東北 2013GW その7

b0168647_23333781.jpg

角館に到着っ。






2013.05.04(土)


少し離れたところにクルマを停めて、10分ほど歩き
武家屋敷通りの北側に到着しました。

今日は決して良い天気ではありませんが、例年でしたらサクラの満開時期ですので
多くの人とクルマで混み合っています。

b0168647_23352489.jpg

たくさん居ますね。 一本だけサクラが咲いているような・・・


b0168647_15463127.jpg

赤い線のところが歩いたところです。 上から降りてきて往復しました。


仙北市角館伝統的建造物群保存地区
重要伝統的建造物群保存地区・昭和51年9月4日選定

仙北市角館伝統的建造物群保存地区元和6年(1620)江戸時代のはじめ、
芦名氏により大規模な都市計画が実施され、その後は佐竹北家の城下町でした。
保存地区は旧武家町のほぼ中央にあり上・中級武士の武家屋敷にあたるところです。

広い通り沿いに塀が連続し、シダレザクラやモミの大木が深い木立を形成し、
江戸時代末期時の屋敷割や主屋・門・倉の屋敷構え、枡型など武家町の特性をよく残しています。



b0168647_23353215.jpg



・・・と書かれているくらいですから、シダレザクラは特に有名で


b0168647_23354087.jpg

国指定の天然記念物であるようです。


例によって、特にコレという場所に行きたいというものもないのですが
北側から入って、ひととおりを通り抜けてみることにします。

どうやら以前ここに来たのは、 2009年の8月 のことでした。
そのときの日記をふり返ると、そのうちサクラの咲く季節に来たい・・・的なことが書いてあるので
人間、意外と執念深いのだな・・・などと思ってしまいました。


b0168647_23354999.jpg

お武家さんのお屋敷も混んでいて、列を作っていました。 こちらは石黒家

b0168647_23355735.jpg

塀の中には立派な茅葺きのお宅があります。

b0168647_2336487.jpg

ここでは人力車がたくさん往来していました。


今日は朝から雨が降ったり止んだりという天気ですから、
5月になったというのに、まだ少々寒い陽気です。

往来する人も傘を持ち、いつ降ってもいいように準備をしていますし
関東でしたら、もう居てもおかしくない「半袖」の人も見かけませんでした。

地元にお住いの方からすると「これだけ天気の悪いGW」は珍しいそうです。

・・・なので、サクラもまだ満開にはならず。

という感じでした。


b0168647_23361211.jpg

先の方にサクラが何本か色を付けているようです。

b0168647_23361935.jpg


b0168647_23362841.jpg


b0168647_23363518.jpg


b0168647_2336443.jpg


b0168647_23365182.jpg

ここは咲いているなぁ・・・

b0168647_23365934.jpg

でもこっちはまだダメ。


そのような状況ですから、おのずと人はサクラの咲き方が満開に近いところに集まります。


今から350年前、京都から迎えたお姫さまのお嫁入り道具の中にあった3本の苗木。
それが元となって長い年月を経て、今日まで残る「角館のしだれ桜」になったと言われています。
武家屋敷の黒板塀にピンク色の花々が映え、町をさらに引き立たせます。



b0168647_23375180.jpg

角館町樺細工伝承館前のサクラが一番良かったので、この人達です。

b0168647_2338079.jpg


b0168647_2338959.jpg

うん、これはシダレザクラだっ。

b0168647_23381855.jpg



咲いている本数がまだ少なかったので、「黒板塀にピンク色の花々」という絵はあまり撮れなかったのですが
片鱗を見ることは出来ました。


それにしても角館・・・すごい人出です。
今日はGWの連休の中日で、(例年でしたら)サクラの満開日だというのは当然の理由なのでしょうが
やはり秋田新幹線の影響も大!?なのだと思います。

自分も昔はまさかここに新幹線が通るようになるなんて思ってもいませんでした
はじめて新幹線に乗って、ここ角館で停車した時には何とも云えない思いでした。

ちなみに東京から3時間で着いちゃうんですね(驚)

今年からは赤い新幹線(E6)も運転を開始しましたし・・・
そういった相乗効果!?もあるのでしょう??


b0168647_23382787.jpg


b0168647_23383551.jpg


b0168647_23384456.jpg


b0168647_23385214.jpg


b0168647_2339086.jpg

この貸し自転車屋さんには記憶があります。


まだまだ先は続くのですが、この辺で折り返すことにします。


b0168647_2339944.jpg


b0168647_23391669.jpg


b0168647_23392423.jpg


b0168647_23393256.jpg


あとは来た道を北向きに歩きます。


b0168647_23394062.jpg


b0168647_23394870.jpg

人力車、大活躍ですね。



ここでもう13:00前になっていたのですが、そろそろ小腹も空いて来ました。
角館を出てから食べるところを探したりしていると、昼食の時間が遅くなり
夕食に差し障りが出ることになりそうです。

ですので、お店は行列で混み合っているのですが
それをわかった上で、稲庭うどんのお店に並ぶことにしました。


b0168647_23474256.jpg

こちらです。

b0168647_23475010.jpg

並んでいますね・・・

江戸の風情が楽しめる和食の店 「古泉洞」

角館らしいたたずまいが魅力の武家屋敷通り。
武家屋敷資料館の近くにある「古泉洞」も江戸の風情が楽しめる和食の店。
角館で一番歴史があると言われる建物で、秋田名物の稲庭うどんやそばが味わえます。



b0168647_23475838.jpg

佐藤養助の直営店(本店)が行く先にあるのはわかっているのですが・・・

b0168647_2348625.jpg


b0168647_23481418.jpg


b0168647_23482198.jpg

結局席に着くまで3~40分は待ったのかな・・・


こういう混んでいる時期には、お店の対応にあまり期待も出来ないのですが・・・
(その旨は最初にお店の方から説明を受けました・・・待ちが長い・メニューは限定です等)


b0168647_2349360.jpg

残念ながらメニューはこの二択・・・ 自分は冷たいうどんが食べられれば満足ですので。

b0168647_23492173.jpg

やっと来ました。



お味はよろしゅうございました。

待った時間に対し、食べた時間は一瞬でしたが・・・(汗)

それにしても、昨日の朝から、宿の食事以外はず~っと麺類を食しています。


b0168647_2349307.jpg

お梅姫ちゃんというそうです。 子供に何か配っていたのは飴だったんだ・・・

b0168647_23494122.jpg

戻りはシダレザクラを遠目で眺めつつ

b0168647_23501676.jpg


b0168647_23502474.jpg

雨が降ってきたので寒々しいなぁ・・・

b0168647_23503114.jpg

そんな武家屋敷通りを後にしました。


一番良い時期!?に角館を訪れた筈だったのですが
天気の影響で少々残念な展開となってしまいました。

ホントは青空の下、満開のシダレザクラなんてのを期待していたのですが・・・

こうやって、宿題が残っていくのが
次回!?へまモチベーションに繋がって行く筈です。


b0168647_23503956.jpg

近所のお宅です。

b0168647_23504654.jpg

桧木内川を渡ります。


食事で時間を使ってしまったのもあったのですが、なんだかんだで2時間強ここ角館に居たようです。(14:15)
ここから肘折温泉まではまだまだ距離もあるので、先を急ぐことにします。
by chage_diary | 2013-05-23 21:10 | お出かけ | Comments(0)
<< 東北 2013GW その6 東北 2013GW その8 >>