三浦半島へ

b0168647_23511131.jpg

横須賀市秋谷海岸の立石です。 一応、里帰り的なものかなっ。






2013.11.24(日)

年末この時期恒例の三浦半島行きとなりました。
再来週の週末に演奏会があるので、その練習に向かいます。
実は先々週(11/10)にもこちらに来たのですが、
その時は天気が良くなかったのと、久しぶりに友人に会ったりとで写真を撮る意欲も湧かずに帰りました。


b0168647_21445684.jpg

その時はこんなクルマに試乗させてもらって・・・(11/10)

b0168647_21443797.jpg

こんな楽器を2本持って行きました。(11/10)


今日は朝から天気も良かったので、寄り道する気満々!?のまま朝7:30頃には出発しました。
(練習は午後からの筈・・・)

b0168647_23524654.jpg

ネズミの国渋滞が始まっていたので、葛西方面には行きません。

b0168647_23525462.jpg

途中湾岸線にて、知り合いでも何でもないので所在はわからないようにしました。車種はわかりません(汗)

b0168647_2353076.jpg

神奈川県に入って、鶴見つばさ橋を渡ります。

b0168647_2353828.jpg

そして横浜ベイブリッジを・・・名港トリトンよりは老舗感!?が出てきました。

b0168647_23531583.jpg

あっという間に横浜市は金沢区まで南下して来て、幸浦で高速道路を降りました。冬場の八景島は空いているのかな??

b0168647_235322100.jpg

横須賀市某所です。ここを知っている方は少ないでしょう。

b0168647_23532934.jpg

昔住んでいたところに上がって行く交差点です。

b0168647_23533646.jpg

この道、子供の頃は広いと思ったのですが・・・



ここから先はいわゆる「ガキの頃の遊び場」なので、どこに何があるのかは頭の中に入っています。
今日くらい晴れていれば、あそこから富士山のてっぺんが見えているだろう・・・的な感覚で山を登って行きます。

b0168647_23543555.jpg

見えて来ました。

b0168647_23544243.jpg

今日は昨日に比べると、ちょっと空気が霞んでいますね。

埼玉の自宅からでも富士山が見えることは見えるのですが
やはり幼少期を送った場所での富士山は何とも云えないものがあります。

よくよく考えてみると、この地を離れてから三度ほど住む場所が変わっているのですが
どこに引越しても富士山が見える場所に住んでいるようです。
(埼玉に越した当初は見えなくなると諦めていたのですが、良い意味で外れました)


b0168647_2354487.jpg

近年は有名になった「上山口の棚田」です。


にほんの里100選

循環の輪残る農の営み
葉山牛の牧舎のわらで作る堆肥(たいひ)、里山を利用した炭など地区全体に循環の輪が残る。
棚田はわき水を使う。竹細工伝承にも熱心。



b0168647_23545530.jpg

子供の頃は畦道をチャリンコで下ったりしていましたが、今では基本的に立ち入り禁止です。


まぁ、自分が田舎育ちだということを暴露しているようなものですね。


b0168647_2355129.jpg

三浦半島的!?には、かなり紅葉が進んでいます。

b0168647_2355878.jpg

そしてここからもてっぺんが・・・

b0168647_2355154.jpg

昔はこの先で行き止まりだったのですが、現在は通り抜けられるので・・・

b0168647_23552281.jpg

秘密の場所!?に行ってみました。たぶんクルマで行かれる場所としては三浦半島最高所でしょう。


残念ですが、ちょっと霞んでしまっています。
年に何回も来られるわけではないので、これは運!?なのでしょうが
まぁ、しょうがないですね。


b0168647_23553099.jpg



ちょっと走って「湘南国際村」までやって来ました。
ここも自分的な定番ポイントがあるので停まってみました。(あまり長居は出来ないところですが・・・)


b0168647_23553754.jpg

下に見下ろすことが出来るのは葉山の街です。御用邸も見えています。


いい具合に紅葉していますし、光の加減もちょうど良かったので
秋の紅葉と海と富士山・・・という写真としてはまぁまぁなのですが
やっぱり、もう少し空気が澄んでいると良いですね。(贅沢)

この後はひと思いに海まで下ってしまいます。

b0168647_23555051.jpg

R134に突き当たりました。


ここに来てしまえば寄るのが決まっているのは、秋谷の立石海岸です。

b0168647_2355566.jpg

まずは定番アングルでっ。


海岸に突き出た大きな奇岩「立石」をはじめ、美しい海岸の景色で知られています。
特に、富士山を背景にした「立石」の景色は、絶景のビューポイント!夕日が空を染める時刻がお勧めです。
秋谷・立石海岸は東京湾側の海岸線とは異なり、自然の海岸線が多く残っています。
特に、立石公園の立石は古くから絶景として有名です。
江戸時代の風景絵師・安藤広重は「相州三浦秋屋の里」と題して富士山を遠くにみるこのあたりの風景を描いています。



b0168647_23565068.jpg

毎回撮っているような気がしますが、年に一度のことだから・・・まぁ、いいかなっ。

b0168647_23565691.jpg


b0168647_2357279.jpg

やたらと鳩が居ました。

b0168647_2246351.jpg

海からそそり立つ富士山。

b0168647_23571652.jpg


b0168647_235722100.jpg

この辺は風が出なければ、冬でも結構暖かいと思います。

b0168647_23572999.jpg

陽の照り返しが・・・

b0168647_23573691.jpg


b0168647_23574234.jpg


b0168647_23574829.jpg



立石に1時間近く居たのですが、今日は久しぶりに パン を買って帰りたかったので葉山に寄ってみます。

b0168647_23575419.jpg

道路的にはR134を北に戻るような感じでしょうか!?

b0168647_22594743.jpg

画像は借用しました。


欲しかった食パン二斤とレーズンパン一斤と昼食用のひとつを買って、お買い物は終了です。
そしてこの後の行動はなぜかワンパターンなのですが、
真名瀬(地名です)の埋め立て地に行って、海上から見る富士と江ノ島・・・みたいな景色を眺めるのです。
(学生当時からやっていることが変わりません・・・)

ただ以前と比べて短時間であってもクルマを停めづらくなってしまったので
あまり長居しているわけでもありません。


b0168647_2371153.jpg

さっきまで居た秋谷海岸よりいくらかは近くなっている筈です。

b0168647_23583438.jpg


b0168647_23584165.jpg

ヨットレースらしきものが催されていました。

b0168647_23584893.jpg

名(菜)島と江ノ島

b0168647_23585572.jpg

逗子マリーナ


そんな感じで、年に一度の三浦半島散策も終了です。

b0168647_2359127.jpg


実際に住んでいたのは4歳~22歳の間ですので、生まれ育ったとまでは云えませんが
自分にとってはふるさとみたいなところですので、また機会があるごとに訪ねると思います。




b0168647_23201740.jpg

・・・で、こちらが練習光景です。午前中からやっていたようです(謝) もう再来週だぁ。
by chage_diary | 2013-11-26 23:52 | お出かけ | Comments(0)
<< 夕刻の富士山 埼玉スタジアムまで散歩 >>