2015年末 三重 その1

b0168647_22233233.jpg

伊勢神宮(外宮)にて






2015.12.29(火)


年末年始の休暇になりました。
今年の休みは12/29(火)~1/4(月)の7日間です。

例年、年越しは自宅で迎えるのが慣習!?となっていたので
毎年、年末か年明け後に2泊三日程度のお出かけをしているのですが、
今回は年末に出かけることにしました。大晦日は自分の実家に戻る予定です。
実は1月にの父親が亡くなってしまった為、実家の親に一人で年越しをさせたく無いという理由からです。
そんなこんなで出発当日の仮眠(車中泊)を含めると、都合4泊の旅になりました。



b0168647_2323451.jpg

この年末の旅はここからスタートです。


休み初日!?の12/29の0:00過ぎに自宅を出発します。
今回は出かける前に3時間ほど横になることが出来たので、体力的にはなんとかなりそう・・・かな。
それなりに気持ちも盛り上がっているので、テンションを上げつつ西へ向かいます。

あっ、今回は三重県を重点的に回ってみることにしてあります。
一昨年(2013)の夏休みに行った、紀伊長島の民宿 美鈴さんの食事を
もう一度頂きたくなったというのが、一番の理由だったりします。
そこを軸にしつつ、いろいろと行程を組んでみました。



刈谷のハイウェイオアシスに着いたのは04:00頃・・・

混んでいます。

なんとか停められる場所を見つけて就寝。
窓に目張り!?をして、熟睡仕様にしました。

b0168647_2225261.jpg

それでも寝られたのは正味3時間程度でしょうか!? 7:00過ぎにはゴソゴソと動き始めました。

b0168647_22251034.jpg


b0168647_22251825.jpg

パーキングのすぐ目の前が池だかなんだかで、白鳥が飛来しています。

b0168647_22252566.jpg


b0168647_22253240.jpg

朝は刈谷ハイウェイオアシスにてきしめんなどを・・・(8:00)

b0168647_22262275.jpg

良い天気ですねぇ。


・・・という感じで、出発します。

b0168647_22262919.jpg



夜中走りながら、どこで寝ようか?? などと考えながら走って来たのですが
夜中は四日市近辺で事故渋滞!?があったのです。

そんな時間に渋滞に嵌るのはイヤだったので、ここ刈谷で寝たのですが
朝起きてみると・・・予想の通り御在所SA辺りからは渋滞となっているようです。


b0168647_22263772.jpg

渋滞表示を眺めつつ・・・

b0168647_22264414.jpg

名港トリトンを通過します。

b0168647_22265127.jpg



b0168647_22265880.jpg



b0168647_2227510.jpg



b0168647_222714100.jpg

ついでに長島スパーランドなども・・・


そして渋滞・・・


早く新名神が全線開通して欲しいものです。


新名神は、日本における道路交通の大動脈となる東名高速道路、名神高速道路と並行して走る自動車道路。
新名神の運用は一部ですでに開始されているが、東側に位置する四日市JCT~亀山西JCT間(27.8km)においては
まず四日市JCT~四日市北JCTを2015年度末までに完成させ、
その後2018年度中に四日市北JCT~菰野IC(インターチェンジ、仮称)~
鈴鹿PA(パーキングエリア、仮称)スマートIC~亀山西JCTを完成させる予定になっている。

この四日市JCT~亀山西JCT間の開通により、東名阪道の渋滞緩和が期待されるとともに、
四日市JCT~亀山西JCT間の所要時間が東名阪道を使用したときと比べ、
およそ5分ほど所要時間が短縮されるとの効果が見込まれている。




b0168647_22272135.jpg

とりあえず渋滞はクリアしました。

b0168647_22272940.jpg

東名阪との分岐点です。この正面の山って、すごい形しているな~っ。ていつも思います。

b0168647_22273712.jpg


b0168647_22274542.jpg

嬉野PAでトイレ休憩・・・伊勢神宮で混むのを避けてみました。

b0168647_22275291.jpg

伊勢西ICを降りました。(10:42)


渋滞していたのもあって、刈谷から3時間近くも掛かってしまいました。
ちょっと予定時間をオーバーしています。


伊勢神宮(いせじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。
正式名称は地名の付かない「神宮」(じんぐう)。他の神宮と区別するため「伊勢の神宮」と呼ぶこともあり、
親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」とも称される。神社本庁の本宗(ほんそう)である。

二十二社(上七社)の一社。また、神階が授与されたことのない神社の一社。
古代においては宇佐神宮、中世においては石清水八幡宮と共に二所宗廟の1つとされた。
明治時代から戦前までの近代社格制度においては社格の対象外とされた。

伊勢神宮には、太陽を神格化した天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、
衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮があり、
一般に皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれる。
内宮と外宮は離れているため、観光で内宮のみ参拝の人が多いが、
まず外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされている。

広義には、別宮(べつぐう)、摂社(せっしゃ)、末社(まっしゃ)、所管社(しょかんしゃ)を含めた、
合計125の社宮を「神宮」と総称する。この場合、所在地は三重県内の4市2郡に分布する。


すみません。以前も使った紹介文です。(汗)




伊勢神宮は作法に倣い、外宮から参拝することにします。


b0168647_22322213.jpg



駐車場は広いのもあって、なんとか停められました。
もっとも、これは12/29の話ですから、たぶん翌日の30日から三が日が終わるまでは
とんでもないことになっていることでしょう。

以前正月に来た時は、近くに近づくことさえ出来なかったです。
(結局数キロ手前のSCに停めさせて頂き、1時間弱歩いた・・・)



b0168647_22323223.jpg


b0168647_16425332.jpg

こちらが案内図です。表参道から行くことにします。

b0168647_2232431.jpg

駐車場近くの手水舎で清めています。


自分は表参道からなので・・・

b0168647_22325244.jpg

まずは表参道火除橋を渡り・・・

b0168647_2233180.jpg

奥に見えるのが一の鳥居

b0168647_22331060.jpg

こちらが表参道の手水舎です。ここで清めます。

b0168647_22332029.jpg

二の鳥居へ・・・

b0168647_22332870.jpg

右手に神楽殿が見えて来ました。


一昨年の夏に来た時 はまだ式年遷宮のさなかで御正殿が二つ建っていたのですが
手前側はキレイさっぱり無くなっていました。


b0168647_2233373.jpg

右手前がその跡地!?です。

b0168647_22335519.jpg


b0168647_22341152.jpg

11:00 御正殿にて参拝です。

b0168647_22361112.jpg


b0168647_22361968.jpg

建て替えて1年半も経つと、木の肌も白地からほどほど黒ずんで来て貫禄!?が出てきました。


b0168647_22362717.jpg


b0168647_22363552.jpg

こちらは土宮(つちのみや) 混んでいます。

b0168647_22364374.jpg

少し登って・・・

b0168647_22365149.jpg

多賀の宮へ

b0168647_22365836.jpg



やはりはじめてではないので、勝手がわかっている感!?があります。
(一昨年に書いた日記に比べると、かなり簡略化がされている感があります)


b0168647_2237616.jpg


b0168647_22371378.jpg


ひととおりお参りして内宮へと向かいます。
by chage_diary | 2016-01-03 22:23 | お出かけ | Comments(0)
<< 三十槌の氷柱 2015年末 三重 その2 >>