2014 暮れ 山形方面 その10

b0168647_21594717.jpg

仙台までやってまいりました。






2014.12.30(火)

銀山温泉をあとにして、いよいよ帰途につくことにしました。

b0168647_22133711.jpg

R347を尾花沢方面に戻ります。途中で右折をして・・・

b0168647_22134372.jpg

R47へのショートカットをすべく山刀伐峠へと向かいます。

b0168647_22135198.jpg

このあたり近くにゲレンデがあるくらいのことはあって、かなりの降雪でした。こちらが峠のトンネルです。(12:11)



山刀伐峠は、最上町と尾花沢市を結ぶ峠のひとつ。

標高は470メートルにすぎないが、北の最上町側は急峻で、南の尾花沢市側は比較的なだらかな地形をなしている。
この形状が昔、山仕事あるいは狩の際にかぶった「ナタギリ」という冠物の形に似ていることから、
峠名が発生したと言われている。

山刀伐峠は、中世からの南部地方(現在岩手県と青森県の一部)と最上(現村山、山形方面)を結ぶ
要路であったと伝えられている。
天政8年(1580)には、山形城主、最上義光の軍勢がこの峠を越えて、時の小国(最上町)領主、細川氏を攻め入ったと言う。
江戸後期頃には、峠のふもと一刎に新庄藩が口止め番人を置いていたが、
そう交通の頻繁な峠ではなかったであろう。
元禄2年(1689)5月17日、門弟の曾良を伴った芭蕉は、屈強の若者に案内され、この峠を越えて尾花沢市へ向かった。

芭蕉はその時の印象を「おくのほそ道」に、「高山森々として一鳥声きかず……」というくだりの見事な文章を表現している。



まぁ、当然その時代にはこのようなトンネルはありませんでしたが・・・

b0168647_22141058.jpg

R47に戻り!?しばらく走ると宮城県に入りました。

b0168647_22141744.jpg

鳴子温泉に到着っ。残念ながらスルーですが・・・(12:33)


途中にあった あ・ら・伊達な道の駅 でひとやすみしました。
もう、この先には圧雪道もないでしょう(ほっと一息・・・)

b0168647_22144498.jpg

自分的には好感度の高い 浦霞 が置いてありました。


浦霞(うらかすみ)とは、宮城県で生産されている日本酒である。
浦霞の醸造元は、塩竈市本町にある老舗造り酒屋・佐浦である。
第25回全国酒類コンクール第1位、第8回全米日本酒歓評会金メダルなどを受賞した。



引用するまでのことはありませんね。
からくちは以前結構飲んだのです。この2日ほど日本酒が続いたので
明日の大晦日用に一本買っていくことにしました。

b0168647_22143523.jpg

ということで、県内限定出荷のものを・・・(12:57)


最後に仙台で牛タンなどを食べて行こうと思ったのですが、
意外と時間が掛かってしまいました。

b0168647_2215565.jpg

なので、古川ICから東北道に乗ってしまいます。(13:27)

b0168647_22152857.jpg

乗ってしまえば効果は絶大で、わずか20分弱で到着ですっ 29km で930円かかりましたがっ・・・(13:45)


あとは市街地の中心を目指して走ります。

b0168647_2216723.jpg

最も栄えていると思われる、国分町の中に入って来てしまいました。

b0168647_22161524.jpg

第一希望の 味 太助 (左前方)は年末で閉店していました。 残念っ。


仙台名物として定着しております牛タンの発祥の店はこの味太助です。
当店自慢の牛タン焼、テールスープは初代(故)佐野啓四郎が作り出した、
安くて、おいしい、人情あふれる、栄養価の高い名物メニューです。
開店当時からの秘伝の味と技を、いまも頑固に守り続けています。
独特の味わいのある、仙台牛タン元祖の守りぬかれた味を是非一度ご賞味ください。



利久も良いのですが、地元にもあるので
違う店にしようと、駅前にクルマを停めて探すことにしてみました。

もし他店もダメなら、仙台駅構内の牛たん通りかなぁ・・・などと思いつつ。

b0168647_22162125.jpg

仙台・・・都会ですよね。

b0168647_2216284.jpg

このアーケード街は大きかった。

b0168647_22163611.jpg


b0168647_22164374.jpg

結局、たんや 善治郎 に並ぶことにしました(混んでいました)


仙台駅 駅前本店. 仙台駅から徒歩1分。2011年3月にオープンしたばかりのたんや善治郎の本店です。
美しい和風装飾を施した店内には、掘りごたつ席もあり、のんびりと仙台牛タンや宮城の地酒などをお愉しみ頂けます。



b0168647_22165070.jpg

メニューはこちら。王道の牛タン定食を頂きます。

b0168647_2217292.jpg

やってきました。(15:01)


美味しかった。


今回のお出かけは、3日間通じてなかなか美味しいものを頂けたと思います。 !(^^)!


なんとか無事!?に頂くことが出来たので、いよいよ帰途に就くことにします。


b0168647_22175817.jpg

仙台駅から新幹線に乗れば2時間ちょっとで帰れるのでしょうか!?

b0168647_2218596.jpg


b0168647_22181163.jpg

駅前をふらりと歩き、駐車場へと戻ります。

b0168647_22181945.jpg

そして、出発! (15:34)


b0168647_22183914.jpg

さすがに12/30市内は空いていました。

b0168647_22184792.jpg


b0168647_22185440.jpg

帰りは仙台宮城ICから乗りました。 (15:47)

b0168647_22191268.jpg


菅生SAで少しだけ給油(高かったので)をして、東北道を南下します。
福島県に入ったあたりから、前方の矢板近辺で8km 90分の渋滞・・・という表示を見かけました。
(今回のお出かけで渋滞表示は初でした・・・)

高速道路での渋滞が大嫌いな自分は、矢板ICで降りてしまい、
残りの100kmちょっとを下道で帰って来ました(21:00前に帰宅)



あわただしい、年末のお出かけでしたが
(ちょっと前に恩人が亡くなったことに対してなどの)心のリフレッシュにはなったようです。

3日間で往復1,100km走ってまいりましたが、4WD+冬タイヤはそこそこの機動力があるので
今後とも外せない選択となりそうです。
by chage_diary | 2014-12-31 16:20 | お出かけ | Comments(0)
<< 2014 暮れ 山形方面 その9 冬タイヤに交換 >>