那須茶臼岳 紅葉 2013 その2

b0168647_19444763.jpg

姥が平も紅葉真っ盛りでした。






2013.010.06(日)

その1 その3 はこちらから・・・


牛ヶ首に到着して、休憩がてら姥が平を見下ろしていたのですが素晴らしい紅葉です。(8:00)

b0168647_21123089.jpg

アップで見るとこんな感じです。

b0168647_21123952.jpg

すぐ足下からはシューシューと音を立てながら水蒸気が上がっています。

b0168647_21125349.jpg

これは行くしかないですね。


ということで、ほんのちょっと休憩をした後、姥が平へと下ることにしました。
所要時間は20分となっていますが、人も多いですし写真を撮りながら歩くので
もう少し掛かりそう!?です。 (8:15)

b0168647_211313.jpg

山々はガスをまとっています。たぶんこの後は晴れないなぁ・・・

b0168647_21131075.jpg


b0168647_21135722.jpg

山腹のそこらじゅうから水蒸気を発しています。

b0168647_21134439.jpg

ここを分岐して下って行きます。15分って書いてありますね(汗)



b0168647_211452.jpg


b0168647_21141558.jpg

紅葉の海に降りて行くような感覚です。

b0168647_21142353.jpg

アップで見てみると正直云ってそれほどキレイではありません。色は良いのですが・・・


歩いている時に誰かが「ここの紅葉は遠くから眺めるもの」的なことを話していたのですが
言い得て妙・・・だなと思いました。

ここの紅葉が早い一番の理由はツツジ!?類などの低木が多いことだと思います。
いわゆるカエデなどの類は無いことはないのですが、どちらかと云えば少数派のような気がします。
(実はあまり良くわかっていません(汗))

なので、あまり近くで見るより全体を見渡す・・・という見方が正解なのかも知れません。

b0168647_21143274.jpg


b0168647_21144175.jpg

こちらの方角には青空は見えませんでしたが、奥の山はすっかり白いものに包まれてしまいました。

b0168647_21145099.jpg

緑の木があるところが、更に紅葉の赤を引き立てています。

b0168647_21145982.jpg

さっきまで居た姥が平を見上げてみます。こっちも曇ってしまいました。

b0168647_2115894.jpg

木の中に入って行きます。

b0168647_21151692.jpg


b0168647_21152489.jpg

姥が平に到着です。 砂状の平地(広場)があってテーブル・ベンチなどが設置してあります。

b0168647_2342294.jpg

今降りて来た方を振り返っています。 本当なら正面に茶臼岳が見えるのですが・・・(8:40)


あ~あ、晴れていたらなぁ。


朝食はクルマで食べてきたばかり!?ですので、食べるものは持って来ませんでした。
このまま戻るのもあんまりですので、この先にあるひょうたん池まで行ってみます。

b0168647_21154875.jpg

さっきの道標から400m歩いただけですが、ここでひょうたん池と分岐します。

b0168647_21155789.jpg

ここで右折をして木道を歩きます。

b0168647_2116529.jpg

葉っぱの黒が無ければもっとキレイなのに・・・などと云ってもしょうがありませんね。

b0168647_21161424.jpg

着きましたっ。 池の岸に降りてみます。


ここひょうたん池からの茶臼岳の絵は定番アングルなのですが・・・

b0168647_21162293.jpg

今日は残念! ですね。 でも紅葉はピークなのかな??

b0168647_21163136.jpg

水面に映る紅葉

b0168647_21164073.jpg

ちょっと右を見ると・・・ キレイですけどガスが酷くなって来ましたね。

b0168647_2117557.jpg



しばらく写真を撮りながらたたずんでいました。
時期的にはピークに来られたこと(去年よりは一週間以上早い)と
茶臼岳が見えなかったことを合わせて、今後の宿題として持ち帰ろうと思います。(9:00)


さてっ、戻ろうか。


b0168647_2118331.jpg

木道を200m戻った分岐点は、さっきよりだいぶ見通しが利かなくなっていました。

b0168647_21181245.jpg

落ち葉が敷き詰められた小道は冬の気配・・・ってまだ10月初旬なのですが

b0168647_21182018.jpg



ガスというより霧雨に近くなって来たので
広場に戻ったところで雨支度をします。

2つ持っているカメラのうちのひとつ(7D+70~200mm F2.8)をザックに仕舞い
上には雨合羽を羽織ります。
ザックにも防水カバーを被せて準備終了です。
(下は面倒くさいのでまだ履いていません)


さて登ります。
たぶん今回の区間的にはここ姥が平からの登りが一番キツいと思います。
木の方が自分の背丈より高い区間を通り過ぎて・・・


b0168647_2118291.jpg

見通しが利くところに出てきました。 はぁはぁ、疲れた。(9:22)

ちょっと立ち止まって体力の回復を待ちます。

b0168647_21183721.jpg

牛ヶ首の方には霧越しに太陽が見えています。 変な天気だなぁ・・・

b0168647_21184569.jpg

ホントはここ道じゃないな・・・と思ったのですが、確信犯!?で着いて行ってしまいました。 うっすらと山頂が見えています。

b0168647_21185275.jpg

こちらは牛ヶ首

b0168647_2119140.jpg

山腹を通っている道まで上がって来ました。(9:30)


ふうっ。


b0168647_11174963.jpg

by chage_diary | 2013-10-06 18:50 | お出かけ | Comments(0)
<< 那須茶臼岳 紅葉 2013 その1 那須茶臼岳 紅葉 2013 その3 >>