STI Performanceパッケージ (相当)

b0168647_20412727.jpg

納車されてから早いもので4か月が過ぎました。






2017.06.24(土)


はじめは全く装着する気のなかったレヴォーグの空力パーツなのですが・・・

ダメですねぇ。性格的に一度気持ちがそちらに向いてしまうと見続けてしまうのです。
棒茄子!?の時期も近いので・・・ついつい行ってしまいました(汗)


1か月ほど前に 差し色 を入れましたが
まさにそれが今回の空力パーツを導入する伏線となりました。
(きっと頭の中の奥底には、この展開!?があったのだと思います。)



SUBARUを知り尽くす、STIならではのトータルパッケージ

SUBARUのシャシーに対する長年のノウハウを注入し、高い評価をいただいている「フレキシブルタワーバー」。
STIでは、SUBARUのポテンシャルをさらに引き出し、走る歓びを高めるパッケージとして「STI Performanceパッケージ」を開発しました。
固めるところは固め、いなすところはいなす。
これによりタイヤの接地性を高め、ステアリングの応答性を向上させることで、
STIが目指している「強靭でしなやかな走り」を感じていただくことができます。


「道路」を走るための最高のバランス

路面のギャップやμの低さなど、一般の道路を走るためにはさまざまな状況を想定し、バランスに優れたチューニングが求められます。
剛性を高めつつ路面からの余分な力をいなす「フロントフレキシブルタワーバー」と「フレキシブルロアアームバー(フォレスター除く)」、
フロントクロスメンバー部の剛性を更に高める「サポートフロントキット」の組み合わせにより、乗り心地とハンドリングの高度なバランスを実現します。
「STI Performanceパッケージ」。
それは、ふだんの道で、最高の走りを愉しんでいただくための最良の選択です。




↑↑ 勝手に引用した上でよくよく読んでみると、この説明文はボディ補強系!?のパーツに対するもので、
今回装着した空力パーツは ↓↓のスタイルパッケージに属するもののようです。

ボディ補強系 と 空力パーツ が合わさったもののことを総称して
STI Performanceパッケージ と呼んでいるようです。


STI スタイルパッケージ (STI Sport)

商品番号: P0017VA461

「フロントアンダースポイラー」、「サイドアンダースポイラー」、「リヤサイドアンダースポイラー」、「リヤアンダースポイラー」をセットにしたお得なパッケージです。 フロントからリヤにかけて空気の流れを整流して前後の空力バランスを最適化するエアロパーツです。全体のデザインに一連の流れを生み、一体感を演出します。

※ STI Sport専用。




納車時に同時装着をせずに、時間差で装着したものですから
コンプリート!?のバッチは頂けませんでした。

・・・ですので 相当 ということにしておきます。


まぁ、いいか。




b0168647_2128223.jpg

ディーラーから受け取って来て、近所の公園に写真を撮りに行きました。

たまにはスマホじゃなくって、一眼レフなどで撮ってみました。
こういうシーンって、前のクルマではほとんど無かったかも・・・




フロントアンダースポイラー STI Sport

商品番号: SG517VA020

フロントバンパー下部に装着する樹脂製の空力制御パーツです。高速走行時にフロント部に受ける空気の流れを整え、マイナスリフトを発生させることでフロントタイヤの接地性を向上させます。フロントバンパーとの一体感のある形状は、風洞実験を繰り返して性能を検証し、デザインと性能の両立を図っています。 半艶ブラック塗装。STIロゴ入りエンプレム付。別売のスカートリップを装着することでより整流効果を高めるとともに、路面への接触からフロントアンダースポイラーを保護します。

※ フロントアンダースカートと共着不可
※ フロントアンダースポイラーを装着することで、標準のバンパーより約30mm下がります。
※ STI Sport専用。




スカートリップ(チェリーレッド)

商品番号: ST96020ST010 チェリーレッド

フロントアンダースポイラー装着車用。
フロントアンダースポイラー下面の先端に装着し、Clf・Cd 低減効果と共にプロテクター機能とドレスアップ機能も兼ね備えています。

