東北 2013GW その5

b0168647_23294277.jpg

これでも今回一番良く見えた岩手山です。







2013.05.04(土)


b0168647_2314405.jpg

松川温泉 峡雲荘での朝を迎えました。 昨日同様、天候はあまり優れないようです。


これは今日も八幡平には登れないだろうなぁ・・・などと思いつつ、
まずは朝の温泉に浸かります。(6:00前)


b0168647_2315672.jpg


b0168647_23151483.jpg


b0168647_23144834.jpg

すでに先客がいました。 皆さん、朝早いですねぇ。

b0168647_23145591.jpg

朝からいいお湯でした。

b0168647_23152268.jpg


b0168647_23152971.jpg


b0168647_2315385.jpg

その後、お宿の館内を俳諧してみました。

b0168647_23154826.jpg


b0168647_23155642.jpg

窓の外は雪景色の中、雨が降っていますが・・・

b0168647_2316390.jpg

足下にはフキノトウも生えていました。



7:30になり、朝食の時間となりました。
朝食は客室ではなく、大広間で頂くことになります。


b0168647_2318146.jpg

正しい日本の旅館の朝食と云った感じです。

b0168647_23182147.jpg


b0168647_231828100.jpg

さすがに温泉です。温泉玉子でした。


どうもご馳走さまでした。


ロビーにコーヒーが用意されていると聞いたので・・・


b0168647_23183562.jpg

一杯頂いて来ました。


部屋に戻った後、もう一度風呂に浸かります。


ふぅ、やっぱりいいお湯ですねぇ。



外の天候は相変わらず小雨が降り続いています。
時間は過ぎて行きますが、このまま天気が良くなるのを待っても
あまり希望が持てそうにはなかったので、チェックアウトをすることにしました。


b0168647_2318424.jpg

チェックアウトのお客さんで混み合っていました。 (8:30頃)

b0168647_23184971.jpg

一日に何本も来ないバスです。 一応、路線バスが通っています。


峡雲荘さん、良いお宿でした。

特に温泉は素晴らしい!

今度来る時には、是非とも晴天であることを祈りたいです。





宿を出たあとはダメ元で、樹海ラインへ・・・

ゲートは宿の駐車場から1~200mほどです。


b0168647_23185815.jpg

あぁ、やっぱりダメそうだなぁ・・・

b0168647_2319570.jpg


b0168647_23191299.jpg


b0168647_23191995.jpg



・・・ということで、せっかくここまで来たので
この樹海ラインとアスピーテラインはゆっくり走って堪能してみたかったのですが、
残念な結果となってしまいました。



まぁ、しょうがないですね。



ということで気持ちを切り替え、これもお宿のすぐ近くにある地熱発電所に行ってみます。(8:45)


b0168647_23192921.jpg


b0168647_23193629.jpg


b0168647_23194457.jpg



日本最初の地熱発電所

松川地熱発電所は、1966年10月に日本重化学工業(株)が日本で初めて運転を開始した地熱発電所で、
以来30年以上も発電を継続しています。多くの地熱地域では、生産井から蒸気と熱水が混じって噴出しますが、
松川は蒸気だけが噴出する、我が国では唯一の蒸気卓越型地域です。

地熱発電所では、一般の火力発電所のように蒸気を作るための燃料(石炭、石油など)が要らず、
発電する際に排出される炭酸ガスも火力発電所の1/20から1/200なので環境にやさしく、
また再生可能でもある貴重な国産エネルギーです。

松川では発電のほか、温水を造成して地元に供給しています。
展示室には実物の夕一ビンがおいてあり、内部の構造がわかるようになっています。



この異形な鼓状!?の建屋には以前から興味があったのです。


b0168647_23195252.jpg



松川温泉のようなちょっと鄙びた感じ(失礼)の温泉地と、この地熱発電所との調和が
なんとも云えず、不思議な感じです。

ミスマッチ・・・とでも云うのでしょうか!?

b0168647_2320148.jpg



特に中に入って見学・・・的なことはしませんでしたが、
なかなか楽しく見ることが出来ました。

・・・傘をさしながらですが。




さて、先には進めないので
昨日登ってきた道を下ることにします。

少し下るとミズバショウの群落があることは、昨日の時点でわかっていたので
今日も寄ってみました。


b0168647_23104733.jpg

ぱっと見・・・何だかわからないかも知れませんが これがミズバショウの群落です。

b0168647_23205471.jpg

うまく表現出来ませんが、すごい規模でした。

b0168647_2321418.jpg

散策路には木のチップが敷き詰めてありましたが、その下にはまだ雪が積もっています。

b0168647_23211213.jpg


いやはや、なんとも・・・


b0168647_23212158.jpg


b0168647_2321296.jpg


これ、首都圏から近いところでしたら
とんでもない人が集まっているのでしょうね・・・

路肩の駐車スペースには、自分のクルマ以外には一台しか停まっていませんでした。


b0168647_2321365.jpg


b0168647_23214892.jpg


b0168647_23215554.jpg


b0168647_2322327.jpg


さすがにくどくなって来ましたが、天気が悪いので他に撮れる対象があまりなかったので・・・

ミズバショウ攻勢!?はこれで終わりだと思っていたのですが、
今日はこの後に、第2破!?がやって来ます。



同じ道を戻るのは性に合わないのですが、先に進めないのですからしょうがありません。
昨日も寄った焼走り溶岩流に再度停まってみました。 (9:30)

宿からはだいぶ下ってきたのですが、昨日よりは天気がまとも!?で
なんとか傘をささずに歩くことが出来ています。

b0168647_23224216.jpg

正面にうっすらと見えているのが岩手山です。

b0168647_23225058.jpg

裾野だけですが、はっきり見えていますね。

b0168647_23225798.jpg

黒く蛇行したところが溶岩の後でしょう。

b0168647_2323418.jpg


b0168647_23231133.jpg


b0168647_23231829.jpg



しばらく眺めているうちに気持ち明るくなって来たような気がします。

b0168647_23232596.jpg

今回の岩手山ベストショット??

b0168647_23233289.jpg

アップしてみました。 白いところは当然雪です。

b0168647_23233943.jpg


ちょっと消化不良気味ですが、いちおう岩手山らしきものが確認出来たので良しとしましょう。

今日はこれから、秋田との県境を越えて行きます。
by chage_diary | 2013-05-23 21:30 | お出かけ | Comments(0)
<< 東北 2013GW その4 東北 2013GW その6 >>