2015年末 三重 その10

b0168647_23532628.jpg

榊原温泉 神湯館 での夕食です。 なんと松坂牛ですっ!






2015.12.30(水)

b0168647_23403978.jpg



地方職員共済組合三重県支部が運営する宿泊施設「榊原保養所 神湯館(しんとうかん)」〈建物および土地〉の売却について、三重県が一般競争入札で選定した結果、1社入札となり、馬渕商事中部営業所(名古屋市中区)が5060万円で落札し売却が決定した。県が提示した入札最低売却価格は2959万円だった。今後、契約手続きを進め、4月1日に引き渡す予定だ。
 同社は保養所、給食センターなどの運営や建物管理・保守などを手掛けており、神湯館の経営を同組合から受託して2012年6月から運営している。同社は、引き渡し後も同形態のまま運営を行う意向だ。
 神湯館は、1986年4月に開館した同組合の保養所。本館は鉄筋コンクリート造3階建て延べ2729平方㍍。18室(定員63人)、大小会議室、宴会場などを配置。このほか、別館(木造平屋122平方㍍)、寄宿舎(鉄骨造2階建て延べ119平方㍍)、プロパン庫、車庫がある。土地面積は6154平方㍍。所在地は、津市榊原町5074ノ1。
 同館については、利用者の減少による赤字経営が続き、今後必要とされる施設・設備の老朽化への対応ができず、独立採算による施設の運営を同組合が継続できないと判断し、売却する方針を14年3月に県議会に示していた。一方で、施設の存続を望む意見も多いため、施設(県が所有し、組合が借り受け)と土地(組合が所有)をセットで譲渡する方向で売却先などを検討していた。その後進展がなく今回入札することになった。このため、同社との経営委託期間の延長も随時行っており、現在、16年3月まで委託期間を延長するための手続きを進めている。
 県は今回の売却に当たり、修繕履歴を示しており、施設の老朽化に伴い当面必要となる設備更新、施設改修について、屋根の葺き替え工事、給排水衛生設備工事、本館エレベーター工事、ボイラー更新、トイレ改修、館内内装工事を挙げた。過去の修繕実績から概算すると1億3000万円程度となった。
 4月の引き渡し後には、地方職員共済組合の保養所という位置付けはなくなるが、同社では「榊原温泉 神湯館」の名称を継承して経営する考えで、施設・設備の更新については、16年度にも必要な工事を実施し、以降、年次計画を立てて進めていきたいとしている。




b0168647_23405314.jpg


b0168647_2341110.jpg


b0168647_23411060.jpg


b0168647_23411859.jpg


b0168647_2341279.jpg


b0168647_23413612.jpg


b0168647_23414554.jpg


b0168647_23415376.jpg


b0168647_2342343.jpg


b0168647_23421283.jpg


b0168647_23422091.jpg





2015.12.31(木)

b0168647_2343379.jpg


b0168647_23434592.jpg


b0168647_23435952.jpg

7:30


b0168647_23441717.jpg


b0168647_23442547.jpg


b0168647_23443272.jpg


b0168647_23444021.jpg


b0168647_23444886.jpg






b0168647_23445792.jpg


b0168647_234563.jpg


b0168647_23451593.jpg


b0168647_23452398.jpg

9:00
by chage_diary | 2016-01-03 20:50 | お出かけ | Comments(0)
<< 2015年末 三重 その9 2015年末 三重 その11 >>