東北地方温泉行脚 その12

b0168647_23475633.jpg

玉川温泉にて






2016.09.06(火)

乳頭温泉 鶴の湯 をあとにしました。
非常に濃厚な一晩をすごすことが出来、名残を惜しみながら立ち去るわけですが
今年の夏休みは 温泉行脚 ですので、今日もまだまだ続きます(汗)


b0168647_21283137.jpg

鶴の湯までは一本道でしたので同じ道を下って行きます。 9:00

b0168647_21284795.jpg


b0168647_21285576.jpg

また来ますっ。 9:06

b0168647_21332546.jpg


b0168647_21333225.jpg

山雲がすごいですっ。 途中田沢湖も遠くに見られることが出来ました。

b0168647_21333935.jpg

R341との交差点まで下って来ました。結構時間が掛かっています。 9:22



今日の予定がどのようになっているのかと云うと、このまま北上をして青森県の日本海側の温泉に投宿!です。
移動経路・途中での立ち寄り場所等・・・何の予定も立てていません。
まぁ、相変わらずなのですが、今日の天気等とも相談しつつ移動をしようと思います。

まずはR341を右折しました。



b0168647_2134130.jpg

R341は結構な山中を走っています。あまり人家もないのではないでしょうか??

b0168647_2134830.jpg

なかなか激しい形のスノーシェルターが出現して来ました。

b0168647_21341498.jpg

せっかくなので玉川温泉に寄ってみます。 10:01


玉川温泉(たまがわおんせん)は、秋田県仙北市(旧国出羽国、明治以降は羽後国)にある温泉。

「大噴」(おおぶけ)と呼ばれる湧出口から、塩酸を主成分とするpH1.05(日本で一番pHの数値が低い)の
強酸性泉が毎分8,400リットル湧出する。
単一の湧出口からの湧出量としては日本一を誇る。大噴の下流側には湯の花を採取する樋が設置されている。



以前はじめて来た時は、いろいろな意味でびっくりしました。
上記の大噴の迫力や・・・岩盤浴場、そして○○地獄と呼ばれるような硫黄の噴出している場所等々

駐車場協力金的な100円を払ってクルマを停めて、歩いて行きます。

b0168647_2134331.jpg

こちらが玉川温泉です。(宿泊出来ます)

b0168647_21344068.jpg

宿正面にある遊歩道的な道を歩いて行きます。わき上がる水蒸気がすごいです。

b0168647_21344625.jpg

遊歩道から見て右の流れです。

b0168647_21345253.jpg

すっ、凄い色をしています。 >湯の花を採取する樋

b0168647_21345938.jpg


b0168647_2135633.jpg


b0168647_2135139.jpg

更に歩いて行きます。う~ん。

b0168647_21352160.jpg

・・・で、こちらが「大噴」(おおぶけ) すごい迫力ですっ。 >毎分8,400リットル

b0168647_21352777.jpg


b0168647_21353449.jpg

こちらが岩盤浴場・・・一縷の望みをつなぎに来てらっしゃる方もいるので、観光地的な場所ではないかと思います。


秋田・岩手の県境にまたがる八幡平(火山)の秋田側に位置し、山中の一軒宿だったが、
多様な泉質と豊富な湯量と効能から、本格的湯治場として人気が高く、長期で滞在する湯治客も多い。
温泉地には地熱の高い地獄地帯が存在し、当地と台湾の北投温泉にだけ存在する北投石(ほくとうせき)は
しばしばマスコミにも報道される。多くの人がゴザを引いて岩盤浴を行う光景が見られる。



遊歩道でひとまわり出来るようになっているので、その道に沿って歩いて行きます。
いまにも雨が降り出しそうな、曇り空だったのですが
なんとか持ちこたえてくれています。

ラッキーでした。

b0168647_2135424.jpg

・・・またこちらが凄い黄色なんです。

b0168647_21355057.jpg

熱いので気をつけないと・・・ 10:30

b0168647_2137513.jpg


b0168647_21375810.jpg


b0168647_2138537.jpg


b0168647_21381124.jpg


b0168647_21381715.jpg


b0168647_2138236.jpg


b0168647_21383048.jpg


b0168647_2138363.jpg



なんとも凄いところです。
今日はたまたま平日&曇り空だったからか、人も少なかったですが
以前来た時はもっと混み合っていました。

もし身体の為に何かを・・・という方はゴザと(日除けの)タオルなどを持参すると良いかもしれません。


b0168647_21384244.jpg

R341に戻ってひと山越えて、下ってまいりました。 11:13


せっかくアスピーテライン(八幡平に向かう道)があるので、右折してみます。
ただ、この天気ですから・・・
(自分はここ八幡平との天候的相性がイマイチのようなのです・・・)

b0168647_2139558.jpg

最初のうちは良かったのですが・・・

b0168647_21391210.jpg

標高を稼いで八幡平に着くと・・・こんなです 11:34

b0168647_21392838.jpg

出来れば山頂に登ってみたいという希望はあったのですが、クルマから出ることもせずに退散しました(泣)

b0168647_21393589.jpg

小一時間を要して戻ってまいりました。 11:53

b0168647_21411322.jpg

R341からR282に入り、鹿角に下って給油をし・・・ 12:08

日本海側に向かうべく、進路を西方向にとります。

b0168647_21413918.jpg

基本的にはR103で比内方面へ・・・ 12:48

b0168647_21483213.jpg


b0168647_2142013.jpg

大館(旧比内町近辺)の梅正屋さんにて昼食を・・・またラーメン食べていますがっ 13:05


レモンちゃん という名前の鉄鍋塩ラーメンでした。
見た目ほどこってりはしていません。 ご馳走様でしたっ。


b0168647_21422384.jpg

13:29

b0168647_21424654.jpg

食後R7に向かいました。 13:31


いゃあ、ここから先R7を走る途中、能代の手前までは眠かったです。
やはり幹線道路は飽きてしまう人のようです。
実際我慢が出来なくなり、路肩に停車して仮眠すること十数分(これで結構復活します)

そうこうしつつ、確実に西には進んでいて
能代をショートカットしつつ、海沿いを走るR101にたどり着きました。


b0168647_2143754.jpg

R101にて 鰺ヶ沢とかいう地名が出てくると、次は青森という気になって来ました。

b0168647_21433151.jpg

道の駅みねはまでちょっと休憩 14:40

b0168647_21503998.jpg

今日も甘いものを・・・

b0168647_21435145.jpg

北上するうちに雨も上がり、少しづつ青空も見えて来ました。 14:58


さて、今日も後半戦!?ですっ。


b0168647_12264532.jpg

by chage_diary | 2016-09-13 22:00 | お出かけ | Comments(0)
<< 東北地方温泉行脚 その11 東北地方温泉行脚 その13 >>