2014 GW 北陸・信州 その2

b0168647_2235053.jpg




2014.05.04(日)


b0168647_22203047.jpg

朝の奈良井宿散策を終え、駐車場に戻ります。


サクラも満開ですが・・・

b0168647_22204062.jpg


b0168647_22205253.jpg

他の花も満開です。寒い地方はいろいろな花が一斉に咲き始めて、春が一気にやって来るような感じです。


まだ奈良井宿の飲食店が開店していなかったので、R19を走りコンビニで朝食をとりました。
(どこに行っても地域性のない食事をとっています・・・)

b0168647_2221253.jpg

そして、木曽路を南に下って行きます。

b0168647_22211073.jpg

鳥居峠をくぐり抜ける鳥居トンネルを抜け・・・

b0168647_22214231.jpg

木祖村に入りました。

b0168647_22215255.jpg


b0168647_2222236.jpg

いゃあ、どこも春の花が満開です。桃源郷と云うのはオーバーですね(汗)

b0168647_22221127.jpg

道の駅「日義木曽駒高原」に到着っ。(10:45)


国道19号線沿い、木曽のシンボルのひとつ木曽駒ヶ岳を望む道の駅木曽駒高原は、
普通自動車78台、大型車7台が駐車できるため、ゆったりとドライブに一息いれることができます。


b0168647_22222198.jpg

・・・ということで、早速木曽駒ヶ岳を見に行きます。


木曽町・日義にある当「道の駅」は、昔の五街道のひとつ、中山道のほぼ中間にあります。
中山道には67の宿が定められており、日義には第37宿「宮ノ越宿」があります。
当館の小公園には、中間地点を示す碑が建てられています。



b0168647_22233723.jpg

う~ん、いい景色ですっ。

b0168647_22234697.jpg

欲を言えば、もう少しサクラの花が残っていて欲しかった。

b0168647_2223556.jpg

目の前は花が満開ですが・・・

b0168647_2224442.jpg

山の上はまだまだ冬ですね。

b0168647_22241298.jpg


b0168647_22252338.jpg

GWはバイク乗りには良い季節なのでしょう・・・

b0168647_22253225.jpg

休憩をして再度R19を木曽福島に向けて走りはじめます。


この辺りは今年の2月に想定外の大雪となり、中央線の鉄道が足止めをくらったニュースを見た記憶があります。
R361との合流点を右折し、高山方面を目指します。

b0168647_22254123.jpg

ここを右折します。

b0168647_22254924.jpg


b0168647_22255735.jpg


b0168647_2226747.jpg



それにしても良い景色が続きます。  

春ですねぇ。


b0168647_22261753.jpg

新地蔵トンネルを抜けて開田高原に入ります。

b0168647_22262598.jpg

そして木曽馬の里に到着っ。(11:30)


こちらに寄るのは実ははじめてだったりします。
背景にそびえるのは木曽の御嶽山です。



木曽馬乗馬センターは平成7年に野外音楽堂奥から移設された施設で、
現在約30頭の木曽馬を保護・育成しています。保護育成と言っても、ただ飼っているだけでなく、
調教し乗馬や馬車などを皆さんに楽しんでいただいています。 

また、春の繁殖期には木曽馬飼育者から繁殖雌馬を預かり、種付けを行う繁殖預託事業も行っています。
そのため、5月から6月にかけては牧場は一年で一番馬(仔馬)の多い時期になり、
多い年には40頭以上もの木曽馬たちでにぎわっています。 



b0168647_22274793.jpg

柵の中に放牧されていました。 でも結構遠いなぁ・・・

b0168647_22275762.jpg

こちらは場内を巡回!?している乗り合い馬車のようです。

b0168647_2228660.jpg


b0168647_22281584.jpg

餌を食べながらですが、気のせいかだんだんと近づいて来たような・・・

b0168647_22282466.jpg



木曽馬(きそうま)とは長野県木曽地域(木曽郡)を中心に飼育されている日本在来種の馬である。
岐阜県飛騨地方でも飼育されている。

日本在来種は他に北海道和種(北海道、俗称:道産子)、野間馬(愛媛県今治市野間)、対州馬(長崎県対馬市)、
御崎馬(宮崎県都井岬)、トカラ馬(鹿児島県トカラ列島)、宮古馬(沖縄県宮古諸島)、与那国馬(沖縄県八重山諸島)
がいるが、本州の在来種は木曽馬のみである。

一時絶滅寸前であったが木曽馬保存会が中心に活動が行なわれた結果、飼育数は増加した。
しかし以前のような乗用、農耕を目的とした需要はなく、現在は200頭以下という。

平安時代~江戸時代、武士の馬として使用された。

起源ははっきりしていないが、元々は蒙古の大陸系の馬である。
一説では紀元前1世紀の漢で改良された「蒙古草原馬」が2~3世紀、朝鮮半島経由で渡来したという。
この馬が木曽地域という山岳地帯で飼育された影響で、木曽馬となったとされる。



b0168647_22283375.jpg


b0168647_22284328.jpg

当然ですがサラブレッドとは違い、体格はガッシリしています。

b0168647_22291890.jpg

どこかで体験乗馬をしているのでしょうか!?

b0168647_22292798.jpg



更に進んで行くと厩舎があり、その近くで先ほどの乗り合い馬車と体験乗馬を受け付けていました。
GWだからなのでしょう、かなり混み合っていたので申し込みはしませんでしたが・・・

厩舎の反対側では、さきほどよりも細かく区画された柵の中に木曽馬がいました。

b0168647_22293670.jpg

生後間もないと思われる子馬がいます。

b0168647_22294554.jpg

こちらは親子並んで・・・


木曽馬の里・・・特に動物園のような趣向は凝らしていなかったのですが
素朴な気持ちで動物を見るにはいい施設でした。

個人的に動物を身近で見られる施設に行ったのは、一昨年の旭山動物園以来でしたが
結構楽しめました。

毅然として立っている木曽馬の姿は素敵でした。


b0168647_22295340.jpg

木曽の御嶽山をアップで・・・


木曽馬の里を後にしてクルマを走らせますが、ここに来る前に気になった
ミズバショウの群落!?に寄ってみます。

b0168647_2230586.jpg


b0168647_22301539.jpg


b0168647_22302510.jpg

アップで撮っているのでそれなりに写っているのですが、まだこれからという感じでした。


R361を更に高山方面へと走ります。
by chage_diary | 2014-05-10 22:10 | お出かけ | Comments(0)
<< 2014 GW 北陸・信州 その1 2014 GW 北陸・信州 その3 >>