2013 紀伊半島【12】(3日目・その1)

b0168647_23155263.jpg

大台ヶ原 日出ヶ岳の山頂より






2013.08.24(土)

夕べは横になっているうちに寝てしまいました。
たぶん20:00過ぎのことだったと思うのですが、途中で目覚めることもなく朝6:00頃まで寝ていました。
10時間近く寝たことなんて近年無かったのですが、やはり疲れていたのでしょう。

b0168647_23183539.jpg

7:00前の部屋から見た外の景色です。霧は出ていますが、雨は降っていないかな??


b0168647_23184230.jpg

泊まった部屋です。

b0168647_23185080.jpg

客室とは反対側の窓の外です。こちらも山の中

b0168647_23185718.jpg

内装はリニューアルしてあるのでしょうか? 元々は公共の施設だったような造りでした。

b0168647_2319431.jpg

部屋では寝ていたのでテレビを見たのははじめてかと・・・ ストーブを置いてあるのがここの自然環境を物語っています。

b0168647_23191266.jpg

今日歩こうと思っている、大台ヶ原のコース図です。(東コースです)


食事は7:00からだったと思うのですが、ちょっと遅れて行ったところ
もうほとんどの人が食べ始めていました。
やはり山の朝は早いです。

b0168647_23192080.jpg

朝食はこんな感じです。昼のお弁当もお願いしてありました。

いただきま~す。

b0168647_23192854.jpg

温泉卵はご飯に乗せて・・・


朝食後は山を歩く準備を始めます。
この天気ですから、雨合羽は最初から着ることになりそうですね。

b0168647_23193656.jpg

こちらが宿の入り口です。

b0168647_23195266.jpg

山の道具はクルマの中に入れっぱなしでしたので、クルマの前で着替えました(汗)

b0168647_23195933.jpg


b0168647_2320532.jpg


b0168647_23201216.jpg

こちらが駐車場の全景


昨日の夜はドタバタした上で寝てしまったのですが、ここ大台ヶ原がどのようなところかを書いていませんでした(汗)

大台ヶ原山(おおだいがはらやま)は奈良県吉野郡上北山村、同郡川上村および
三重県多気郡大台町旧宮川村に跨って座す山。
山全体が特別天然記念物に指定されている。深田久弥によって「日本百名山」の一つとされている。
日本百景、日本の秘境100選にも選ばれている。最高点の日出ヶ岳(ひでがだけ)は標高1694.9 mで三重県の最高峰である。

大台ヶ原は世界的に見ても多雨地帯であり、これが植物や動物など生物の生育と分布に大きな影響を与えている。
そのため吉野熊野国立公園のなかでも特に規制の厳しい特別保護地区に指定されている。
日出ヶ岳の直下、正木嶺や正木ヶ原ではトウヒの立ち枯れと笹原が見られる。
これは、1959年(昭和34年)に近畿地方を襲った伊勢湾台風がそれまで地表を覆っていた森林を破壊し、
その木々が流出したことによりそれまで地面に自生していたコケ類が衰退、代わって、ササ類が繁茂し始めたためである。



大台ヶ原は日本百名山に入っているくらいですから、山としてもその地位は高いのでしょうが
自分としては、多雨地帯だということのインパクトの方が高いのです。
いつか見た 国営放送の番組 大台ケ原 日本一の大雨を撮る がそうさせているのかも知れませんが
それ以前に雨の多いところというイメージは刷り込まれていました。

ちなみに、一昨年の11月にここの苔探勝路を歩いた日記は こちら です。

その時の日記を見てみると 「今に時間が出来れば、日出ヶ岳とかにも行ってみたい」 と書いてありました。

思いは叶う!のですね。


b0168647_14345496.jpg

現在地・・・はビミョーに違いますが、今日歩こうと思っている東大台の地図です。(赤線)


b0168647_2322057.jpg

8:30過ぎに出発です。

b0168647_232275.jpg

砂利が締め固められていて歩きやすい道です。

b0168647_2322192.jpg

まだ雨は降っていないまでも、霧は結構出ています。

b0168647_23222745.jpg

木々の緑が良い感じ。

b0168647_2322351.jpg

屋久島と並んでの多雨地帯ですので、やはり苔は多いようです。

b0168647_23224352.jpg


b0168647_23225138.jpg

倒木にも苔が・・・

b0168647_23225828.jpg

とても歩きやすい道です。合羽を着ているとやはり暑くなって来ました。

b0168647_2323590.jpg

まだ紅葉にはちょっと早い?

b0168647_23231446.jpg

木の幹の根元には鹿に食べられないようにネットが巻かれています。

b0168647_23232190.jpg

スタートから山頂まではほぼ2kmとお手軽な登山道です。

b0168647_23232899.jpg

早くも色づく葉がありました。

b0168647_23233550.jpg


b0168647_23241769.jpg

坂道は石だたみになっていて、歩くのは容易です。

b0168647_23242680.jpg

数少ない咲いている花々

b0168647_2324327.jpg

雨が降り始めて来ました。霧も濃くなったなぁ・・・

b0168647_23244147.jpg

山頂まで残り300mです。

b0168647_23244866.jpg

この倒木は台風にやられたのでしょうか!?

b0168647_23245560.jpg

山頂間近になると階段が待っていました。

b0168647_2325183.jpg

傾斜はそれなり

b0168647_2325847.jpg

山頂と思われる展望台が遠目に見えて来ました。

b0168647_23251653.jpg


到着ですっ。


大台ヶ原の最も高い標高1694mの山頂です。展望台からは大峯連山、台高山系、熊野灘を望むことができます。
日の出の鑑賞ポイントであり、 晴れた日の早朝には富士山が見えることもあります。



何か山を登ったというより、散歩道を歩いて来た。
という感じですが、これで日本百名山を登ったことになります。
歩行距離2km 標高差100m(爆)
かなりお手軽だなぁ・・・

これで今年のなんちゃって登山的には 草津白根山 日光白根山 ここ大台ヶ原 の三座に登ったことになります。(汗)


b0168647_23252241.jpg

天気が良いと、このような山々が見えるそうですが・・・

b0168647_23252940.jpg

実際はこんな感じでした。 (T_T)

b0168647_23253661.jpg

雨が多いところ的アピールがされていました。


晴れていて空気が澄んでいると、遠くには熊野灘が見えるそうです。
大台ヶ原はとんでもない山の中にあるようなイメージですが
実際は海から20kmも離れていません。
一昨日泊まった紀伊長島からも、そのくらいの距離です(かなり遠回りをしないと辿り着きませんが・・・)

関東の人間にわかりやすく云うと 野辺山から八ヶ岳を見ているような距離感です。

・・・でも実際には見えませんでしたから、わからないままで終わってしまいました。


残念ですっ。


b0168647_23254394.jpg

後続の方達が登って来ました。


・・・まだウォーミングアップが済んでいないようなまま登ってしまいましたが、先に進みます。

b0168647_23255119.jpg

階段を下る時、ちょうど霧が晴れて先が見えました。

b0168647_23255719.jpg

ちょっと視線をそらすと水墨画のようです。

b0168647_2326490.jpg

あとにも先にもこの時だけでしたが、一瞬霧が晴れました。
by chage_diary | 2013-09-08 20:40 | お出かけ | Comments(0)
<< 2013 紀伊半島【11】(2... 2013 紀伊半島【13】(3... >>