玉原 その1 (ラベンダー)

b0168647_1032208.jpg

天気予報では今日の気温が「40度近くまで上がる」とのことでしたので避難しに来ました。






2013.08.10(土)

世間では今日からお盆休みに入ります。
自分の場合毎年その翌週に夏休みを取っているので、今週は普通の週末なのですが・・・

ここ2週間ほど地元で大人しく!?していたので、久しぶりに出かけてみることにしていました。
行き先については前日までほぼ白紙だったのですが
なんとなく玉原までラベンダーなどを観に行ってみようという展開になりそうです。
・・・なので、一応割引クーポン(1000円→900円)などもプリントしておきました。


あまり朝早いのも何だったのですが、それでも6:00ちょっと過ぎには自宅を出発します。
天気予報を見ると、朝5:00の気温が29度とか言っていますが・・・

やはりテレビでの交通情報なのですが、どの高速道路も7:00には渋滞35kmなどと予想されているので
当然拘束道路に入る気はさらさらありません。
いつも!?のR122~125~17のルートで群馬県入りします。
普段はそのまま渋川方面に抜けるのですが、今日はR17BPが突き当たったところで右折して、赤城山に登ってみました。

赤城南麓広域農道から赤城西麓広域農道で山の中腹をぐるっと回って行きます。
最近はここが目的地というより、関越道渋滞時のエスケープルートとして使っているような・・・


b0168647_10332035.jpg

赤城西麓広域農道の最後の方です。 周囲の景色は雄大ですっ!

b0168647_10333054.jpg

道もまっすぐでちょっと北海道チックです。

b0168647_10333763.jpg

いちばん違う!?のは、植えてある作物にコンニャクが多いこと。さすが群馬ですね。


片品川の河岸段丘をクリアするために望郷ライン!?から一度谷底まで下り、また登って行きます。
雄大な地形は移動も大変です。
(このあたりの望郷ラインがどのように走っているのかが、イマイチ理解出来ません)


b0168647_10334592.jpg

道の駅 川場田園プラザにて休憩


なぜかそこで少々の買い物などをする展開となりました。
その後いよいよ玉原へと向かいます。

b0168647_10335215.jpg

この区間も望郷ライン!?のようです。

b0168647_1034064.jpg

最後の山登りは結構急なんですよ。


そんな感じで、ぼちぼち寄り道をしていた(当然、朝食もとっています・・・コンビニですが)ので、
到着に5時間近くを費やしてしまいました。
さすがに盆休みですね、駐車場も結構混んでいます。


b0168647_1034792.jpg



夏の玉原高原に咲く五万株のラベンダーは、関東最大規模の紫の絨毯(じゅうたん)。
見頃は7月中頃から8月中頃です。
標高1300mの爽やかな風とともにお待ちしています。

鮮烈な紫色の花から放たれる高貴な香り、まさに(ハーブの女王)と呼ぶにふさわしいラベンダー。
その色と香りを十分に満喫できる場所、それが玉原ラベンダーパークです。
本州では 鮮やかな紫色に色ずけるのは難しいラベンダーですが,
玉原では北海道富良野より良質の花を株分けし、5万株の花の園に育て上げました。
高原の爽やかな風の中で楽しむ、関東最大規模を誇るラベンダーパーク。玉原は夏もうれしさいっぱい。


b0168647_10341588.jpg

ゲート手前のプランターに咲く花は良く手入れされていました。


入園料の900円也(100円割り引いています)を払って中に入ります。

ちなみにここ、たんばらがどういう気候かと申しますと・・・
下界(東京)では39.5度 ここ 25度 という表示(11:00現在)がされていました。
14度違うと全然違いますね~っ。
日差しは厳しかったので日向はツラいのですが、日影に居る分には湿度が低いのも相まって涼しく感じるくらいです。



