵王は山の上とは云っても、山形市内ですから
それほどの時間を費やさずに戻って来てしまいました。
14:00を少し回ったところですが、チェックインをするにはちょっと早い気がしたので
ちょっとふらふらしてみます。

午前中、こちらに向けて走っている時に気になる道を見つけていました。
蔵王林道・・・三五郎小屋方面・・・
などという標識がありました。


b0168647_1972527.jpg

写真は借用ですが、ここが入り口です。


たぶんここからゲレンデの上部に登れそうな気がしたので入ってみました。


b0168647_23431824.jpg

センターラインの無い、離合するには速度を落とさなければならない道が続きます。

b0168647_23432665.jpg

登り切ったところがパラダイスゲレンデというところだそうです。


夏のゲレンデって、なんとなく好きなのです。
当然冬も好きですが・・・
以前蔵王で滑った時の記憶で云えば、もうひと山登るとモンスターで有名な樹氷原だったと思います。
あの時は寒かった・・・


正直云って、登ったところに何があるのか知らないで入って来ましたので
どこまで行って引き返そうか・・・などと考えつつ走っています。
パラダイスゲレンデを過ぎてしばらく下ると、三五郎小屋までやって来ました。


b0168647_192064.jpg

前で停まりました。


自分は泊まったことがありませんが、大昔に弊社社員で滑りに来た時
ここに泊まったと聞いたことがあるので、ちょっと興味がありました。
立派なログハウスです。


b0168647_23433362.jpg

そして、その先を少し下ってドッコ沼に到着しました。 14:46


クルマで2~30分登って来ましたが、スキーシーズンでしたらここまでゴンドラ一本!?なんですよね。
そういう意味では山奥のようで、山奥じゃないような不思議な場所だと思います。


金剛杵の独鈷(とっこ・両端のとがった金属製の仏具)と似ていることから独鈷沼といわれるようになったと伝えられている。周囲約350m、平均水深2m、沼底から湧き出る水は枯れることはない。山形市の水瓶ともいうべき源泉でもあり、沼畔にひっそりとたたずむ「水神様」は水と竜神の伝説とあいまって、先人達の水に感謝する思いを彷彿とさせる。

透き通ったエメラルドグリーンのドッコ沼。なぜこの色になっているのかはわかっていません。



今朝のお釜ほどではないにしても、標高もそこそこありますので涼しいです。
さっきの山形市街は何だったのか・・・という感じです。


b0168647_23435642.jpg


b0168647_2344428.jpg


b0168647_2344117.jpg

トンボ・・・


ここで地元の方としばらくの間、世間話などをしていました。
なんだかんだと、いろいろ話したなぁ。


さて、そろそろ温泉の気分になって来たので下ることにしましょう。


b0168647_23441770.jpg


b0168647_23442485.jpg


b0168647_23443247.jpg

パラダイスゲレンデの真ん中にて 15:10 


b0168647_23444753.jpg


b0168647_23445570.jpg

下りながら蔵王の温泉街を撮ってみました。

b0168647_2345248.jpg

宿の駐車場に到着です。今日は学校があるのですね。

b0168647_23451034.jpg

市内でガソリンを入れてからこれだけしか走っていませんが・・・ 15:30


もう今日はクルマを運転しません (笑)



そして今宵の宿でする、高砂屋さんにチェックインです。
某旅行系サイトでめちゃくちゃ評価が高かったので、ここにしてみました。

b0168647_23452928.jpg

料理・・・期待しちゃいますよっ。

b0168647_23453671.jpg

部屋はこちらです。


部屋に入った時はめっちゃ暑かったのですが、ここ蔵王ではホントに暑いというのは年間7日もないそうです。
「大当たり」
というわけではないのですが、とりあえずエアコンが無かったので厳しいと思いきや・・・
部屋に窓が2つあって風の通りも良かったこともあって、扇風機で事足りるようになりました。

とりあえず、汗を流したくなって温泉街上部にある露天風呂にクルマで送ってもらいます。


b0168647_23454466.jpg

歩こうと思えば歩けない距離ではありませんが、今はとてもそんな気にはなれません。 16:00


蔵王温泉はスキー場でも有名な大きな温泉地である。蔵王連峰の西斜面にある高地(標高900m)の温泉である。湯量が豊富で、温泉街のあちこちからお湯が出る。

蔵王温泉大露天風呂は、それまで蔵王になかった立ち寄り露天風呂で、1987年に作られた。温泉街の一番高い所にあって、スキーゲレンデのすぐ近くである。狭い渓流にそって露天風呂を作っている。渓流にかかる橋から露天風呂を眺めることができる。




b0168647_2346312.jpg


b0168647_23461025.jpg


b0168647_23462057.jpg


b0168647_23462859.jpg

こんな感じで門から下って行きます。


b0168647_23463793.jpg

写真は借用ですっ(汗)

b0168647_2346458.jpg


気持ちの良い湯に浸かることが出来ました。


戻ってからは温泉街を散策することにします。
by chage_diary | 2017-07-17 08:30 | お出かけ | Comments(0)
<< 2017 夏 蔵王 その2 2017 夏 蔵王 その4 >>