※ STIフロントアンダースポイラーとの共着が必須です。
※ フロントアンダースポイラー装着に対し、フロントバンパー中央部付近の地上高は更に約20mm下がります。



赤い差し色とスカートリップとのマッチングがステキです。
基本赤好きですので・・・



b0168647_21281783.jpg

ディーラーさん、ホイールも丁寧に洗ってくれました。

b0168647_21282412.jpg

このラインがいい・・・


リヤサイドアンダースポイラー

商品番号: SG517VA500

フロントからリヤにかけて空気の流れを整流して前後の空力バランスを最適化するエアロパーツ。外観上では「フロントアンダースポイラー」、「サイドアンダースポイラー」と共着することで、全体のデザインに一連の流れを生み、一体感を演出します。

※ エアロスプラッシュ、リヤバンパーガードと共着不可
※ 本製品の取付けにより、地上高が最大約13mm下がります。




サイドアンダースポイラー

商品番号: SG517VA110

フロントからボディサイドを流れる空気を整流し、走行安定性を高める空力パーツです。ボディ下面に流れ込み車体を押し上げようとする空気を後方に流す役割を果たします。 別売りの「フロントアンダースポイラー」「サイドアンダースポイラー」と共着することを前提にデザインしており、同時装着することで最適なパフォーマンスを発揮します。

※ エアロスプラッシュ、サイドストレーキと共着不可
※ 地上高が最大約15mm下がります。
※ 雪、轍の中の走行や降車時に足を掛けたりすると、傷付き、変形、脱落の原因となりますので、充分ご注意下さい。



b0168647_2128313.jpg

ついでに真後ろから・・・



リヤアンダースポイラー

商品番号: SG517VA360

フロントからリヤにかけて空気の流れを整流して前後の空力バランスを最適化するエアロパーツです。外観上では「フロントアンダースポイラー」、「サイドアンダースポイラー」と共着することで、全体のデザインに一連の流れを生み、一体感を演出します。

※ 最低地上高が変わります。




前に乗っていたアウトバックからすると、気軽にダート道に入って行くことの出来ないクルマになってしまいました (汗)



b0168647_21283893.jpg

先週貼った イニシャルエンブレム (違)

b0168647_21284465.jpg

こちらは最初から・・・


意味もなく一眼レフでぼかすと、なんとなくそれっぽく見えるのが笑えます。


b0168647_21285253.jpg


b0168647_21285861.jpg

卸したてなのでキレイですが、きっとそこらじゅうで擦るのでしょう・・・



b0168647_2129547.jpg

シルバーのバッチが良い感じ・・・コレにだまされて!?お布施をしている自分みたいな大人がたくさんいるのでしょうね (汗)

b0168647_21291188.jpg

リアはスキマが狭くて掃除しにくそうなので考えます (謎)

b0168647_21291826.jpg


b0168647_21292414.jpg


b0168647_21293178.jpg



う~ん、良いな。

・・・とついつい自画自賛しています (大汗)


b0168647_21294218.jpg


b0168647_21294982.jpg


b0168647_21295752.jpg


b0168647_225172.jpg


まぁ、オーナーとクルマのギャップが激しくなったということですね。(^_^;)


b0168647_2130490.jpg


b0168647_21301192.jpg


b0168647_21301850.jpg


b0168647_21302573.jpg


ついで!?に内装の写真も・・・ このボルドーっぽい色は気に入っています。



b0168647_21303578.jpg



b0168647_21304461.jpg


う~ん・・・略


暗くなってから、場所を変えて撮ってみました。

b0168647_21305348.jpg


b0168647_2131193.jpg


b0168647_21311142.jpg


b0168647_21311916.jpg



これで更に乗ることに対するモチベーションが上がったかもです。
by chage_diary | 2017-06-24 20:41 | レヴォーグ | Comments(0)
<< プロトタイプさん(北春日部) 貼りモノの日 >>