2013 晩秋 富士山 その1

b0168647_1352521.jpg

突然思い立って行ってみました。






2013.12.01(日)

12月に入りました。
あっという間に師走!という感じなのですが、ここ数日は気温も下がり
空気が澄むようになったので、埼玉にある自宅からでも富士山が良く見える季節になりました。

ここしばらくの間、近くまで行ったことが無かったので
たまには行ってみたいと思っていたのですが、たまたま予定が開いたので出動してみました。
自宅を発ったのは7:00過ぎですから、かなりのんびりしたものです。

b0168647_1353714.jpg

上尾から川越方面に走る県道51号です・・・ 荒川を渡る開平橋です。自分は荒川を渡ったところを右折しました。


この先、途中の川島町のコンビニで朝食をとります。
ここの先では、2年前に痛い思い!?をしているので気をつけないと・・・(謎)


b0168647_13531618.jpg

圏央道の川島ICを入ります。

b0168647_13532999.jpg

このゲートをくぐるのも久しぶりな気がします。

b0168647_1353412.jpg

あとは富士山を目指して西へ・・・


もう12月に入っていたものですから、紅葉散策的なものは考えていなかったのですが
埼玉県内ではまだそこそこ紅葉が残っているようです。
こうして、写真を見てみると沿道の木々はなかなかキレイです。

b0168647_13534579.jpg

日差しの角度による恩恵もあるのかも知れませんが・・・

b0168647_13535120.jpg

正面に富士山が見えています。

b0168647_13535770.jpg

ここでこれだけ展望が利くのも珍しい・・・ 青梅にて

b0168647_1354295.jpg

中央道に合流しました。

b0168647_13534272.jpg

小仏トンネルを過ぎてつかの間の神奈川県に・・・ 富士山が近くなるに連れ、上部しか見えなくなりました。

b0168647_13543293.jpg


b0168647_13535825.jpg

空いている分には大月まではあっという間・・・

b0168647_13542940.jpg

ここを河口湖方面へ・・・

b0168647_13554186.jpg


b0168647_13553794.jpg

リニア実験線をくぐります。

b0168647_13561744.jpg

だいぶ近づいて来ました。

b0168647_13553380.jpg


b0168647_1356557.jpg


b0168647_13563620.jpg

富士急ハイランドが見えて来ると・・・

b0168647_13561884.jpg

河口湖ICはもうすぐです。

b0168647_13564375.jpg


b0168647_13563281.jpg

河口湖IC OUTです。


川島IC~河口湖IC間の距離は105.7kmだそうです。
渋滞が無い分には1時間で到着しますので、一度高速に入ってしまえば近いものです。
単純に所要時間だけを考えれば、首都高から中央道の方が早いのかも知れませんが
渋滞をしていた時に逃げられないので、近年この行き方が定着しています。

富士山に近づいたので、どう廻ってみようかを考えてみたのですが
とりあえず、R138で山中湖方面へと向かってみました。

何度も前を通っているのですが、一度も寄ったことの無い 北口本宮冨士浅間神社 前の横断歩道で
(人が渡るので)警備員に停められたのですが、それも何かの縁!?だと思い寄ってみることにしました。


b0168647_13565631.jpg



富士山世界遺産構成資産(平成25年6月登録)

浅間を「あさま」と呼ぶところもありますが、こちらでは「せんげん」。地元では「せんげんさん」と呼ばれ、親しまれています。
祭神は木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、
天孫彦火瓊々杵命、(てんそんひこほのににぎのみこと)、大山祗神(おおやまずみのかみ)。

日本武尊(やまとたけるのみこと)が東方への遠征の折りに、大塚丘より富士山を遥拝し大鳥居を建て、
「富士の神山は北方から登拝せよ」と勅(みことのり)され、祠を建てて祀ったのが始まりと言われています。本殿、東宮、西宮は国指定の重要文化財。
また、富士山の吉田口登山道の入口でもあります。いにしえから多くの方がここから登拝しました。

創建は慶雲3年(西暦705年)で、甲斐国八代郡荒倉郷の氏神としてお祀りしたものです。
大同2年(西暦807年)には富士山の大噴火があり、平城天皇(へいぜいてんのう)の命により
当社に勅使が参向せられ、国土安泰富士山鎮火祭を執り行ったそうです。
この時、平城天皇より三国第一山の称号と天皇の御親筆である勅額・破魔宝面・金幣が奉納されました。
戦国時代には武田信玄の父・信虎が北条氏との戦にあたり、境内地である新倉山に陣をとり、
当社で戦勝を祈願し勝利したことにより、刀を奉納されました。



b0168647_1357887.jpg

一ノ鳥居には富士山の文字が・・・


最近のパワースポットブームの流れなのでしょうか!?
かなりの人出で賑わっていました。

b0168647_13565081.jpg

富士講開祖 角行(かくぎょう)の立行石(たちぎょういし)だそうです。


参道の奥に朱の大鳥居(高さ17.7m)がある筈なのですが、現在改修!?中のようで養生されていました。
なので見ることは出来ず・・・

b0168647_1357446.jpg

こちらを迂回して行きます。

b0168647_13581220.jpg

ご神木「冨士夫婦檜」だそうです。

b0168647_13573647.jpg

拝殿です。

b0168647_13574286.jpg

手水舎

b0168647_13574631.jpg

自分も参拝します。


拝殿をぐるりと一回りするように、東宮本殿(国指定重文)~西宮本殿(国指定重文)を参拝して戻って来ました。

b0168647_13581967.jpg


b0168647_13582696.jpg


b0168647_13583575.jpg


b0168647_13584466.jpg



一度もお参りをしたことがなかった 北口本宮冨士浅間神社 でしたが
なかなか見事なものでした。

やはり気になったものは、自分の目で一度は見ておかないと・・・

どうぞ、御利益がありますように。
by chage_diary | 2013-12-11 18:52 | お出かけ | Comments(0)
<< 2013 紀伊半島 2013 晩秋 富士山 その2 >>