東北 2013GW その3

b0168647_028794.jpg

ご当地麺・・・その2は盛岡冷麺でっ。






2013.05.03(金)


b0168647_10565072.jpg

肴町の界隈を歩いて、中津川を渡ります。


基本的には駐車場に戻ろうと思っていたのですが、
橋を渡った正面は盛岡城址(公園)でした。

それはスルーする理由がないですね。


南部藩主の居城であった盛岡城の旧跡。盛岡城は28代藩主重直の時代寛永10年(1633)に完成。
北上川、雫石川、中津川を自然の壕に利用した平城で、不来方城とも呼ばれた。
現在は石垣や池が残り、盛岡城跡公園(もりおかじょうあとこうえん)として四季を通じて市民に親しまれている。

春の桜や秋の紅葉、梅林、藤棚、アジサイ、バラ園などもあり、さまざまな木々花々が四季を彩ります。



正面からではありませんでしたが、植え込みの間をガサガサと入って行きました。


b0168647_105722.jpg

立派な石垣が残っていますねぇ。

b0168647_1057480.jpg

春の訪れが遅いおかげ!?で、桜の花がいい具合に咲いています。

b0168647_10571799.jpg

ちょうど新緑の時期です。 自分の家の方とは約1ヶ月違うかなぁ

b0168647_10571927.jpg

どんどん上に上がってみようかと・・・

b0168647_10573188.jpg

まさにさくらまつりなのですね。

b0168647_10573246.jpg

花見で集まったかと思われる学生さん!?が多数・・・

b0168647_10574489.jpg

一方こちらはシートを敷いた家族連れ!?がっ・・・


傘をさしている方がいらっしゃるように、雨がまた降って来ました。
天気が良ければ、もう少したくさんの人がいたのではないかと思われます。


b0168647_10574653.jpg


b0168647_10575865.jpg

この石垣を上るといちばん上に上がります。


b0168647_10581089.jpg

こちらが天守のあったところのようです。 これはたぶん何かの像の台座かと思ったのですが・・・


南部42代利祥(としなが)が24歳で日露戦争において戦死し,
その功によって,功五級金勲章を受けたことを顕彰する像で,1908年(明治41年)9月に建立されましたが,
銅像本体は1944年(昭和19年)に軍需資材として撤去され,現在は台座のみが残されています。



・・・だそうです。



b0168647_10575942.jpg

いちばん高いところから市街(というより花見をしている場所)を見下ろします。

b0168647_10581217.jpg

二の丸と本丸を結ぶこの橋は、当時「御廊下橋」と呼ばれたそうです。


公園の中には、石川啄木がよんだ

 不来方( こずかた )のお城の草に寝ころびて
 空に吸はれし
 十五の心


の歌碑があります。



b0168647_10582655.jpg

こちらがそうです。

b0168647_10582820.jpg

歩いてきたところをふり返って・・・




盛岡城址を降りてくると、なにやら神社がありました。

b0168647_10584137.jpg

櫻山神社というところのようです。


創建は1749年。社殿が盛岡城三の丸跡にあり、南部藩の総鎮守として信仰された。
大正15年(1926)、南部利淳から桜山神社に寄進された南北朝時代初期の国長作の刀が所蔵されており、
これは国の重要文化財に指定されている。
例大祭は5月25~27日に開催され武者行列や伝統芸能の奉納などが行われる。



b0168647_10584366.jpg

ちょうど桜も満開でいい感じです。 この石は何なのでしょうか?


