玉原 その2 (秋の気配)

b0168647_12405373.jpg

玉原湿原に寄ってみました。ここにはもう秋の気配がっ・・・






2013.08.10(土)

たんばらラベンダーパークを後にする時、
駐車場の兄さんに「(この道は)藤原に抜けられるのですか?」と聞いてみたのですが
どうにも返事がちんぷんかんぷんです。

沼田からここ玉原までは県道266号を登って来るのですが
詳細な地図を見ると、ここから(山の反対側にある)水上の藤原地区まで道が繋がっているのです。
おまけに直線距離で云えば5kmもありません。

もし通り抜けることが出来るのであれば、 角弥 にでも行って蕎麦でも頂こうとたくらんでいました。
でも結局ハッキリしなかったので、まずは行かれるところまで行ってみることにします。


・・・ところが。


b0168647_12393153.jpg



残念でした。


走り出して5分も経たないうちに行き止まりになってしまいました。
どうやら車道は続いている(どこまで?)ようなのですが、一般車!?の通行は禁止されているようです。

ということで、角弥・・・蕎麦の話もどこかに飛んで行ってしまいました。


道は行き止まりになってしまったのですが、
すぐ側にクルマを2~30台は置くことが出来そうな広い駐車場と
なにやら食堂とおぼしき建物がありました。


b0168647_12394082.jpg

こちらです。 レストラン玉原 とあります。


すでに時刻は14:00近くとなっており、このまま下界に降りて食堂を探したとしても
開いている店をすぐに見つけられる保証はありません。
早くても15:00近くになってしまいそうですし・・・

・・・ですので「ここは勝負!?」的な感じで入ってみることにしました。

和風と書いてあったのですが、メニューを見ると 天ざる蕎麦が 1,450円とあります。
少々高いなぁ・・・と思いつつ、頼んでみたのですが・・・

b0168647_12394717.jpg

どど~ん。 出てきたのはこちらです。


写真ではわかりにくいのかも知れませんが・・・

蕎麦が小さいのではなく、天ぷらが大きいのです。
基本的にはすべて野菜天なのですが、いろいろな種類の天ぷらがたくさんありました。
(たぶん10個は下らないでしょう)
数だけではなく、どれも大きいのです。
モノはというと地元で採れたと思われる野菜(にんじん・かぼちゃ・まいたけ・いろいろな山菜等)がてんこ盛りでした。

別にある小鉢も小とは云えないくらいの中身です。

天ぷらは正直云って食べ切る自信がなくなって来たので、取り分けて頂きました。

お味はどれも結構なものでしたので、実はかくれ人気店なのでは・・・と思いましたが
意外と情報がありませんでした。


どうもごちそうさまでした。


通常ですとこのまま下に降りて水上方面に行き、坤六峠を越えたりするのですが
今日はどうにも時間が中途半端です。

食後腹一杯なこともあって、すぐ近くにある玉原湿原を歩いてみることにしました。
ここからですと、一周して来ても1時間程度で済みそうです。
そういえば玉原湿原ってGWになると関東地方では「ミズバショウが咲いた」とニュースになったりしますね。


b0168647_12395426.jpg

ということで、これが案内看板です。


食堂の店主によると車道を12分歩くと湿原の入り口だと言っていたので、まずは歩き始めます。
ビミョーに下っていますので、戻る時は登りになるんだなぁ・・・などと思いつつ。


b0168647_1240244.jpg

下っていますよね・・・

b0168647_12401099.jpg


b0168647_12401828.jpg


b0168647_12402656.jpg

ここまで約500mくらい だらだら歩いても10分ちょっとでした。


湿原との分岐に来ました、ここからは右に分かれ木道を歩きます。

b0168647_12414549.jpg

こんな感じです。


そういえば、食事をする前には駐車場のクルマの台数がかなり多かったのですが
食後にはだいぶ減っていました。

時間も時間ですから、皆さんもう帰られたのでしょう。


そういう理由もあるのでしょうが、他に歩いている人もほとんどおらず
静かな散策をすることが出来ました。
(混んでいる尾瀬ヶ原の木道がトラウマになっているようです)

b0168647_12415429.jpg

傍らに咲く ヒメオニユリ

b0168647_1242119.jpg



湿原までは分岐から5分も掛かっていません。

b0168647_1242955.jpg

木道の整備工事を行っていました。

b0168647_12441080.jpg


玉原湿原は、武尊山の山麓に広がる日本海型ブナ林に囲まれている湿原です。
植生の珍しさから尾瀬に例えられ、「小尾瀬」とも呼ばれ、ミズバショウをはじめ、
四季を彩る可憐な草花を見ることができます。
徒歩で遊歩道を1周して戻ってきても約1時間と、手頃な散策が楽しめます。
少し足を伸ばすとブナの巨木が林立する「ブナ平」に出ます。



それでは木道を一周してみましょう。

b0168647_1244198.jpg


b0168647_12442784.jpg


b0168647_1244356.jpg


b0168647_12444326.jpg


b0168647_1244519.jpg

こちらの草はうっすらと色付いているような・・・

b0168647_12445853.jpg

気のせいじゃなくって・・・

b0168647_1245636.jpg

しっかりと色が変わっていました。


この日は甲府市で40.7度を記録したらしい(2日後に高知で41.0度の新記録!?が出ました)のですが、
山の上では確実に秋が近づいて来ているようです。

それにしても今年の夏は梅雨明けは早かったものの、カラっと晴れた日が少なく
この数日で急に暑くなりました。
いまだにこれが夏だっ! というような入道雲を見ていないように思います。


b0168647_12451374.jpg


b0168647_12452133.jpg


b0168647_1245293.jpg


半分ほど歩くと、しばらくは林間を歩きます。


b0168647_12453755.jpg


b0168647_12454539.jpg

ブナ平に行くにはこちらの道らしいのですが、今日はやめておきます。


b0168647_12463064.jpg


b0168647_12463919.jpg

なかなか見事なキノコですねぇ。

b0168647_1246478.jpg

こういうのを見ると秋も遠からじ・・・なのかな!?

b0168647_12465884.jpg

あまりキレイに咲いていないですがリンドウです。

b0168647_1247692.jpg


b0168647_12471596.jpg


b0168647_12473335.jpg


b0168647_12474423.jpg


b0168647_12475238.jpg


b0168647_1248115.jpg



玉原湿原・・・期せずして訪ねることが出来ましたが
こぢんまりとしていいところでした。

また涼しくなったら考えようかな・・・


b0168647_124885.jpg


b0168647_12481855.jpg

ぶなのわきみず 美味しかったです。


戻って来たところ レストラン玉原 はすでに閉店していました。
by chage_diary | 2013-08-11 10:20 | お出かけ | Comments(0)
<< 玉原 その1 (ラベンダー) 玉原 その3 (赤城神社) >>