b0168647_10342375.jpg

ここが入ったところ(リゾートセンター)です。 たんばら・・・冬はゲレンデです。


何年前か覚えていませんが、かなり昔に滑りに来たことがあります。
その時の記憶は「下の方は狭くて平らだなぁ・・・」なのですが
まさにその平らなところを登って行きます。
(別料金でリフトに乗ることも可能なのですが、ハナからその気はありません)


b0168647_18544995.jpg

これが現在の開花状況です。 もうシーズンの終わりも近いのでしょうが、まだ楽しめそうです。


b0168647_10343111.jpg


b0168647_1034409.jpg

ラベンダーだけではなく、いろいろな種類の花が咲いていました。


ガラじゃありませんが、キレイに咲いています。


b0168647_10344724.jpg

このような道を登って行きます。

b0168647_10345459.jpg

道の左側は全部ラベンダーです。

b0168647_1035233.jpg

中央広場まで歩くと20分とありましたが、リフトを使っても10分ほど掛かるようです。 どれだけ遅いのか!?


リフトに乗り慣れない!?人が何回も停めていたようですので、
かなりゆっくりの乗車となりそうです。

自分は健康の為と経費節減を兼ねて歩いて登ります。


b0168647_10351069.jpg


b0168647_10351911.jpg

ここは緩斜面過ぎてボードで降りて来るのは大変そうなんですよね~。


野草園と書かれていたところを登って行くのですが、端っこの林に近いところにはそれっぽい花が咲いていました。

b0168647_10352710.jpg


b0168647_10353539.jpg


b0168647_10354292.jpg

まだまだ登るなぁ・・・

b0168647_10355049.jpg

写真を撮ったりしてダラダラ登ったので20分以上は掛かったと思いますが、中央広場に到着ですっ。


ラベンダー的には開花時期も含めて、ここからが本番!?でしょうか。

早咲き・中咲き・遅咲き があって、8月中旬の現在はちょうど遅咲きが見頃になるようです。 

あとは、 まぁ 歩いてみましょう。



b0168647_10373519.jpg


b0168647_10374231.jpg


b0168647_10375089.jpg


b0168647_10375828.jpg


b0168647_1038625.jpg

ここが一番上部となる「大展望台」です。

b0168647_10381381.jpg

見下ろすより見上げた方が景色良いかも・・・


ということで、下ります。

b0168647_10382139.jpg

こうやって見ると結構人がいましたね。


天気はと云いますと、曇ってしまいました。
ただ歩く分には直射日光が差していないので、少しは快適かもです。


・・・でも急に雲が切れて


b0168647_10382865.jpg

こんなふうに青空が覗いたりもしたのです。 絵的にはこちらの方がいいです。

b0168647_10383565.jpg




こちらは虹の畑方面・・・

b0168647_10384317.jpg


b0168647_10385073.jpg


b0168647_10385711.jpg


b0168647_1039480.jpg


b0168647_10391873.jpg


b0168647_10392580.jpg



という感じで2時間ほどあっちに行ったり、こっちに来たり・・・をして戻ってまいりました。

以前来た時は、まだシーズン始めだったからかイマイチな印象だったのですが
それを払拭することが出来ました。


さて、13:30を過ぎたので昼食をどうしよう・・・
by chage_diary | 2013-08-11 10:33 | お出かけ | Comments(2)
Commented by 番茶犬 at 2013-08-13 21:39 x
玉原スキーパークは
1)トンネル越えなくて良い
2)下がなだらかで子連れに良い
3)ゲレ脇にキッズ用広場がある
なんて理由で、結構行ってました。

なんか懐かしい景色を見せて頂きました。
当時の記憶が蘇りました
Commented by chage_diary at 2013-08-14 15:46
自分が滑りに行った時は、その日にはじめてボードを履いたという人が一緒に居たので
ずっと一番下に居たのを思い出しました。
自分達の世代からするとトンネルの渋滞ってのはトラウマなのでしょうか!?
シーズン中今だにそっち方面に行こうとは、自分から切り出すことはめったにありません。

その当時はまだゲレンデって混んでいましたね(遠い目)
<< ひまわり 玉原 その2 (秋の気配) >>