2016GW 会津 その2

b0168647_23102358.jpg

会津若松にて。 鶴ケ城に到着しました。






2016.04.30(土)


大内宿をあとにして、こぶしラインを北上します。
そうするとおのずと会津若松へと入ってくるのですが、
今日はここで時間を使うか、更に北上を続けるか悩みます。

お山の天気は良くなさそうですので、とりあえず裏磐梯で時間を使うのはやめました。
甘いモノでも食べながら考えようということで、とりあえず 柏屋さん に入ってみます。
薄皮饅頭LOVEなもので・・・


創業嘉永五年(1852年)柏屋薄皮饅頭。まごころを包んで160余年。東北福島の代表銘菓。
北海道産小豆の自家製餡。日本三大饅頭に選ばれました。



b0168647_1049427.jpg

コーヒーは無料でふるまって頂けます(謝)  11:30


左から・・・


檸檬(れも)  ミルクとやさしいクリームチーズ。おいしく包んで、しっとり丹念に焼き上げました。

柏屋薄皮饅頭  「こし」は上品でなめらか、さらっとした甘味が身上です。「つぶ」は小豆本来の素朴な風味が楽しめます。

こいのぼり  ふっくら焼き上げた皮でつぶあんと求肥を包みました。


の三点を頂きました。




おいしゅうございました。



甘いものを頂き、結局その流れ!?のまま至近にある鶴ケ城に戻ってみました。
以前来たのは、6~7年前のことでしょうか??

その間には震災もあり、大河ドラマの舞台にもなりました。
屋根の瓦も葺き替えて、改修工事も済んだようです。 12:20


b0168647_10542511.jpg

このように赤瓦となりました。


鶴ヶ城とは…

難攻不落の名城とうたわれた鶴ヶ城は、戊辰の戦役で新政府軍の猛攻の前に籠城一ヵ月、城は落ちなかった。
石垣だけを残して取り壊されたのは明治7年のことである。
至徳元年(1384)葦名直盛がはじめて館を築き、改修を経て天下の名城となった。
たくさんの方々の寄付により鶴ヶ城がよみがえったのは昭和40年9月のことである。
平成23年春には幕末時代の瓦(赤瓦)をまとった日本で唯一の天守閣となりました。
平成27年4月、天守閣再建50周年を記念にして、展示室が全面リニューアルされました。



b0168647_10543419.jpg

天守に登って その1

b0168647_10544824.jpg


b0168647_1336847.jpg



やはり1時間ちょっとは散策していたようです。


b0168647_13323457.jpg

お土産??



さて、この後はどうしようか・・・
by chage_diary | 2016-05-02 23:00 | お出かけ | Comments(0)
<< 2016GW 会津 その1 2016GW 会津 その3 >>