木曽・蓼科 2012秋 その1

b0168647_157438.jpg

陣馬形山の山頂にて。 そろそろ春本番だというのに去年の秋の絵を貼っています。(汗)






2012.11.03(土)~04(日)


世間はもう春になっていて、今更なのですが去年の秋の話を載せてしまいました。
正直、もう書かなくてもいいかなぁ・・・とも思ったのですが。




ここ数年は年に1度の訪問である ロッジモーティブさん が今年の営業を終える
最終日の11/3に泊まりに行こう!ということになりました。

同宿のお相手はこれが3回目となるTさんです。(爆)

毎回のことなのですが、集合は現地(蓼科)にしていますので
初日は一人で秋の信州を巡ってみることにしました。



b0168647_15103067.jpg

金曜日の晩のうちに圏央道の川島ICから高速道路の人となります。


例によって、朝の渋滞を避けたいから前日の晩に出かけるのですが
そろそろ紅葉シーズンに入るので、朝の中央道は混むのでしょう・・・

渋滞の心配の無い(と思われる)中央道原PAで、朝を迎えることにしました。

b0168647_15103787.jpg

結構寒いです。車外気温は0度を指していました。


よくよく考えてみると、このあたりはちょっと前まで日本の高速道路では
標高が一番高いところだったのです。


中央道原パーキングエリア(ちゅうおうどうはらパーキングエリア)は、
長野県諏訪郡原村の中央自動車道上にあるパーキングエリアである。
日本の高速道路にあるSA・PAの中では、最も標高が高い場所(上り920m、下り930m)に位置している。



よりによってそんなところで・・・とも思いますが
もう寝る仕度をしてしまいました。




2012.11.03(土)


b0168647_15104334.jpg

朝起きてみると、クルマのルーフには霜が降りていました。


b0168647_15105363.jpg

朝6:30くらいでしょうか!? まだ空いています。


車外に出てみると寒いです。まだ11月に入ったばかりでしたが
関東地方(平野部)の真冬と同じですね。

b0168647_15105918.jpg

紅葉はちょうどいい時期かも・・・


寒かったので、最低限の準備をしてクルマの灯を入れて出発します。
ヒーターを効かせて、ちょっと身体を温めようかと・・・


b0168647_1511688.jpg

諏訪SAに向けて出発です。


ホンの10数分走っただけですが、諏訪SAに到着しました。
今日は天気が良いですね。

b0168647_1511812.jpg

諏訪湖も良く見えます。 その1

b0168647_15111847.jpg

諏訪湖も良く見えます。 その2


何処で朝食をとったのかを書こうと思ったのですが、時間が経ちすぎていて・・・忘れました。(汗)


b0168647_15112052.jpg

岡谷JCTを過ぎて・・・

b0168647_15112747.jpg

伊那谷を下って行きます。

b0168647_15113382.jpg

前方の山は紅葉真っ盛りです。

b0168647_15114045.jpg


b0168647_15115086.jpg

駒ヶ根ICを降りました。(8:00頃)

b0168647_15115687.jpg

まずは駒ヶ根市街を通過して・・・

b0168647_1512482.jpg

R153を走ります。 前方に見えるのは中央アルプス。


朝一の目的地は陣馬形山にしてみました。
久しぶりに広大な展望を望んでみたくなったので・・・

本来でしたら松川ICを降りた方が圧倒的にアクセスが良いのですが
金銭節約とR153の未踏区間を走ってみるというのが、その言い訳となっています。



b0168647_15121114.jpg


以前来たことがあるので、行き方はなんとなく記憶しています。

アンフォルメル中川村美術館 か A-COOP美里 を目指して行くと
A-COOPの側に 陣馬形山↑(車・バイク)8km という標識が出て来ます。


あとはその標識のままに・・・

b0168647_15122434.jpg

ふり返れば中央アルプスがっ。

b0168647_15122742.jpg

結構狭い・・・中央車線どころか離合が大変な道を上って行きます。

b0168647_15123474.jpg

なかなか重厚な蔵のあるお宅

b0168647_15124192.jpg

最初複雑!?な日本語でしたので考えてしまいました。

これを走りながら解読するのは厳しいでしょう。
山頂に行く分には問題無いことが読み取れたので、そのまま進みます。



b0168647_15124976.jpg

上って行くとこのように綺麗な紅葉が見られたりします。

b0168647_15125620.jpg


b0168647_1513760.jpg

左側に見える道を上って来ました。 この間にあるヘアピンコーナーは記憶にありました。

b0168647_15131066.jpg

ここを過ぎればもうすぐ山頂。


そして山頂直下の広場に到着しました。


b0168647_15132314.jpg

伊那谷の下流側はまだ雲が残っています。

山頂直下の広場にはキャンプ場があって、夏場はそこそこ混み合うのでしょうが
さすがに11月の土曜日の朝は誰も泊まっていませんでした。

山頂部は結構平らで、もう登山という感じではありません。


b0168647_15133068.jpg

この階段を上ると、本当の山頂です。

b0168647_15133585.jpg


到着っ ・・・とはいっても歩いて上った訳ではないので、感動はそれ(登山)とは違います。


b0168647_15134440.jpg




頂上からは、東に南アルプス、西に中央アルプス、天気がよいと北アルプスまでを眺めることが出来ます。
眼下には南北に流れる天竜川と、伊那谷が広がり、伊那谷随一の景観を楽しめます。
その昔、戦国時代武田軍のノロシ台があったと伝えられています。

標高1445m



・・・ここから見える展望はというと。



非常に素晴らしいものなのです。


b0168647_15135345.jpg

中央アルプスを正面に

b0168647_151421.jpg

さきほどと同じ伊那谷の下流側を

b0168647_15141441.jpg

等高線がわかるような地形・・・

b0168647_15142098.jpg


b0168647_15142776.jpg

今日は月が見えています。

b0168647_15143883.jpg



いゃあ、それにしてもすごいところです。



b0168647_15144681.jpg


b0168647_15145127.jpg

正面に見える千畳敷カール・・・そのうち行ってみたいと思いつつ


b0168647_15145818.jpg

地面がぬかっているところがあると思ったら・・・日影には霜が残っていました。

b0168647_15151157.jpg


b0168647_15151817.jpg



自分が居た2~30分の間、他に誰が来ることもなく
一人の時間を過ごしました。

このような絶景を文字通り独り占めでした。



今日は良い一日になりそうだなぁ・・・
by chage_diary | 2013-03-30 08:07 | お出かけ | Comments(0)
<< 金婚式 木曽・蓼科 2012秋 その2 >>