北信耐久ツーリング(ダイジェスト編)

b0168647_20242449.jpg

信州は飯山市にて。 サクラの背景に雪山・・・う~んすてきです。






2013.04.28(日)


もう毎年恒例!?と云ってもいいのでしょうか。 GWの前半は滑り納めも兼ねた北信へのツーリングに行ってまいりました。


通常は群馬県の草津側から志賀草津道路を越えて約200km、だいたい4時間くらいで到着するのですが
季節はずれの降雪で、なんと開通(25日)の翌日には通行止めとなってしまいました。
(結果的には26日の15:00から29日の8:00まではダメでした)

・・・なので不本意ながら、長野市経由で向かうことにします。
距離にすると70kmほどの遠回りとなるのでしょうか。


高速道路を使うとお金が掛かってもったいないので、自宅から東部湯の丸ICまでは下道を使いました。
(睡眠時間はそれなりに確保したいので、時間と相談しながら走りました)

R17で高崎市街を走ったのなんて、いつ以来のことだろう・・・
夜中の碓氷バイパス・・・ 大昔のバススキーツアーでは良く使っていました。

本庄児玉IC~信州中野IC間は深夜料金で1900円ほどかかるのですが、頑張った結果850円で済みました。


う~ん、セコいなぁ・・・



22:00過ぎに自宅を出発して、3:00前には現地に到着しました。
5時間だったら許容範囲内かなぁ・・・


b0168647_202658100.jpg

3:00の志賀高原熊ノ湯スキー場です。 一応空には月が覗いているのですが・・・

b0168647_202744.jpg

そして06:00前の起床時です。 どよ~んとしたイヤな空の色です。


あ~あ


あまり気分がスッキリしないまま、ダラダラと滑るための準備を始めます。


b0168647_20271317.jpg

気温マイナス2℃ですか~。 それなりの支度を整えて来たので、凍えずに寝ることが出来ました。 2時間ちょっとでしたが

b0168647_20272056.jpg

リフトに乗っている時に一瞬だけ青空が覗きました。 あとにも先にも滑っている時に見えたのはこの時だけ・・・



熊ノ湯スキー場では、ポール(競技)練習用に 6:00~8:30の間だけリフトを動かしてくれるのです。
本来でしたら自分のような一般スキーヤーは門外漢なのでしょうが
そのおこぼれ的に滑らせてもらっているのです。

リフト券は1500円(安っ)ですし、休まずに2時間半も滑ればなんとなく満足出来てしまいそうです。

今日は気温が低かった上に、前日に降雪があったので
一部を除き、ハイシーズンに近いコンディションで滑ることが出来ました。

ただ山の上部はガスっていて、展望は利きませんし、寒いのです・・・
他の標高が低いゲレンデで云えばハイシーズンと変わらない気候ですから。



b0168647_20272899.jpg

いちばん見通しが良い時でこの眺望でした・・・ 晴れていれば北アルプスまで見渡せるのに



なんだかんだで2時間半・・・リフトは10数本乗ったでしょうか!?


満足しました。 (疲れました)


自分的には、これで2013スキーシーズンの終了です。





クルマに戻って撤収をしますが、せっかくここまで来たので
これまでの慣習!?に乗っ取り渋峠まで登ってみます。
(通行止めになっているのは群馬県側のみなのです)

今年は見られない「雪の回廊」は今後の宿題!?でしょうか。


b0168647_20273496.jpg

いゃ~っ、残念です。

b0168647_22565652.jpg

これでも「雪の回廊」なのかなぁ??

b0168647_20274347.jpg

天気が良ければ混み合うはずなのに・・・

b0168647_20274890.jpg

ということで、残念ながら今日はここまでです。 日本の国道上を走っているクルマの中では一番高いところに居ます。(爆)

b0168647_20275667.jpg

一応、記念撮影などを。普段はこの場所に停まっていることなんて出来ませんから・・・

b0168647_2028234.jpg

毎年、この日の為にタイヤ交換を先送りしています。 履いてて良かった~っ。

b0168647_20281189.jpg

横手山山頂へのエスカレーターもこれじゃ営業出来ませんね。

b0168647_2332462.jpg

去年の秋には絶景を見せてくれました。

b0168647_20281720.jpg

道路を走りながらリフトに乗っている人が見える、珍しい場所です。






・・・ということで、あとは一気に下界へと下ります。




b0168647_202825100.jpg

一度は泊まってみたい角間温泉を冷やかし??


