PING カーステンアイアン CFS DISTANCE

b0168647_23582730.jpg

出物があったので・・・ カラーコードはブルーでグリップはホワイトでRシャフト。調べてみたら自分にぴったりのようです。






b0168647_2358591.jpg


b0168647_23591170.jpg


b0168647_2359199.jpg


b0168647_00792.jpg



ピン カーステンアイアン
PING Karsten Iron


究極の易しさ『ビッグ&イージー』アイアン登場。
ピンの現行モデル中最大のヘッドと慣性モーメント、そして広いソールを誇る『易しさ重視』の新アイアン。
G25に比べロフトが立っている(7番で約1.5度立っています)にも関わらず、
弾道の高さはほぼ同じという低・深重心+高弾道の設計です。

•新デザインのCTPを採用
•反発力の高い極薄フェース
•低重心化を推し進めるワイドソール
•G25アイアンより約3.2%長いフェース
•心地良い打感を演出するソフトエラストマー製のバックウェイト
•番手間の飛距離差を明確にする『プログレッシブ・セット・デザイン』



CTPをソールと一体化させて余剰重量を確保。
設計自由度を高めて低重心化・高慣性モーメント化。

ウェイトを装着するために設けられたポケット状の部分を、ピンでは「CTP(カスタム・チューニング・ポート)」と呼びます。
カーステンアイアンではこのCTPがソールと一体化したようなデザインになっているため、余計な重量が発生しません。
浮いた重量をソールなどに配分して大きな慣性モーメントを確保(G25と比較して約8%増)し、ミスに対し寛容なアイアンに仕上げています。




現行モデル中最も広いソール幅。
ロフトが立っていてもG25と変わらぬ高弾道。

カーステンアイアンはG25に比べロフトが立っていますが、同番手であれば打ち出し角はほぼ同じになるよう設計されています。
つまり実際のロフトより遥かに球が上がりやすいわけです。
現行モデル中最も広いソール(G25と比較して約20%広い)はダフりに強いだけでなく、低重心化・高弾道化に大きな役割を果たしています。



番手間の飛距離差を明確にするシャフト長設定。
打ち出し角が高くスピン量の多い新シャフトも登場。

番手間の飛距離差が明確に出るよう、ロフト角やシャフト長、ライ角を不均一に設定しているのも特徴の一つ
(プログレッシブ・セット・デザイン)。また今作では新シャフト『CFS DISTANCE』もラインナップ。
『CFS MAX』に比べて打ち出し角が高く、かつスピン量の多い高弾道用軽量スチールシャフトです。



b0168647_011522.jpg



カーステンアイアンに関しては こ こ とか こ こ を読むのが一番わかりやすそう。


b0168647_9263653.jpg


b0168647_9264662.jpg



b0168647_1165051.jpg

そんな中、今週末はまたまた芝刈りに・・・
by chage_diary | 2015-08-22 23:58 | 芝刈り | Comments(0)
<< SSアイアン PING カーステン ping... >>