2016GW 会津 その5

b0168647_23152496.jpg

朝イチの露天風呂です。






※高湯温泉は会津ではないと思いますが、タイトル名の違いは便宜上ご勘弁願います。


2016.05.01(日)


前日は22:00頃に寝てしまったので、朝は5:30に背中が痛くなって目が覚めました。
朝風呂は何時から入れるか調べてみたところ、内湯は24時間、そして露天は6:00からということがわかりました。
ぼけっとしていたので、もうすぐ6:00です。

b0168647_11422256.jpg

部屋を出て廊下の障子を開けてみると・・・目の前は露天風呂だったりします(見えませんがっ)

b0168647_11422932.jpg

大気の湯目指してGO!

b0168647_11423570.jpg

朝イチで他のお客さんが居なかったので撮らせて頂きました。こちらが内湯の不動の湯


不動の湯 名前の由来となりました不動明王は、薬師堂のそばで様々な災難から人を守っています。

b0168647_11424264.jpg

こちらが外湯の大気の湯


どちらも甲乙つけがたいのです。
長湯をするのは温いところがある大気の湯なのですが、
不動の湯の濃厚さそして新鮮!?さは
なんとも素晴らしいのです。

こんなに良いお湯がかけ流しなのは、なんと贅沢なことなのだろうと・・・


ちなみに使っている間は ずっと貸し切り 状態でした。



b0168647_11424959.jpg

浴衣は+300円で好きなのを選べるそうです。

b0168647_11425746.jpg

宿のエントランスホール!?です。 ここでチェックインをしたり、夕食のデザートを頂いたり。

コーヒー・紅茶等は飲み放題でした。


実は昨日のチェックインの時、貸し切り風呂がありますがいかがでしょうか?と聞かれていました。
もう当日(昨日)は一杯ですが・・・と云われたので、翌朝7:00からを押さえて頂いていました。

さきほど貸し切り状態を堪能して来たのですが、朝風呂のハシゴをすることになりました(笑)


b0168647_114346.jpg

こちらの貸し切り風呂は 薬師の湯 といいます。

b0168647_11431053.jpg

残念ながら雨が降っているので、傘をさして離れへと・・・

b0168647_11431674.jpg

一の湯と二の湯がありました。

b0168647_1143237.jpg

扉を開けると・・・


人々が病で苦しむ事がないようにと、建立された薬師堂。
この地を訪れた湯治客の身と心を癒すとされ、 今もご利益があるといわれています。



b0168647_11432999.jpg


普通の温泉宿の普通の露天風呂のサイズです。
7~8人は同時に入ることが出来ると思います。

特に別料金がかかるとかも無く、50分間・・・
7:00から浸からせて頂くことが出来ました。


b0168647_11433631.jpg


う~ん、満足っ。



b0168647_11434477.jpg

部屋鍵と風呂の鍵

b0168647_11435320.jpg

湯上がりの待ち合わせ場所になりそうなところには、どちらにもこの水が置かれていました。美味しい。


ちなみに部屋鍵は二つあったので、いろいろと助かりました。



b0168647_1144118.jpg

7:30から食べられる朝食はバイキングでした。

b0168647_1144943.jpg

2皿目の写真は(略)で、デザートですっ。

b0168647_11441746.jpg

部屋からの景色です。夕べの福島市街の夜景はなかなかでした。 今日は雨が降っていますが・・・


朝食の後、またまた風呂に浸かりました。
これで初日 ×2 二日目 ×3 の合わせて5回の入浴となりました。

全身良く打たれました(打たせ湯)、そして温泉の匂いが染みついたようです(笑)


b0168647_11442524.jpg

自分としては珍しい、9:00過ぎのチェックアウトです。


今回の目的は 温泉 ですから。

昨日・今日ともにお世辞にも良い天気ではないので、宿で長めの時間を過ごすことが出来たのは良かったと思います。


ここ安達屋さんには、そのうちもう一度来そうな予感がしています。
どうもお世話になりました。
by chage_diary | 2016-05-02 22:30 | お出かけ | Comments(0)
<< 2016GW 会津 その4 2016GW 会津 その6 >>