長野電鉄夜間瀬駅で偶然遭遇・・・

b0168647_2028322.jpg

元成田エクスプレスと・・・

b0168647_20284037.jpg

元日比谷線です。


以前もこんな感じで遭遇したので、結構本数の多い路線なのかと思いきや・・・

結構貴重なシーンっぽいです。

日比谷線!?は10:19発でしたが・・・
その前は8:30 その後は12:06でした。(下り線だけですが)




踏切を渡って、山之内町はR403を走って行きます。


b0168647_211154.jpg

りんごの花越しに北信五岳を眺めます。 春だなぁ・・・



そして、国道を外れ
細い農道へと紛れ込んでみます。

b0168647_211323.jpg

こちらはモモ??

b0168647_2113211.jpg

このお宅のしだれ桜はキレイでした。

b0168647_2114788.jpg

ターゲットであった 大久保のしだれ桜は終了していました。


山の上は真冬の様相だったのですが、去年(のほぼ同じ日に)咲いていたさくらが散っていたということは
今年の春の到来はすこし早かったということでしょうか!?

東京のサクラの開花日は3/16という、異常な早さでしたし・・・




他の木をめざしつつ、しばらくフラフラした後R403に戻ります・・・


b0168647_2114712.jpg

木島平スキー場の中腹に行ってみました。

b0168647_212426.jpg

飯山へと下って行く途中で遭遇したさくら並木です。

b0168647_212596.jpg

里山っ。 と云った風情・・・

b0168647_212209.jpg




このような感じで北信の春を満喫しつつ、のんびりと流して行きます。




毎年ほぼ同じようなことをしているので、勝手はなんとなくわかっています。
時間もそろそろお昼近くとなっていたのですが、今年は富倉蕎麦を食べに行ってみることにしました。


飯山の市街を通り抜けて・・・


b0168647_2125342.jpg

富倉蕎麦といえば 「はしば食堂」 でしょう。 到着は丁度12:00頃


富倉集落はひと山越せば、もう新潟県というところに位置しています。
結構な山奥なんですよ。ここは


b0168647_2122034.jpg

蕎麦(並)と謙信寿司です。 真ん中の漬け物はお通しみたいなものです。

b0168647_2123520.jpg


b0168647_2123487.jpg




美味しゅう頂けました。



b0168647_2125670.jpg

お店の周りは豪雪地帯です。 真ん中奥の塊!?は崩壊した家です。



午後はなんとなく野沢温泉に入ってみたいと考えていたので、
一度飯山市街に戻って、R117を千曲川沿いに下って行きます。


b0168647_2132052.jpg

千曲川沿いのR117沿いより

b0168647_2132173.jpg

路肩には菜の花が咲いています。



ここで菜の花が咲き乱れる その名も菜の花公園に寄ろうかとも思ったのですが
駐車料金の500円が惜しいのと、大変混み合っていたのを理由にスルーして
すぐ近くの山腹にある「阿弥陀堂だより」のロケ地に行ってみました。

ロケ地とは云っても、今となっては傾斜地に田んぼが連なる里山です。
訪ねている人もクルマ一桁台分・・・という感じですので静かでした。



b0168647_2133793.jpg

ここにも菜の花は咲いていました。

b0168647_2133762.jpg


b0168647_2135251.jpg

こちらが阿弥陀堂です。

b0168647_2135219.jpg

千曲川側を見下ろした光景です。 背景は斑尾山でしょうか

b0168647_214777.jpg



ここは、まさに日本の原風景という感じです。



傾斜地を登って降りての30分でした。
食後の腹ごなしには丁度良かったかな・・・




そして野沢温泉に向かいます。



b0168647_2141039.jpg

途中、木島平スキー場(高社山)を背景に



あっという間に野沢温泉に到着しました。(14:00頃)


