奥日光 紅葉 2013 その6

b0168647_10331617.jpg

中禅寺湖畔が渋滞していたので、山王峠経由で帰ることにしました。






2013.10.12(土)

b0168647_10544117.jpg

休暇村 日光湯元 に到着しました。

受付期限の15:00より15分前のことでした。
入浴は16:00までですので、1時間ちょっとあれば問題はないでしょう。


白樺や唐松林に囲まれた緑に溶け込むシックなたたずまい、
暖炉が置かれた吹き抜けのロビーなど洗練された雰囲気と温泉が自慢



b0168647_10544854.jpg


フロントでは「今日は少々混み合っているかも知れませんが・・・」と仰っていましたが、
逆に遅すぎて、皆さん出て行かれる方の方が多いようです。

風呂の写真は撮れないので、宿のページより借用して来ました。
湯元温泉の湯は白くて自分好みなのです。
硫黄の臭いもしっかり付いて、着ているものはしばらく洗濯しても臭いが抜けませんが・・・

b0168647_16462793.jpg


b0168647_16464089.jpg


露天風呂に入っている時にホンの少しですが、小雨がパラパラと落ちて来ました。
いいタイミングで帰って来られたなぁ・・・とほっと一息。


いい湯を頂きました。


ちなみに料金は850円でした。
日帰りとしては少々高いかも知れませんが、内湯と露天風呂があることを考えれば
こんなものでしょう・・・
何よりここは湯が良いですし。


泊まれるものでしたら、ここで一泊でも出来ればいいのですが
そのような予算で来ていませんし、そもそもこの時期にここの予約がたやすく取れるとも思えません。

b0168647_10545643.jpg


b0168647_1055483.jpg

ロビーにて (15:45)


帰りの渋滞状況についてフロントで聞いてみました。
いつもまっとうなルートで帰ることが無いものですから、いろは坂の混み具合とかはわからない人なのです。
「竜頭の滝前」と「中禅寺湖の交差点(いろは坂の登りと下りの合流するT字路?)」で混むと伺いました。


じゃあ、たまには普通に帰ろうか・・・と下って行きましたが。

b0168647_10553621.jpg

戦場ヶ原を下ります。

b0168647_10554378.jpg

今日一日かけて歩いた区間は一瞬で終了です。クルマは早いなぁ・・・


「竜頭の滝前」はすんなり流れたので、今日は行かれるのかな・・・と思ったのですが
その数百メートル先で停まってしまいました。

b0168647_10555340.jpg

あ~あ、こりゃダメだなぁ。


ここから「中禅寺湖の交差点(いろは坂の登りと下りの合流するT字路?)」までを渋滞で待つ耐性は
持ち合わせていないので、とっととUターンをして山王峠に行くことにしました。
(16:00)

群馬県側はこの前(尾瀬の帰りに)通ったばかりなので、イマイチ行こうという気にはならずに・・・


b0168647_10562089.jpg


b0168647_10562776.jpg

またまた戦場ヶ原を逆走し・・・

b0168647_10563572.jpg

今朝のバスルートと同様に光徳牧場方面へと走ります。

b0168647_10564177.jpg

山王林道 光徳側のゲートに到着 (16:12)


山王林道(さんのうりんどう)とは、現在の栃木県日光市に以前存在していた林道。
現在では、奥日光光徳から群馬県片品村大清水を結ぶ奥鬼怒スーパー林道(林道奥鬼怒線)の中に吸収されているが、
現在でも、光徳から川俣温泉までは山王林道と呼ばれる事が多い。

鬼怒川最奥地の川俣、奥鬼怒から奥日光最奥地の戦場ヶ原、湯元温泉に向かうには、
山王林道が無い場合、鬼怒川温泉、日光まで戻るか、霧降高原を越える必要があり3時間程度要する
(山王林道の場合1時間程度)。
以前はオフロードであり4WDが必要な道であったが、現在では全舗装された。
しかし、特に記念碑(パーキングエリア、トイレがある)より川俣側の道は細く荒れており、
すれ違い等ある程度の運転技術が必要である。
また、台風等により道が崩れしばしば通行止めになり、開通時でも降水量に因り通行止めとなりゲートが閉じられるので
注意が必要である。ゲートは光徳側は光徳園地の先、川俣側は分岐の噴水橋から少し先にある。

山王林道の名は、林道が越える山王峠(1730M程度)からきており、川俣側が1000M程度で、
光徳側が1400M程度なので、川俣側から向かう場合には、700M程度上り、300M程度下る事になる。



自分の知識とする為に引用を長めにしました。
確かにこの道は通行止めが多いので、ここに来るまでは少々不安でした。

あと50分近くあるので、ゲート閉鎖までには何かが無い限り大丈夫だと思います。


b0168647_10575440.jpg

山王峠にはあっさりと到着

b0168647_1058219.jpg

しばらく窪地的なところを走り、もう一つのピークでストップしました。

b0168647_10581067.jpg

もう少し明るいとここからの紅葉もキレイなのですが・・・

b0168647_10581752.jpg

以前に比べれば、だいぶ道も良くなったように思います。

b0168647_10582468.jpg

・・・が、このトンネル×3連はどうにも出来なさそうです。 (16:30)

b0168647_10584955.jpg

この道の両側の木々もだいぶ紅葉して来ていました。

b0168647_10585723.jpg

西沢金山跡と書かれていた橋にて・・・ (16:38)

b0168647_10592751.jpg

川俣温泉に到着っ。橋の上からです。 結構時間が掛かっていますね。 (16:55)

結局43分掛かっていました。
前には工事用車両と思われるトラックも走っていたのですが、なかなか良いペースで・・・
対向車も数台しかなく、山の夜は早いのだなぁ・・・という林道走破でした。

b0168647_10593562.jpg

橋の反対側から渓谷を見下ろすと・・・

b0168647_1059423.jpg

ちょうど間欠泉が吹き出しているところでした。


そこから先はかなりハイペースな一団に付いて県道23号で山を下って行きます。

b0168647_110860.jpg

GDBインプレッサの後に付きながら、川俣大橋を渡っています。 (17:04)

b0168647_1105937.jpg

まだGDBインプレッサの後に付きながら走っています。 (17:20)

b0168647_1113044.jpg

まだまだGDBインプレッサの後に付きながら走っています。 (17:29)


たま~に、地元のクルマと思われる他のクルマが入って来るのですが
何時の間にかいなくなって、R121に合流する手前まで30分くらいずっと一緒に走っていたようです。


b0168647_1115061.jpg

R121に合流しました。 (17:36)

b0168647_112162.jpg

鬼怒川を過ぎたところで休憩です。 (17:53)


2時間近くの時間を掛けて遠回りをして来ました。
来る時は自宅を発ってから2時間半で着いていることを考えれば、かなりのタイムロスかも知れませんが
気持ち良く走ることが出来たので良しとしましょう。

その後は、R120~R4で快調に帰り、20:30過ぎには帰宅をすることが出来ました。


これで、今年の紅葉散策は一時休止・・・
11月に残っているところがあれば、そちらに行ってみようと思います。
by chage_diary | 2013-10-13 06:50 | お出かけ | Comments(0)
<< 奥日光 紅葉 2013 その5 那須茶臼岳 紅葉 2013 その1 >>