Etymotic Research ER-4S

b0168647_2332860.jpg

もうとっくに新型が出ていますが・・・






2017.06.09(金)


世間では変態系!?と思われているイヤフォンをゲットしました。Etymotic Research というメーカーのER-4Sってヤツです。写真の赤青のところが黒いのは以前から持っています。(似たのを入れると2つ>ER-4PTも・・・汗) ちなみに赤青のヤツはかなり前に廃盤です。たまたま中古で出てきたので衝動買いしちゃいました。

b0168647_2351132.jpg




エティモティック・リサーチ(英: Etymotic Research)は補聴器及びヘッドフォンの設計・製造を行っているアメリカ合衆国の企業。

1983年にイリノイ州エルクグローブヴィレッジで創業された。

社名の「Etymotic(エティモティック)」(より正確には「et-im-OH-tik」)は、「耳に忠実ということ。」と言う意味である。聴力技術に関する特許を89個持ち、その技術力を大学研究室との研究に生かしている。

ヘッドフォンに関しては、カナル型、バランスド・アーマチュア(BA)型のインナーイヤーヘッドフォンを主力としている。



ER-4シリーズ  プロフェッショナル向けシリーズである。

ER-4S   ER-4系では最もスタンダードな製品。ソースを非常に忠実に再現する性格のため、モニターとして使用される事が多いが、一般的な鑑賞用途にも十二分に対応する。

ER-4P   ポータブル機器で十分な駆動を行うためにインピーダンスを抑えたモデルである。結果としてノイズが乗りやすくなるが、容易に大きな音量を得ることが可能。ER-4S(B)と比較すると、低域部を増大(12dB)させる調整が施されている。




かなり前ってのがいつ頃か調べてみました。

テーマ:新製品キタ━(゚∀゚)━! 2008-04-30 09:51:47

ER-4Sがブラックモデルに変更

この青(左耳用)と赤(右耳用)の、業務用の機械チックなデザインが妙に渋くて、マニア心をくすぐりまくっていたんですが、とうとうこの赤青デザインは終了となってしまいました。しょぼん(すべてブラックモデルに変更です。※変更はボディ色だけ)

ER4Sがボディ色の仕様変更となり、BLACKバージョンとして生まれ変わります。 弊社では型式ER4S-Bと言う型番にて、販売する予定です。(⇒ブラックモデル入荷は、5月中旬頃を予定していますグッド!)



という記事が e☆イヤホン さんのブログに載っていたので、すでに9年ほど経っているようです。
9年落ちのイヤフォンを買うなんて・・・(汗)


こんなサイトもありました。

新旧ER-4S比べ



三角キノコと云われているイヤピースは耳のかなり奥まで入るので慣れないと違和感があります。やっぱり変態系!?です。でも音はしごくまっとうでフラットかつ繊細な音を出します。世間じゃ「エティ耳」って言葉があるようで、中毒性も兼ね備えているようです。


b0168647_2352675.jpg

箱に写っているプレーヤーが歴史を感じさせます。


自分は(金管楽器の)ベースを吹いているクセに(聴く分には)高音がキラキラ・さらっとしている音楽が好きなのでたいへん重宝しています。赤青の難点は見た目がキカイダーになることだそうです。


b0168647_2393383.jpg

ご開帳時・・・ ちょっとタバコ臭い。


b0168647_23101495.jpg

結果的!?に保守パーツも同時に購入。(イヤフォン購入前に注文済でした)
by chage_diary | 2017-06-09 23:05 | 音楽(ヘッドホン) | Comments(0)
<< 県内ふらふら その3 水郷 その1 佐原あやめパーク >>