さすがにGWだからなのでしょうか・・・
いつも停めている駐車場が満車でしたので、そのひとつ隣の空きがある駐車場に停めます。
ここの駐車料金は2時間で300円ですから、そこそこ良心的な価格設定ですね。


果たして今日は何湯入るのでしょうか・・・


b0168647_2152810.jpg

まず最初は王道の「大湯」から攻めてみます。

b0168647_2154167.jpg

お次は麻釜の湯・・・

b0168647_2154471.jpg

続いて真湯 これで終わりにしようかと思ったのですが・・・

b0168647_2155760.jpg

最後に熊の手洗い湯にも浸かってみました。



野沢温泉の湯は基本的に熱いのですが、この日は人も多かったこともあって
冷まされたのか、そこそこ適温!?のところもありました。

1時間ちょっとで4湯入っていますから、当然1つ1つにはそれほど長湯をしていません。
(この時点で15:00過ぎ)


いい湯に浸かりました。



ここから先は基本的に帰還ルートとなるのですが・・・



ここ2年ほど毎年行っている、松之山の美人林に寄ってみます。
寄るとは云っても、津南から10数㌔ほど帰り道とは別方向の山の中へと入って行きます。

この辺りはまだまだ里山にも雪が残っていますねぇ。
信州より越後と云われている地域の方が降雪の量は多いようです。



b0168647_216489.jpg


b0168647_2161849.jpg

今年は雪が減るペースが去年より早い・・・かなぁ

b0168647_2162030.jpg


新芽が萌えかけのブナ林・・・
とてもすがすがしい美しさでした。





この勢い!?で今日は星峠の棚田にも寄ってみました。
某大河ドラマのオープニングで有名になった景色です。


b0168647_2163396.jpg

「天地人」って観られましたでしょうか!?



ここで自分的には楽しいハプニング・・・

自分と同色・同形式のクルマに遭遇しました。


これはめったにないことなんですよ。


オーナーさんがいらっしゃったので、一緒に写真を撮らせて頂き
しばし雑談などを・・・

b0168647_2163631.jpg

名古屋からいらっしゃっているそうです。


お別れの言葉を告げ、星峠を発ちます。

b0168647_217480.jpg

まだまだ雪がたくさんありますね・・・

b0168647_217813.jpg

その先で有名撮影スポット!?と思われるところに寄り・・・

b0168647_2172161.jpg

途中、十日町で日の入りを迎えました。(18:18)


あとはR17に向かい・・・
南魚沼に出ましたが、帰りもセコく越後湯沢までは下道を使うことにします。


b0168647_2172266.jpg

だいぶ暗くなりました。

b0168647_21304268.jpg

ほとんどまっ暗になりました。


越後湯沢で19:00になり・・・

b0168647_21323611.jpg

越後湯沢IC(19:08)から30分ちょっと後!?には渋川伊香保IC(19:43)を降りていました。(行きと同様ここもセコく900円で)


GWですので渋滞は覚悟していたのですが、快調でした。


渋川伊香保ICからは途中まで開通しているR17の所要時間などを確認しつつ・・・
(渋川伊香保IC(19:43)~伊勢崎IC(20:15)までは下道で30分でした)
このあとはR17~R125~R122~R463と走り


前日の晩22:00に出発して、22:00に帰宅しました。
24時間で660kmほど走りました。
久しぶりにこういうツーリングに行くと、非常に楽しいです。

このルートは自分的に王道ながら、いろいろな要素がミックスされていて
飽きることなく走ることが出来ました。



細かいのはモチベーションが上がったら書いてみようかと・・・




お次の遠出はGWの後半、2泊3日で北の方に行って来ま~す。
by chage_diary | 2013-04-29 20:24 | お出かけ | Comments(0)
<< 東北 2013GW(ダイジェスト編) 山田暢久の日 >>