「烏帽子岩(兜岩)のいわれ」

盛岡城築城時、この地を掘り下げたときに、大きさ二丈ばかり突出した大石が出てきました。
この場所が、城内の祖神さまの神域にあったため、宝大石とされ、
以後吉兆のシンボルとして広く信仰され災害や疫病があった時など、この岩の前で、平安祈願の神事が行われ、
南部藩盛岡の「お守り岩」として、今日まで崇拝されています。



烏帽子岩というと茅ヶ崎の沖にあるそれを思い出してしまうのが世代なのでしょうか(汗)
やはりこれだけ立派なものですから、由縁はいろいろとあるのでしょうね。


b0168647_105856100.jpg


b0168647_10585847.jpg



そしてその山門を出て、前にあるいい感じの横丁を歩いてみます。


b0168647_1123118.jpg





b0168647_1122153.jpg

この店はなかなか行列がすごいなぁ・・・と思っていたのですが。


白龍 (パイロン)

盛岡における庶民的名物元祖じゃじゃ麺の店

開店からおよそ50年。元祖『じゃじゃ麺』の店として愛され続けている。
簡単に言うと、茹でた平麺に特製肉味噌をからめて食べるのだが、
食べる前に箸で思い切りかき混ぜるか否か、酢やニンニクなどを加える加えないなど、
人は皆それぞれの食べ方をもってじゃじゃ麺に入れ込んでしまう、不思議な魅力の名物だ。



なんと老舗だったのですね。
まぁかなりの時間並びそうだったのと、じゃじゃ麺は今朝食べたのとを合わせて
食指は動かなかったのですが・・・




b0168647_1123679.jpg

盛岡城址(公園)はこちらから入るのが正解!?なのでしょうね。



じゃじゃ麺は何だったのですが、そろそろお腹が空いて来ました。
たぶんもう13:00は回っていると思います。

手持ちの観光案内を見ながら歩きます。

まずは、非常に栄えた商店街を通ってみます・・・



b0168647_1124544.jpg

バザーのようなものがとり行われていました。

b0168647_1124933.jpg



実はお昼にはなんとなくですが 冷麺 を食べたいと思っていました。

どうせなら、それなりに名が知れた店で食べたいと思っていたのですが
例によってロクに調べずに・・・

後々見てみると、ここのすぐそばに老舗があったようなのですが・・・


そんなことは知らずに、別に見つけたお店に向かって歩いて行きます。

空いているといいなぁ・・・


b0168647_1125880.jpg

ということで到着しました。 三千里さん です。



ちょっと拍子抜けなのですが、全然空いていました。
ほっとした一面・・・ えっ。 という感じだったのですが。


ランチメニューに 冷麺とビビンバのセットがあったのでそれにします。
焼き肉もときめいたのですが、ここで食べ過ぎてしまうと夕食が入らなくなってしまいますので控えます。


b0168647_113850.jpg

先に出てきたビビンバ

b0168647_1131873.jpg

そして本命!?の冷麺


味は予想出来ていたのですが、美味しかったです。
普段食べるのは大型ショッピングセンターのフードコート・・・というパターンが多かったのですが
やはりそれらよりは美味しい気がします。

b0168647_1132282.jpg

カクテキもお好きなだけどうぞ・・・という感じです。 (食べ放題じゃありません)


満足しましたっ。 !(^^)!



・・・ということで、クルマを停めてから2時間を過ぎようとしています。

そろそろ戻ろうかと・・・


外に出てみると、雨は本降りに近くなっていました。



b0168647_1133115.jpg

今回は行きませんでしたが、新婚の家だそうです。 3ヶ月ほど住んだようですね。

b0168647_1133670.jpg

雨なのでバザーも撤収しているようです。

b0168647_1134522.jpg

駐車場から石割桜を眺めます。


そしてクルマに乗って盛岡を後にすることとなりました。
どうやら2時間半ほどふらふらしていたようです。


雨が降り始めるのが遅くて良かった・・・


b0168647_1135082.jpg




時間も14:00を過ぎていたので、そろそろお宿のある八幡平方面に向かいます。


b0168647_1135934.jpg

R4です。 盛岡郊外は混み合っています。

b0168647_114374.jpg

しばらく走ると周囲は閑散として来ました。 途中で給油を済ませて・・・


R4を離れてR282に入ります。

b0168647_1141168.jpg

そして道の駅 西根 に到着っ。
by chage_diary | 2013-05-23 21:50 | お出かけ | Comments(0)
<< 東北 2013GW その2 東北 2013GW その4 >>