東北地方温泉行脚 その5

b0168647_21152863.jpg

今のところ庄内地方に来たら必ず寄っている、酒田の山居倉庫です。たたずまいが良いです。






2016.09.04(日)


羽黒山をあとにします。
もうお昼もまわっていますが、体力を消耗した直後なので
まだ積極的に何かを食べたいという気にはなっていません。
なので、酒田の街に行ってみることにしましょう。


b0168647_2237477.jpg

大鳥居をくぐります。

b0168647_22375663.jpg

右奥に見えているのは・・・

b0168647_2238442.jpg

鳥海山です。ホントは登ってみようと思っていたのですが、今日はタイムオーバーです。

b0168647_22381388.jpg

酒田の街中からも望むことが出来ました。

b0168647_22382281.jpg

名車ですねぇ。日本の国民車パブリカです。

b0168647_22383035.jpg

やって来たのはこちら。 満月ですっ。 13:50



酒田ラーメン(さかたラーメン)とは、山形県酒田市を中心とする庄内地方北部で供されているラーメンである。
豚骨、鶏がら、煮干、昆布を出汁に使用し、自家製麺比率が非常に高い。
具は、チャーシュー、メンマ、ネギが基本であり、透きとおった醤油味のスープであることが特徴。
また、生地が極薄のワンタンが入ったワンタンメンや、そのほか各店のオリジナリティーのある味が人気である。

酒田でワンタンメンと言えば「満月」というほど。お客さんの8~9割が注文する。
新聞も透けて見える程の薄さはまさに名人芸。



特にクチコミとかそういうもので見つけたわけでは無いのですが・・・
webで検索をかけたところ上位に来たので、行ってみたのが一昨年の暮れのことでした。

その時に来た時は激混みだったのですが、今日はなんと待ち無しで入ることが出来ました。
一応日曜日なのですが、14:00近いですからね~。


b0168647_2239424.jpg

ここのウリはワンタンメンだそうです。

b0168647_22391455.jpg

・・・でも、今日は暑かったからこちらにも惹かれます。


結局・・・

b0168647_22392313.jpg

ひとりはワンタンメン

b0168647_22393128.jpg

自分は冷しワンタンメンにしました。氷が浮いています。

東北地方の中でも山形県は麺類のバリエーションが豊富だと思います。
冷しラーメンがある土地ですから、ワンタンメンにも・・・なのは当然の成り行きなのでしょう。


美味しかった。

どうもご馳走様でした。

・・・ちなみに昨日も朝ラー(メン)で始まっているような気もしますが(汗)


b0168647_22394187.jpg

冷しワンタンメン 幟までありました。

b0168647_2239501.jpg

駐車場の前です。


そして満月さんからほどない距離のところにある山居倉庫に行ってみます。

b0168647_224014.jpg

すぐに到着っ 14:30

b0168647_22402352.jpg

この風景は何度観てもいいなぁ・・・と思います。 盛夏に訪れたのは久しぶりかも。


米どころ庄内のシンボル山居倉庫。 明治26年(1893)に建てられた米保管倉庫です。

米の積出港として賑わった酒田の歴史を今に伝え、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」のロケーション舞台にもなりました。
白壁、土蔵づくり9棟からなる倉庫の米の収容能力は10,800トン(18万俵)。夏の高温防止のため
背後にケヤキ並木を配し、内部の湿気防止には二重屋根にするなど、
自然を利用した先人の知恵が生かされた低温倉庫として、現在も現役の農業倉庫です。

敷地内には酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」、庄内米歴史資料館が併設され観光客で賑わっています。
樹齢150年以上のケヤキ36本の連なるケヤキ並木の色合いは、季節とともに変わり見る人を魅了します。



恒例!?に従い、周囲をぐるっと一周してみます。

b0168647_22422315.jpg


b0168647_22423421.jpg


b0168647_22424342.jpg


b0168647_22425423.jpg


b0168647_2243499.jpg


b0168647_2243136.jpg


b0168647_22432296.jpg


b0168647_22433141.jpg


b0168647_22434075.jpg


何度来ても良いものは良い・・・という感じです。

まぁ、それだけ気に入っているということなのでしょう。


その後、エアコンの風に当たりたく(違) 
買うかわからないお土産を探しに、館内へと入ります。

いゃあ涼しい(汗)


b0168647_22434895.jpg

ゆうべのお酒が旨かったので、ついつい目が行ってしまいます。

b0168647_2243595.jpg

ネコのヤツを買ったようです。

b0168647_2244788.jpg


b0168647_22442080.jpg

さっき観たままです。

b0168647_22442944.jpg


b0168647_2244378.jpg


b0168647_22444513.jpg


ということで、山居倉庫を後にします。
しょっちゅう来ているような書き方をしていますが、自宅からここまでは500kmほどあるので
次は何時来られることが出来るのか・・・

また来られる体力その他が続くことを祈ります。


b0168647_22445535.jpg

鳥海山に雲がかかって来ました。

b0168647_2245345.jpg

街を離れる前に給油します。 リッター11kmは走っているようですね。 15:10


酒田の街を離れてからは、基本的にR47を東に向かいます。
かなりバイパスが整備されたようで、市街地を離れる時間はぼちぼち短縮されたと思います。

b0168647_22462363.jpg


b0168647_22463246.jpg

名残惜しく鳥海山を望みます。今回はたぶんこれが最後・・・

b0168647_22464211.jpg

一方、こちらの奥に見えるのは月山です。

b0168647_22465299.jpg

目指せ、新庄方面

b0168647_224716.jpg

たくさんの風車が見えて来ました。


春から秋にかけて最上川に沿って吹き抜ける「清川だし」。
日本三大悪風として有名な風を逆手にとって利用するという発想から風力発電に取り組んだ庄内町は、
今では日本の風力発電普及の源。



b0168647_22471119.jpg


b0168647_22472197.jpg

ついつい車窓から撮っています。


庄内平野を東に向かうにつれ、最上川を遡ることになります。
そのうち、平野部の果て!?にたどり着き、最上川沿いの谷部を走って行くことになります。

b0168647_22472879.jpg

最上川・・・大河だと思います。

b0168647_22473879.jpg

今日は先を急ぐモードになってしまったので、川下りなどはノーチェックで(乗ったことはありませんが・・・)

b0168647_22474667.jpg

何度か来て勝手がわかっている場所なので、ショートカツトをすべくここを右折します。

b0168647_22475642.jpg

酒田から一時間ほどでやってまいりました。ここから見る最上川気に入っています。 16:16


今日の行程は歩きメインになったので、あまり移動はしていませんが
だいぶ先が見えてきました。


b0168647_12264532.jpg

by chage_diary | 2016-09-13 23:10 | お出かけ | Comments(0)
<< 東北地方温泉行脚 その4 東北地方温泉行脚 その6 >>